繊維製品品質表示規程
  法令番号:平成九年通商産業省告示第五百五十八号 改正:平成二十一年経済産業省告示第二百七十四号 辞書バージョン:8.0 翻訳日:平成26年5月22日
Textile Goods Quality Labeling Regulations
  Law number: Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 558 of 1997 Amendment: Public Notice of the Ministry of Economy, Trade and Industry No. 274 of 2009 Dictionary Ver: 8.0 Translation date: May 22, 2014


繊維製品品質表示規程
Textile Goods Quality Labeling Regulations
繊維製品品質表示規程(平成九年十月一日通商産業省告示第五百五十八号)
Textile Goods Quality Labeling Regulations (Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 558 of October 1, 1997)
家庭用品品質表示法(昭和三十七年法律第百四号)第三条の規定に基づき、繊維製品品質表示規程を次のように定める。なお、繊維製品品質表示規程(昭和三十八年通商産業省告示第二十二号)は、平成九年九月三十日限り、廃止する。
Based on Article 3 of the Household Goods Quality Labeling Act (Act No. 104 of 1962), the Textile Goods Quality Labeling Regulations shall be established as follows. The Textile Goods Quality Labeling Regulations (Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 22 of 1963) shall be abolished as of September 30, 1997.
繊維製品品質表示規程
Textile Goods Quality Labeling Regulations
(表示事項)
(Matters to be Indicated)
第一条 繊維製品の品質に関し表示すべき事項は、別表第一の上欄に掲げる繊維製品について、それぞれ同表の下欄に掲げる事項とする。
Article 1 The matters to be indicated with respect to the quality of the textile goods set forth in the left-hand column of Appended Table 1 shall be the matters set forth in the relevant right-hand column of the table.
(定義)
(Definitions)
第二条 この規程において「組成繊維」とは、別表第一の二に掲げるものをいう。
Article 2 (1) The term "Composing Fiber" as used in these Regulations means those set forth in Appended Table 1-2.
2 この規程において「混用率」とは、組成繊維中における繊維の種類が一又は二以上の繊維製品について、その一の種類の組成繊維の質量のすべての組成繊維の質量に対する割合をいう。この場合において、組成繊維の質量は、その水分率を別表第二に掲げるものとした場合における質量によるものとする。
(2) The term "Mixture Ratio" as used in these Regulations means the percentage of the mass of any one type of Composing Fibers in a textile good, which consists of one type or two or more types of fibers, against the mass of the entirety of the Composing Fibers. In this case, the mass of a Composing Fiber is the mass when its moisture percentage is supposed to be as set forth in Appended Table 2.
3 この規程において「取扱い絵表示」とは、日本工業規格L〇二一七(繊維製品の取扱いに関する表示記号及びその表示方法)の2・2に規定する記号をいう。
(3) The term "Care Labeling Symbols" as used in these Regulations means the marks prescribed in 2-2 of Japanese Industrial Standards (JIS) L0217 (Care labeling of textile goods).
4 この規程において「はっ水性」とは、繊維製品の表生地について、次の各号に掲げる試験を行った場合に、日本工業規格L一〇九二(繊維製品の防水性試験方法)の7・2に規定するはっ水度が、すべての試験片について二級以上である性質をいう。
(4) The term "Water Repellency" as used in these Regulations means the property of a textile good as proved through the following testing that all test pieces of the outer cloth of the textile good show Grade 2 or better water repellency as prescribed in 7-2 of JIS L1092 (Testing methods for water resistance of textiles):
一 同規格の6・2・1c)に規定するC法(家庭用電気洗濯機を用いる方法)による処理(以下「水洗い処理」という。)を三回繰り返したのち、同規格の7・2に規定する方法により行う試験
(i) Testing by the method prescribed in 7-2 of JIS L1092 after repeating the treatment by Method C (Method using a domestic washing machine) prescribed in 6-2-1c) of JIS L1092 (hereinafter referred to as "Washing Process") three times;
二 同規格の6・2・2a)に規定するA法(パークロロエチレン法)によるドライクリーニング処理(以下「パークロロエチレン法ドライクリーニング処理」という。)を三回繰り返したのち、同規格の7・2に規定する方法により行う試験
(ii) Testing by the method prescribed in 7-2 of JIS L1092 after repeating the dry cleaning by Method A (Perchloroethylene method) prescribed in 6-2-2a) of JIS L1092 (hereinafter referred to as "Perchloroethylene Dry Cleaning Process") three times;
三 同規格の6・2・2b)に規定するB法(石油系法)によるドライクリーニング処理(以下「石油系法ドライクリーニング処理」という。)を三回繰り返したのち、同規格の7・2に規定する方法により行う試験
(iii) Testing by the method prescribed in 7-2 of JIS L1092 after repeating the dry cleaning by Method B (Method using petroleum solvent) prescribed in 6-2-2b) of JIS L1092 (hereinafter referred to as "Petroleum Solvent Dry Cleaning Process") three times.
(遵守事項)
(Matters to be Observed)
第三条 第一条に規定する表示事項の表示に際して、製造業者、販売業者又は表示業者(以下「表示者」という。)は、その品質を適正に表示するような方法を用いることとし、輸出すべき繊維製品に表示する場合を除き、特に次の事項を遵守するものとする。
Article 3 When indicating the matters to be indicated as prescribed in Article 1, a manufacturer, seller or labeling contractor (hereinafter referred to as a "Labeler ") must use the method that can indicate the product quality appropriately and must observe the following in particular, except when affixing the labeling to textile goods to be exported:
一 繊維の組成の表示については、組成繊維であるすべての繊維の名称を示す用語にそれぞれの繊維の混用率を百分率で示す数値を併記して表示(繊維製品の一部の部位に革又は合成皮革を使用している場合は、その部位を分かりやすく示し、雑貨工業品品質表示規程(平成九年通商産業省告示第六百七十二号)の内容に準じて材料の種類を示す用語を併記して表示)すること。ただし、繊維製品の部位を分離して分かりやすく示し、それぞれの部位について、当該部位の組成繊維であるすべての繊維の名称を示す用語にそれぞれの繊維の当該部位の組成繊維全体に対する混用率を百分率で示す数値を併記して表示することができる。
(i) With regard to the indication of the composition of fibers, a Labeler shall indicate the terms showing the names of all Composing Fibers, together with percentages showing the Mixture Ratios of respective fibers (when leather or synthetic leather is used in some parts of the textile good, show the parts in an easy-to-understand manner and indicate the terms showing the types of their materials in accordance with the details of the Miscellaneous Manufactured Goods Quality Labeling Regulations (Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 672 of 1997)); provided, however, that a Labeler may show each part of the textile good separately in an easy-to-understand manner and indicate the terms showing the names of all Composing Fibers of each part, together with percentages showing the Mixture Ratios of the fibers in respective parts against the entirety of the Composing Fibers;
二 家庭における洗い方、塩素漂白の可否、アイロンの掛け方、ドライクリーニング、絞り方及び干し方に関する取扱い方法(以下「家庭洗濯等取扱い方法」という。)の表示については、取扱い絵表示を用いて、日本工業規格L〇二一七の4・1及び4・3に規定するところにより表示すること。この場合において、同規格の2・2の表1(洗い方(水洗い))の番号一〇一の記号を用いるときには、当該記号中の数字は当該繊維製品が耐えることのできる液温である旨を付記すること。
(ii) With regard to the indication of home washing instructions, suitability of chlorine bleaching, ironing method, dry cleaning, wringing instructions and drying instructions (hereinafter referred to as "Home Washing, etc. Care Labeling"), a Labeler shall use Care Labeling Symbols and indicate such information as prescribed in 4-1 and 4-3 of JIS L0217. In this case, when using Mark No. 101 in Table 1 (How to wash (washing)) of 2-2 of JIS L0217, add an explanation that the figure in the mark represents the solution temperature that the textile good can endure;
三 はっ水性を表示する場合は、「はっ水(水をはじきやすい)」又は「撥水(水をはじきやすい)」の用語を用いて表示すること。
(iii) When indicating Water Repellency, a Labeler shall use the term "はっ水(水をはじきやすい)" or "撥水(水をはじきやすい)";
四 前三号又は第五条若しくは第七条の二の規定による表示と紛らわしい表示をしてはならないこと。
(iv) A Labeler must not affix any labeling confusingly similar to the labeling under the provisions of the preceding three items or under Article 5 or Article 7-2;
五 第一号から第三号まで、第五条(第五号を除く。)、第七条の二の規定による表示は、次条に規定する場合を除き、表示者の氏名又は名称及び住所又は電話番号を付記して、需要者の見やすい箇所に見やすいように表示することとし、これらの規定による表示に際して使用される場合を除き、繊維の名称を示す用語、特定の繊維を示すものとして広く需要者の間に認識されている商標(商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)の規定により登録を受けた商標をいう。以下同じ。)、家庭洗濯等取扱い方法を表わす用語若しくは記号又ははっ水性を表わす用語を使用するときは、第九条の規定によること。
(v) The labeling under the provisions of item (i) to item (iii), Article 5 (excluding item (v)), and Article 7-2 must be affixed at a place accessible to consumers in a clearly visible manner, with the name and address or telephone number of the Labeler, except for the cases prescribed in the following Article, and when using a term showing a fiber name, a Trademark (meaning a Trademark registered under the Trademark Act (Act No. 127 of 1959); the same applies hereinafter) that is widely recognized among consumers as indicating a specific fiber, a term or mark standing for Home Washing, etc. Care Labeling, or a term standing for Water Repellency, the Labeler must follow the provisions of Article 9 except for the case where it uses such term or mark in the labeling under the provisions of item (i) to item (iii), Article 5 (excluding item (v)), and Article 7-2.
第四条 前条第五号の規定による氏名又は名称及び住所又は電話番号を付記することを要しない場合は、次のとおりとする。
Article 4 The cases where a Labeler is not required to indicate its name and address or telephone number as prescribed in item (v) of the preceding Article are as follows:
一 繊維製品及びその包装並びにこれらに容易に離れないように付着している物以外の物に表示をした場合
(i) Where the Labeler affixes the labeling on an article other than a textile good, its wrapping or any article attached to these in a manner not to come off easily;
二 表示業者が表示をした場合であって、その表示に製造業者又は販売業者の氏名又は名称及び住所又は電話番号を付記した場合
(ii) Where the Labeler affixes labeling including the name and address or telephone number of the manufacturer or seller.
(特殊な表示方法)
(Special Labeling Method)
第五条 次の各号の繊維製品については、第三条第一号に規定する表示方法に代えて、それぞれ各号に定める方法で表示することができる。
Article 5 With regard to the textile goods set forth in the following items, a Labeler may affix labeling by the method specified in the relevant following item, in lieu of the method prescribed in Article 3, item (i):
一 組成繊維中、いずれか一種類の繊維の混用率が八十パーセントを超える繊維製品について、その繊維の名称を示す用語にその混用率を示す数値に「以上」と付記し、その他の繊維の名称を示す用語を一括して記載し、これにそれらの繊維の混用率を合計した数値に「未満」と付記して表示する方法
(i) With regard to a textile good in which any one type of the Composing Fibers shows a Mixture Ratio exceeding 80%, a method to indicate the term showing the name of the fiber, together with the figure showing its Mixture Ratio by adding the expression "以上" after it, and to indicate the terms showing the names of other fibers collectively, together with the figure totaling their Mixture Ratios by adding the expression "未満" after it;
二 組成繊維中、混用率が十パーセント未満の繊維が二種類以上含まれている繊維製品について、それらの繊維の名称を示す用語を一括して記載し、これにそれらの繊維の混用率を合計した数値を併記し、その他の繊維の名称を示す用語にその繊維の混用率を示す数値をそれぞれ併記して表示する方法
(ii) With regard to a textile good in which two or more types of Composing Fibers show Mixture Ratios below 10%, a method to indicate the term showing the names of the fibers collectively, together with the figure totaling their Mixture Ratios, and to indicate the terms showing the names of the other fibers, together with the figures showing their Mixture Ratios, respectively;
三 別表第三に掲げる繊維製品(その組成繊維中における繊維の種類が二以上のものに限る。)について、その組成繊維中の混用率の大きいものから順次繊維の名称を示す用語を列記する方法又は組成繊維中の混用率の大きいものから少なくとも二以上の繊維の名称を示す用語を順次列記し、当該用語の次にその他のものを「その他繊維」又は「その他」として一括して記載する方法
(iii) With regard to the textile goods set forth in Appended Table 3 (limited to those consisting of two or more types of Composing Fibers), a method to indicate the terms showing the names of all Composing Fibers in descending order in terms of their Mixture Ratios, or a method to indicate the terms showing the names of at least two Composing Fibers in descending order in terms of their Mixture Ratios and then indicate the other Composing Fibers thereafter collectively as "その他繊維" or "その他";
四 裏生地を使用している繊維製品について、その裏生地を分離し、その繊維の組成を表示する場合においては、その組成繊維中の混用率の大きいものから順次繊維の名称を示す用語を列記する方法又はその組成繊維中における繊維の種類が三以上のものにあっては、混用率の最も大きい繊維の名称を示す用語を記載し、当該用語の次にその他のものを「その他繊維」又は「その他」として一括して記載する方法
(iv) With regard to a textile good with lining, when separately indicating the composition of fibers of the lining, a method to indicate the terms showing the names of all Composing Fibers of the lining in descending order in terms of their Mixture Ratios, or with regard to the lining consisting of three or more types of Composing Fibers, a method to indicate the term showing the name of the Composing Fiber whose Mixture Ratio is the largest and then indicate the other Composing Fibers thereafter collectively as "その他繊維" or "その他";
五 組成繊維中の羊毛の混用率が百パーセントの織物(長さが六メートル以下のものに限る。)について、その織物の耳に「ALL WOOL」の文字並びに表示者の氏名又は名称及び住所又は電話番号を織り込んで表示する方法
(v) With regard to a 100% wool textile (limited to those no longer than six meters), a method to weave the letters "ALL WOOL" and the name and address or telephone number of the Labeler in the selvage of the textile.
(指定用語)
(Designated Terms)
第六条 表示に際し繊維の名称を示す用語には、別表第五の上欄に掲げる繊維に応じそれぞれ下欄に掲げる指定用語を使用しなければならない。ただし、種類が不明である繊維については「その他繊維」又は「その他」の用語を指定用語に代えて使用することとし、組成繊維中における混用率が五パーセント未満の繊維については「その他繊維」又は「その他」の用語を指定用語に代えて使用することができる。
Article 6 (1) As terms showing fiber names for labeling, designated terms set forth in the relevant right-hand columns of Appended Table 5 must be used for fibers set forth in the left-hand columns of the table; provided, however, that for fibers whose types are unknown, a Labeler shall use the term "その他繊維" or "その他" in lieu of the relevant designated terms, and for Composing Fibers whose Mixture Ratios are less than 5%, a Labeler may use the term "その他繊維" or "その他" in lieu of the relevant designated terms.
2 前項の指定用語には、商標以外の用語を付記してはならない。ただし、別表第四第一号及び別表第六に定めるところにより付記する場合は、この限りでない。
(2) A Labeler must not add any terms other than a Trademark to the designated terms set forth in the preceding paragraph; provided, however, that this shall not apply when the Labeler adds such terms under item (i) of Appended Table 4 and Appended Table 6.
3 前項本文の規定に基づき商標を付記する場合は、その商標に括弧を付することとする。
(3) Where a Labeler adds a Trademark under the main clause of the preceding paragraph, it shall put the Trademark in parentheses.
(混用率に関する特例)
(Special Provisions concerning Mixture Ratios)
第七条 繊維製品の組成繊維中に別表第六に掲げる繊維があるときは、これを組成繊維から除いて混用率を算定することができる。
Article 7 (1) When a textile good contains any fibers set forth in Appended Table 6 within its Composing Fibers, such fibers may be excluded in the calculation of Mixture Ratios of the Composing Fibers.
2 生地の装飾又は組織の押えに使用された糸及び家庭用品品質表示法施行令(昭和三十七年政令第三百九十号。以下「令」という。)別表第一号(三)の繊維製品(以下「衣料品等」という。)の装飾、補強又は縁取り等特定の部分の効用を増すために使用された糸又は生地であって、その組成繊維の全体に対する混用率が五パーセント以下のものについては、第九条第二項に規定する場合を除き、これを組成繊維から除いて混用率を算定することができる。
(2) A thread used for ornament of the cloth or for pressing the structure, or a thread or cloth used to increase the effects of a certain part, such as ornament, reinforced part, or hemming, of any of the textile goods set forth in item (i), iii. of Appended Table of the Order for Enforcement of the Household Goods Quality Labeling Act (Cabinet Order No. 390 of 1962; hereinafter referred to as the "Order") (hereinafter, such textile good shall be referred to as "Clothing, etc.") whose Mixture Ratios are 5% or less against the entirety of the Composing Fibers may be excluded in the calculation of Mixture Ratios of the Composing Fibers, except for the cases prescribed in Article 9, paragraph (2).
3 一部の組成繊維について、その混用率の算定が困難な場合には、その組成繊維の混用率については、混用率を示す数値に代えて「混用率不明」又は「不明」と表示する。
(3) When the calculation of Mixture Ratios is difficult for some of the Composing Fibers, the expression "混用率不明" or "不明" may be indicated in lieu of the figures showing Mixture Ratios of the relevant Composing Fibers.
(はっ水性に関する特例)
(Special Provisions concerning Water Repellency)
第七条の二 第二条第四項に規定する試験をする場合において、別表第七の上欄に掲げる取扱い絵表示を表示する繊維製品については、同表の下欄に掲げる処理を省略することができる。
Article 7-2 (1) When conducting testing as prescribed in Article 2, paragraph (4), the process set forth in the relevant right-hand column of Appended Table 7 may be omitted for textile goods with Care Labeling Symbols set forth in the left-hand column of the table.
2 前項に規定する場合を除き、第二条第四項に規定する試験をした場合にはっ水度が二級未満である試験片を含む繊維製品であって、当該試験の水洗い処理又はドライクリーニング処理(パークロロエチレン法ドライクリーニング処理又は石油系法ドライクリーニング処理)を省略した場合にすべての試験片のはっ水度が二級以上であるものについては、それぞれ水洗い又はドライクリーニングをした場合においてはっ水効果が失われる旨を付記する場合に限り、第三条第三号に規定する表示をすることができる。この場合において、需要者が第三条第三号の規定による表示と同時に明確に認識し得る方法により表示しなければならない。
(2) Except for the cases prescribed in the preceding paragraph, with regard to textile goods that contain any test pieces showing a water repellency level below Grade 2 as a result of the testing prescribed in Article 2, paragraph (4), but contain no test pieces showing a water repellency level below Grade 2 when omitting Washing Process or dry cleaning process (Perchloroethylene Dry Cleaning Process or Petroleum Solvent Dry Cleaning Process) in the testing, a Labeler may affix the labeling as prescribed in Article 3, item (iii) only in the case where it adds an explanation that the water repellent effect would be lost through washing or dry cleaning. In this case, such labeling must be affixed in a manner that consumers can clearly recognize it concurrently with the labeling under the provisions of Article 3, item (iii).
(許容範囲)
(Margins of Error)
第八条 混用率を表示する場合の誤差の許容範囲は、別表第四に掲げるとおりとする。
Article 8 The tolerable margins of error in indicating Mixture Ratios shall be as set forth in Appended Table 4.
(用語等の制限)
(Limitation of Terms, etc.)
第九条 第三条第一号又は第五条の規定による表示のほかに繊維の名称を示す表示を行う場合には、次の各号に定めるところによることとする。
Article 9 (1) When a Labeler affixes labeling showing fiber names, in addition to the labeling under the provisions of Article 3, item (i) or Article 5, it shall do so as specified in the following items:
一 その繊維の混用率が百パーセントである場合に限り、その表示に「正」、「純」、「本」等混用率が百パーセントである旨を示す用語を付記することができることとする。ただし、第七条第一項の規定に基づいて算定した場合にあっては繊維の組成の表示に付記した内容を、同条第二項の規定に基づいて算定した場合にあってはその算定に当たり組成繊維から除いた糸又は生地が使用されている旨をその表示にそれぞれ付記しなければならない。
(i) The Labeler may add a term, such as "full," "genuine" or "real," meaning that the Mixture Ratio is 100%, only when the fiber's Mixture Ratio is 100%; provided, however, that when the Mixture Ratio has been calculated under Article 7, paragraph (1), it must also add the details of the indication of the fiber, and when the Mixture Ratio has been calculated under paragraph (2) of that Article, it must also add the fact that the thread or cloth excluded from the Composing Fibers upon such calculation is used;
二 前号に規定する場合以外の場合にあっては、その表示に混紡、交織、交編若しくは混用である旨を示す用語を付記し、又はその用語中においてすべての組成繊維名を示さなければならない。
(ii) In cases other than those prescribed in the preceding item, the Labeler must add, in the labeling, a term meaning that the fibers are blended, intermingled, interknitted or mixed, or indicate all of the Composing Fibers' names in the labeling.
2 第三条第一号又は第五条の規定による表示のほかに、特定の繊維を示すものとして広く需要者の間に認識されている商標を用いて表示を行う場合には、その繊維の混用率が百パーセントである場合以外は、その商標に混紡、交織、交編若しくは混用である旨を示す用語を付記し、又は需要者が第三条第一号若しくは第五条の規定による表示と同時に明確に認識し得る方法によりこれを行わなければならない。
(2) When a Labeler affixes the labeling using a Trademark that is widely recognized among consumers as indicating a specific fiber, in addition to the labeling under the provisions of Article 3, item (i) or Article 5, it must add, in the Trademark, a term meaning that the fibers are blended, intermingled, interknitted or mixed, unless the fiber's Mixture Ratio is 100%, or must affix labeling in a manner that consumers can clearly recognize it concurrently with the labeling under the provisions of Article 3, item (i) or Article 5.
3 ふとんの詰物として、繊維のほか、繊維以外の物を使用している場合は、第三条第一号又は第五条第一号若しくは第二号の規定による表示に際し、その物の名称を見やすいように付記しなければならない。
(3) When the filling of a futon [Japanese-style quilt or mattress] contains anything other than fibers, the Labeler must add the nameof such filler in a clearly visible manner when affixing the labeling under the provisions of Article 3, item (i) or Article 5, item (i) or item (ii).
4 第三条第二号の規定による表示のほかに、家庭洗濯等取扱い方法に関する用語又は記号を付記する場合は、日本工業規格L〇二一七の4・2に規定するところによらなければならない。
(4) When a Labeler adds a term or mark concerning Home Washing, etc. Care Labeling, in addition to the labeling under the provisions of Article 3, item (ii), it shall do so as prescribed in 4-2 of JIS L0217.
5 第三条第三号又は第七条の二の規定による表示がなされていない場合は、はっ水性を表わす用語及びレインコート等はっ水性を必要とする繊維製品である旨の用語を用いてはならない。
(5) When there is no labeling under the provisions of Article 3, item (iii) or Article 7-2, the term standing for Water Repellency and the term meaning that the good is a textile good requiring Water Repellency, such as a raincoat, must not be used.
附則
Supplementary Provisions
(施行期日)
(Effective Date)
第一条 この規程は、平成九年十月一日から施行する。
Article 1 These Regulations shall come into effect as of October 1, 1997.
(経過措置)
(Transitional Measures)
第二条 平成十年九月三十日までの間に繊維製品の品質に関する表示が行われるものについては、なお従前の例によることができる。
Article 2 With regard to labeling concerning the quality of textile goods to be affixed up until September 30, 1998, the provisions then in force shall remain applicable.
第三条 第三条第一号の規定は、繊維製品の一部の部位に合成皮革を使用している場合については、この規程の施行の日から二年間は適用しない。
Article 3 The provisions of Article 3, item (i) shall not apply to the cases where synthetic leather is used in some parts of a textile good, during a period of two years from the effective date of these Regulations.
第四条 附則第二条の規定に基づき繊維製品の品質に関する表示が行われたものについては、平成十二年九月三十日までこの規程は適用しない。
Article 4 These Regulations shall not apply to labeling concerning the quality of textile goods affixed under Article 2 of the Supplementary Provisions up until September 30, 2000.
附則〔平成九年十二月一日通商産業省告示第六百七十五号〕
Supplementary Provisions [Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 675 of December 1, 1997]
この規程は平成九年十二月一日から施行する。
These Regulations shall come into effect as of December 1, 1997.
附則〔平成十二年二月一日通商産業省告示第四十八号〕
Supplementary Provisions [Public Notice of the Ministry of International Trade and Industry No. 48 of February 1, 2000]
(施行期日)
(Effective Date)
1 この規程は、平成十二年二月一日から施行する。
1. These Regulations shall come into effect as of February 1, 2000.
(経過措置)
(Transitional Measures)
2 平成十三年一月三十一日までの間に繊維製品の品質に関する表示が行われるものについては、なお従前の例によることができる。
2. With regard to labeling concerning the quality of textile goods to be affixed up until January 31, 2001, the provisions then in force shall remain applicable.
3 前項の規定に基づき繊維製品の品質に関する表示が行われたものについては、平成十五年一月三十一日までこの規程は適用しない。
3. These Regulations shall not apply to labeling concerning the quality of textile goods affixed under the preceding paragraph up until January 31, 2003.
附則〔平成十八年八月一日経済産業省告示第二百三十九号〕
Supplementary Provisions [Public Notice of the Ministry of Economy, Trade and Industry No. 239 of August 1, 2006]
1 この告示は、平成十九年八月一日から施行する。
1. This Public Notice shall come into effect as of August 1, 2007.
2 この告示の施行前に、この告示による改正前の繊維製品品質表示規程の規定に基づく表示をした繊維製品については、その表示をこの告示による改正後の繊維製品品質表示規程の規定に基づくものとみなす。
2. With regard to textile goods to which labeling has been affixed under the provisions of the Textile Goods Quality Labeling Regulations before the revision by this Public Notice prior to the enforcement of this Public Notice, the labeling shall be deemed to have been affixed based on the provisions of the Textile Goods Quality Labeling Regulations after the revision by this Public Notice.
附則〔平成二十一年八月二十八日経済産業省告示第二百七十四号〕
Supplementary Provisions [Public Notice of the Ministry of Economy, Trade and Industry No. 274 of August 28, 2009]
1 この告示は、平成二十二年九月一日から施行する。
1. This Public Notice shall come into effect as of September 1, 2010.
2 この告示の施行前に、この告示による改正前の繊維製品品質表示規程の規定に基づく表示をした繊維製品については、その表示をこの告示による改正後の繊維製品品質表示規程の規定に基づくものとみなす。
2. With regard to textile goods to which labeling has been affixed under the provisions of the Textile Goods Quality Labeling Regulations before the revision by this Public Notice prior to the enforcement of this Public Notice, the labeling shall be deemed to have been affixed based on the provisions of the Textile Goods Quality Labeling Regulations after the revision by this Public Notice.
別表第一(第一条関係)
Appended Table 1 (Related to Article 1)
繊 維 製 品
Textile goods
品質に関し表示すべき事項
Matters to be indicated with respect to quality
i.
令別表第一号(一)の糸、同号(二)の織物、ニット生地及びレース生地、下着(組成繊維中における繊維の種類が一のもの(なせん加工を施したものを除く。)及び組成繊維中における絹の混用率が五〇パーセント以上の織物又はたて糸若しくはよこ糸の組成繊維が絹のみの織物(以下この表において「特定織物」という。)のみを表生地に使用して製造し又は加工した和服用のものに限る。)、靴下、足袋、手袋、ハンカチ、タオル及び手ぬぐい、羽織及び着物(特定織物のみを表生地に使用して製造し又は加工したものに限る。)、マフラー、スカーフ及びショール、床敷物(パイルのあるものに限る。)、ふとん、テーブル掛け、ネクタイ、水着、ふろしき、帯並びに帯締め及び羽織ひも
Yarn set forth in item (i), i. of Appended Table of the Order; textile set forth in ii. of the item; knit fabric and lace fabric; underwear (limited to underwear containing only one type of Composing Fiber (excluding a printed one), and underwear for wearing a kimono that is manufactured or processed by using, for its outer cloth, only textile in which the Mixture Ratio of silk exceeds 50% of the Composing Fibers or textile whose warp yarn or fill yarn is a 100% silk yarn (hereinafter referred to as the "Specified Textile" in this table)); socks; tabi socks; gloves; handkerchief; towel and tenugui; haori coat and kimono (limited to those manufactured or processed by using only the Specified Textile for their outer cloth); muffler, scarf and shawl; floor covering (limited to those with piles); futon; table cloth; necktie; bathing suit; furoshiki; obi; obi band and haori coat straps
繊維の組成
Composition of fibers
ii.
上衣、ズボン、スカート、ドレス及びホームドレス、プルオーバー、カーディガンその他のセーター、ワイシャツ、開襟シャツ、ポロシャツその他のシャツ、ブラウス、エプロン、かっぽう着、事務服及び作業服、子供用オーバーオール及びロンパース、下着(組成繊維中における繊維の種類が一のもの(なせん加工を施したものを除く。)及び特定織物のみを表生地に使用して製造し又は加工した和服用のものを除く。)寝衣、毛布、敷布、羽織及び着物(特定織物のみを表生地に使用して製造し又は加工したものを除く。)、ひざ掛け、カーテン、上掛け(タオル製のものに限る。)並びに毛布カバー、ふとんカバー、まくらカバー及びベッドスプレッド
A jacket; trousers or pants; skirt; dresses; pullover, cardigan and other sweater; business shirt, open-necked shirt, polo shirt and other shirt; blouse; apron, cooking apron, buisiness and work wear; children's overalls and romper-suit; underwear (excluding underwear containing only one type of Composing Fiber (excluding a printed one), and underwear for wearing a kimono that is manufactured or processed by using only the Specified Textile for its outer cloth); nightwear; blanket; sheet; haori coat and kimono (excluding those manufactured or processed by using only the Specified Textile for their outer cloth); throw blanket; curtain; quilt (limited to those made of toweling); and blanket cover, futon cover, pillow cover and bedspread
繊維の組成
Composition of fibers
家庭洗濯等取扱い方法
Home Washing, etc. Care Labeling
iii.
オーバーコート、トップコート、スプリングコート、レインコートその他のコート(特定織物のみを表生地に使用して製造し又は加工した和服用のものに限る。)
An overcoat, topcoat, spring coat, raincoat and other coat (limited to those for a kimono that are manufactured or processed by using only the Specified Textile for their outer cloth)
繊維の組成
Composition of fibers
はっ水性
Water Repellency
iv.
オーバーコート、トップコート、スプリングコート、レインコートその他のコート(特定織物のみを表生地に使用して製造し又は加工した和服用のものを除く。)
An overcoat, topcoat, spring coat, raincoat and other coat (excluding those for a kimono that are manufactured or processed by using only the Specified Textile for their outer cloth)
繊維の組成
Composition of fibers
家庭洗濯等取扱い方法
Home Washing, etc. Care Labeling
はっ水性
Water Repellency
備考
Remarks
はっ水性については、はっ水に類する用語又ははっ水性を必要とする繊維製品である旨の用語を用いている場合を除き必ずしも表示することを要しない。
A Labeler is not necessarily required to indicate information on Water Repellency except for the cases where it uses the term relating to repellency or the term meaning that the good is a textile good requiring Water Repellency.
別表第一の二(第二条関係)
Appended Table 1-2 (Related to Article 2)
「組成繊維」とは、次の各号の繊維製品についてそれぞれ各号に定める繊維をいう。
With regard to textile goods set forth in the following items, "Composing Fibers" mean the fibers specified in the relevant following items:
一 糸については、それを組成する繊維
(i) With regard to yarn, fibers composing the yarn;
二 織物については、それを組織している糸(耳糸を除く。)を組成する繊維。ただし、床敷物用織物については、パイルを組成する繊維
(ii) With regard to a textile, fibers composing the yarn (excluding selvage yarn) that form the textile; provided, however, that with regard to a woven floor covering, fibers composing piles;
三 ニット生地については、それを編成している糸を組成する繊維
(iii) With regard to a knit fabric, fibers composing the yarn that comprise the knit fabric;
四 レース生地については、それを構成している糸を組成する繊維
(iv) With regard to a lace fabric, fibers composing the yarn that constitute the lace fabric;
五 衣料品等のうち上衣、スカート、ドレス及びホームドレス、オーバーコート、トップコート、スプリングコート、レインコートその他のコート、羽織及び着物、ふとん並びに帯締め及び羽織ひも以外のものについては、その生地(表生地以外に生地を使用しているものについては表生地、足袋については表地、表底地及び甲裏地)を組織し、編成し又は構成している糸(床敷物については、パイル)を組成する繊維
(v) With regard to Clothing, etc. other than a jacket, skirt, dresses, overcoat, topcoat, spring coat, raincoat and other coat, haori coat and Japanese kimono, futon, obi band and haori coat straps, fibers composing the yarn (or piles in the case of a floor covering) that form, organize or constitute the cloth thereof (or an outer cloth for such Clothing, etc. using a cloth other than an outer cloth, and an outer cloth, outer bottom cloth and instep lining for tabi socks);
六 上衣、スカート、ドレス及びホームドレス、オーバーコート、トップコート、スプリングコート、レインコートその他のコート並びに羽織及び着物については、その表生地及び裏生地(スカート以外のものについては、胴、背及びそでの裏生地の面積の表生地の面積に対する割合が五パーセントを超えるものに限る。)を組織し、編成し、又は構成している糸を組成する繊維
(vi) With regard to a jacket, skirt, dresses, overcoat, topcoat, spring coat, raincoat and other coat, haori coat and Japanese kimono, fibers composing the yarn that form, organize or constitute the outer cloth and lining thereof (with regard to such Clothing, etc. other than a skirt, limited to those in which the percentage of the total area of the lining for the trunk and back parts and sleeves against the total area of the outer cloth exceeds 5%);
七 上衣又はコートのうち詰物を使用しているものについては、表生地、裏生地及び詰物(ポケット口、ひじ、衿等の一部に衣服の形状を整えるための副資材として使用されているものを除く。)を組成する繊維
(vii) With regard to a jacket or coat with filling, fibers composing the outer cloth, lining, and filling thereof (excluding filling used partly at a pocket opening, elbow parts, neck collar, etc. as a subsidiary material for adjusting the form of the jacket or coat);
八 ふとんについては、詰物を組成する繊維及びふとんがわの生地を組織し、編成し又は構成している糸を組成する繊維
(viii) With regard to a futon, fibers composing filling and fibers composing the yarn that form, organize or constitute the cloth covering the futon;
九 帯締め及び羽織ひもについては、それを組成する繊維
(ix) With regard to an obi band and haori coat straps, fibers composing them.
別表第二(第二条関係)
Appended Table 2 (Related to Article 2)
繊    維
Fiber
水  分  率
Moisture percentage
綿
Cotton
八・五パーセント
8.5%
Wool
一五・〇パーセント
15.0%
絹及び麻
Silk and hemp
一二・〇パーセント
12.0%
ビスコース繊維及び銅アンモニア繊維
Viscose fiber and cuprammonium fiber
一一・〇パーセント
11.0%
アセテート繊維
Acetate fiber
水酸基の九二パーセント以上が酢酸化されているもの
In which at least 92% of the hydroxyl groups are acetylated
三・五パーセント
3.5%
その他のもの
Others
溶解法により製造したもの
Manufactured through a solution process
六・五パーセント
6.5%
その他のもの
Others
五・〇パーセント
5.0%
プロミックス繊維
Promix fiber
五・〇パーセント
5.0%
ナイロン繊維
Nylon fiber
四・五パーセント
4.5%
アラミド繊維
Aramid fiber
七・〇パーセント
7.0%
ビニロン繊維
Vinylon fiber
五・〇パーセント
5.0%
ポリ塩化ビニリデン系合成繊維及びポリ塩化ビニル系合成繊維
Polyvinylidene chloride synthetic fiber and polyvinyl chloride synthetic fiber
〇・〇パーセント
0.0%
ポリエステル系合成繊維
Polyester synthetic fiber
〇・四パーセント
0.4%
ポリアクリルニトリル系合成繊維
Polyacrylonitrile synthetic fiber
二・〇パーセント
2.0%
ポリエチレン系合成繊維及びポリプロピレン系合成繊維
Polyethylene synthetic fiber and polypropylene synthetic fiber
〇・〇パーセント
0.0%
ポリウレタン系合成繊維
Polyurethane synthetic fiber
一・〇パーセント
1.0%
ポリクラール繊維
Polychlarl Polychlal fiber
三・〇パーセント
3.0%
ポリ乳酸繊維
Polylactide fiber
〇・五パーセント
0.5%
ガラス繊維
Glass fiber
〇・〇パーセント
0.0%
炭素繊維
Carbon fiber
〇・〇パーセント
0.0%
金属繊維
Metallic fiber
〇・〇パーセント
0.0%
羽毛
Feather
一三・〇パーセント
13.0%
その他の繊維
Other fibers
天然繊維
Natural fiber
一二・〇パーセント
12.0%
人造繊維
Man-made fiber
セルロース系繊維
Cellulosic fiber
一一・〇パーセント
11.0%
その他のもの
Others
〇・〇パーセント
0.0%
別表第三(第五条関係)
Appended Table 3 (Related to Article 5)
一 靴下
(i) Socks;
二 ブラジャー、コルセットその他のファンデーションガーメント及びショーツ、キャミソールその他の装飾下着
(ii) A brassiere, corset and other foundation garment and shorts, camisole and other lingerie;
三 手袋
(iii) Gloves;
四 レース生地及びレース生地を使用して製造し又は加工した衣料品等(手工レース製品を含む。)のレース生地を使用した部分
(iv) A lace fabric and a part using a lace fabric of Clothing, etc. manufactured or processed by using a lace fabric (including hand-made lace goods);
五 ふとんがわの表地と裏地の組成繊維が異なるときのふとんがわ表地
(v) An outer cloth of a cloth covering a futon whose Composing Fibers differ between the outer cloth and lining;
六 水着
(vi) A bathing suit;
七 帯締め及び羽織ひも
(vii) An obi band and haori coat straps;
八 和紡式の糸又は屑糸、ノイル若しくは反毛を使用する紡毛式又は空紡式の糸及びこれを使用して製造した生地(以下この号及び第十六号において「和紡糸等生地」という。)並びに表生地に和紡糸等生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(viii) Throstle spinning yarn or waste yarn, woolen spinning yarn or air spinning yarn made of noil or reclaimed wool and cloth manufactured by using such yarn (hereinafter referred to as "Cloth Made of Throstle Spinning Yarn, etc." in this item and item (xvi)), and Clothing, etc. manufactured or processed by using only Cloth Made of Throstle Spinning Yarn, etc. for its outer cloth;
八の二 屑糸、ノイル又は反毛を原料として製造した詰物
(viii)-2 Filling manufactured by using waste yarn, noil or reclaimed wool as raw materials;
九 ネップヤーン、スラブヤーン等の変り糸及びこれを使用して製造した生地(以下この号及び第十六号において「変り糸生地」という。)並びに表生地に変り糸生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(ix) Unique yarn such as nep yarn and slub yarn, and cloth manufactured by using such yarn (hereinafter referred to as "Cloth Made of Unique Yarn" in this item and item (xvi)), as well as Clothing, etc. manufactured or processed by using only Cloth Made of Unique Yarn for its outer cloth;
十 起毛された織物及びニット生地(以下この号及び第十六号において「起毛生地等」という。)並びに表生地に起毛生地等のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(x) A raised fabric and knit fabric (hereinafter referred to as "Raised Fabric, etc." in this item and item (xvi)), and Clothing, etc. manufactured or processed by using only Raised Fabric, etc. for its outer cloth;
十一 植毛された織物及びニット生地(以下この号及び第十六号において「植毛加工生地等」という。)並びに表生地に植毛加工生地等のみを使用し製造又は加工した衣料品等
(xi) A flocked fabric and knit fabric (hereinafter referred to as "Flocked Fabric, etc." in this item and item (xvi)), and Clothing, etc. manufactured or processed by using only Flocked Fabric, etc. for its outer cloth;
十二 組成繊維の一部が麻である糸(麻以外の組成繊維の全部又は一部が綿又はビスコース繊維のものに限る。)及びこれを使用して製造した生地(以下この号及び第十六号において「麻混用生地」という。)並びに表生地に麻混用生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(xii) Yarn containing hemp in its Composing Fibers (limited to yarn in which the whole or a part of the rest of its Composing Fibers except hemp is cotton or a viscose fiber), and cloth manufactured by using such yarn (hereinafter referred to as "Cloth Containing Hemp" in this item and item (xvi)), as well as Clothing, etc. manufactured or processed by using only Cloth Containing Hemp for its outer cloth;
十三 オパール加工を施した生地(以下この号及び第十六号において「オパール加工生地」という。)及び表生地にオパール加工生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(xiii) Opal finished cloth (hereinafter referred to as "Opal Finished Cloth" in this item and item (xvi)), and Clothing, etc. manufactured or processed by using only Opal Finished Cloth for its outer cloth;
十四 コーティング加工を施した生地、樹脂含浸加工を施した生地(合成皮革を除く。)、ボンディング加工を施した生地又はラミネート加工を施した生地(以下この号及び第十六号において「コーティング等樹脂加工生地」という。)及び表生地にコーティング等樹脂加工生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等
(xiv) Coated cloth, resin-impregnated cloth (excluding synthetic leather), bonded cloth, or laminated cloth (hereinafter referred to as "Coated or Otherwise Resin Processed Cloth" in this item and item (xvi)), and Clothing, etc. manufactured or processed by using only Coated or Otherwise Resin Processed Cloth for its outer cloth;
十五 組織により紋様を表わした織物又はニット生地(地組織を有するものに限り、以下この号及び次号において「紋様生地」という。)及び表生地に紋様生地のみを使用して製造し又は加工した衣料品等の地組織以外の部分
(xv) A textile or knit fabric with texture patterns (limited to a textile or knit fabric with a base texture; hereinafter referred to as "Patterned Cloth" in this item and item (xvi)), and parts other than the base texture of Clothing, etc. manufactured or processed by using only Patterned Cloth for its outer cloth;
十六 和紡糸等生地、変り糸生地、起毛生地等、植毛加工生地等、麻混用生地、オパール加工生地、コーティング等樹脂加工生地又は紋様生地を表生地の一部に使用して製造し又は加工した衣料品等のこれらの生地を使用した部分
(xvi) With regard to Clothing, etc. manufactured or processed by using, in some parts of its outer cloth, any of the Cloth Made of Throstle Spinning Yarn, etc., Cloth Made of Unique Yarn, Raised Fabric, etc., Flocked Fabric, etc., Cloth Containing Hemp, Opal Finished Cloth, Coated or Otherwise Resin Processed Cloth, or Patterned Cloth, the parts where any of such cloth is used;
十七 帯の刺しゅうの部分
(xvii) Embroidered part of an obi;
十八 前各号に掲げるもののほか、組成繊維中における繊維の種類が四以上であり、かつ、それぞれの繊維の混用率が五パーセント以上である繊維製品
(xviii) In addition to what are set forth in the preceding items, a textile good that contains four or more types of Composing Fibers with their Mixture Ratios all exceeding 5%, respectively.
別表第四(第六条、第八条関係)
Appended Table 4 (Related to Article 6 and Article 8)
混用率の許容範囲は、次の各号に掲げる場合においてそれぞれ各号に定めるとおりとする。
Tolerable margins of error in indicating Mixture Ratios shall be as specified in the relevant following items in the cases set forth in the following items:
一 混用率が百パーセントである旨を表示する場合は、毛にあってはマイナス三パーセント、毛以外の繊維にあってはマイナス一パーセント。ただし、屑糸、ノイル又は反毛を使用する紡毛式又は空紡式の糸及びこれを使用して製造し又は加工した繊維製品に、その組成繊維の混用率が百パーセントである旨を表示する場合であって、屑糸、ノイル又は反毛を使用した紡毛式又は空紡式の糸である旨又はその糸を使用した旨を付記する場合は、マイナス五パーセント
(i) When indicating that the Mixture Ratio is 100%, the tolerable margins of error shall be minus 3% for wool and minus 1% for other fibers; provided, however, that in the case of affixing the labeling to woolen spinning yarn or air spinning yarn made of waste yarn, noil or reclaimed wool, and textile goods manufactured or processed by using such yarn to indicate that the Composing Fabrics' Mixture Ratio is 100% and also indicating that the yarn is woolen spinning yarn or air spinning yarn made of waste yarn, noil or reclaimed wool or that such yarn is used, the tolerable margin of error shall be minus 5%;
二 混用率を示す数値に「以上」を付記して表示する場合は、マイナス〇パーセント、「未満」と付記する場合は、プラス〇パーセント
(ii) When adding the expression "以上" after the figure showing the Mixture Ratio, the tolerable margin of error shall be minus 0%, and when adding the expression "未満" after such figure, the tolerable margin of error shall be plus 0%;
三 混用率を示す数値が五の整数倍(百を除く。)である場合は、プラス・マイナス五パーセント(前号に掲げる場合を除く。)
(iii) When the figure showing the Mixture Ratio is a whole-number multiple of 5 (excluding 100), plus/minus 5% (excluding the cases set forth in the preceding item);
四 前各号に掲げる場合以外の場合は、毛又は羽毛の間にあってはプラス・マイナス五パーセント、それ以外にあってはプラス・マイナス四パーセント
(iv) In cases other than those set forth in the preceding items, the tolerable margins of error shall be plus/minus 5% for wool or feather and plus/minus 4% for others.
別表第五(第六条関係)
Appended Table 5 (Related to Article 6)
繊 維
Fiber
指 定 用 語
Designated term
綿
Cotton
綿
綿
コットン
コットン
COTTON
COTTON
Wool
羊毛
Sheep wool
羊毛
羊毛
ウール
ウール
WOOL
WOOL
アンゴラ
Angora
アンゴラ
アンゴラ
カシミヤ
Cashmere
カシミヤ
カシミヤ
モヘヤ
Mohair
モヘヤ
モヘヤ
らくだ
Camel
らくだ
らくだ
キャメル
キャメル
アルパカ
Alpaca
アルパカ
アルパカ
その他のもの
Others
Silk
シルク
シルク
SILK
SILK
麻(亜麻及び苧麻に限る。)
Hemp (limited to flax and ramie)
ビスコース繊維
Viscose fiber
平均重合度が四五〇以上のもの
In which the average degree of polymerization exceeds 450
レーヨン
レーヨン
RAYON
RAYON
ポリノジック
ポリノジック
その他のもの
Others
レーヨン
レーヨン
RAYON
RAYON
銅アンモニア繊維
Cuprammonium fiber
キュプラ
キュプラ
アセテート繊維
Acetate fiber
水酸基の九二パーセント以上が酢酸化されているもの
In which at least 92% of the hydroxyl groups are acetylated
アセテート
アセテート
ACETATE
ACETATE
トリアセテート
トリアセテート
その他のもの
Others
アセテート
アセテート
ACETATE
ACETATE
プロミックス繊維
Promix fiber
プロミックス
プロミックス
ナイロン繊維
Nylon fiber
ナイロン
ナイロン
NYLON
NYLON
アラミド繊維
Aramid fiber
アラミド
アラミド
ビニロン繊維
Vinylon fiber
ビニロン
ビニロン
ポリ塩化ビニリデン系合成繊維
Polyvinylidene chloride synthetic fiber
ビニリデン
ビニリデン
ポリ塩化ビニル系合成繊維
Polyvinyl chloride synthetic fiber
ポリ塩化ビニル
ポリ塩化ビニル
ポリエステル系合成繊維
Polyester synthetic fiber
ポリエステル
ポリエステル
POLYESTER
POLYESTER
ポリアクリルニトリル系合成繊維
Polyacrylonitrile synthetic fiber
アクリルニトリルの質量割合が八五パーセント以上のもの
In which the mass of acrylonitrile accounts for 85% or more
アクリル
アクリル
その他のもの
Others
アクリル系
アクリル系
ポリエチレン系合成繊維
Polyethylene synthetic fiber
ポリエチレン
ポリエチレン
ポリプロピレン系合成繊維
Polypropylene synthetic fiber
ポリプロピレン
ポリプロピレン
ポリウレタン系合成繊維
Polyurethane synthetic fiber
ポリウレタン
ポリウレタン
ポリクラール繊維
Polychlarl Polychlal fiber
ポリクラール
ポリクラール
ポリ乳酸繊維
Polylactide fiber
ポリ乳酸
ポリ乳酸
ガラス繊維
Glass fiber
ガラス
ガラス
炭素繊維
Carbon fiber
炭素繊維
炭素繊維
金属繊維
Metallic fiber
金属繊維
金属繊維
羽毛
Feather
ダウン
Down
ダウン
ダウン
その他の羽毛
Other feather
フェザー
フェザー
その他の羽毛
その他の羽毛
前各項上欄に掲げる繊維以外の繊維
Fibers other than those set forth above
「指定外繊維」の用語にその繊維の名称を示す用語又は商標を括弧を付して付記したもの(ただし、括弧内に用いることのできる繊維の名称を示す用語又は商標は一種類に限る。)
The term of the "fibers other than those stipulated""指定外繊維", together with the term showing the name of the fiber or the Trademark in parentheses (provided, however, that only one type of the term showing the fiber name or the Trademark may be indicated in the parentheses.)
別表第六(第六条、第七条関係)
Appended Table 6 (Related to Article 6 and Article 7)
一 毛布の毛羽を構成している繊維以外の組成繊維(毛羽の部分の表示である旨を示す用語を付記する場合に限る。)
(i) Composing Fibers other than fibers composing fluff of a blanket (limited to the case when adding a term meaning that the labeling is for the fluff);
二 金属糸、うるし糸、その他の繊維以外のもので加工された糸並びにスリット糸、抄繊糸及びセロファン糸の組成繊維(金属糸、うるし糸、その他の繊維以外のもので加工された糸並びにスリット糸、抄繊糸及びセロファン糸を使用してある旨を付記する場合に限り、これらの糸を二重類以上使用しているときは、一種類の糸の名称を表わす用語に「等」の用語を併記することをもってすべての糸の名称を付記することに代えることができるものとする。)
(ii) Composing Fibers of metallic yarn, lacquer yarn and other yarn made of non-fibrous materials, slitted yarn, paper yarn and cellophane yarn (limited to the case when indicating the fact that metallic yarn, lacquer yarn and other yarn made of non-fibrous materials, slitted yarn, paper yarn or cellophane yarn is used, and when two or more types of such yarn are used, the indication of all the yarn names may be substituted by adding the expression "等" after the term showing the name of any one type of the yarn);
三 ネップ若しくはスラブの部分とネップ若しくはスラブ以外の部分の組成が異なるネップヤーン及びスラブヤーン並びにこれを使用して製造し又は加工した繊維製品のネップ又はスラブの組成繊維(ネップ又はスラブの組成繊維の種類及びネップヤーン若しくはスラブヤーンを使用してある旨を付記する場合に限る。)
(iii) With regard to nep yarn or slub yarn in which the compositions differ between the nep part or slub part and the other parts, and textile goods manufactured or processed by using such yarn, Composing Fibers of the nep or slub (limited to the case when indicating the types of the Composing Fibers of the nep or slub and the fact that nep yarn or slub yarn is used);
四 しんを使用している帯締め及び羽織ひもについては、しんの組成繊維(しんを使用している旨を付記する場合に限る。)
(iv) With regard to an obi band and haori coat straps with interlining, Composing Fibers of the interlining (limited to the case when additionally indicating that interlining is used).
別表第七(第七条の二関係)
Appended Table 7 (Related to Article 7-2)
一 日本工業規格L〇二一七の2・2の表1(洗い方(水洗い))の番号一〇七の取扱い絵表示
i. Care Labeling Symbols No. 107 in Table 1 (How to wash (washing)) of 2-2 of JIS L0217
水洗い処理
Washing Process
二 日本工業規格L〇二一七の2・2の表4(ドライクリーニング)の番号四〇一の取扱い絵表示
ii. Care Labeling Symbols No. 401 in Table 4 (Dry cleaning) of 2-2 of JIS L0217
石油系法ドライクリーニング処理
Petroleum Solvent Dry Cleaning Process
三 日本工業規格L〇二一七の2・2の表4(ドライクリーニング)の番号四〇二の取扱い絵表示
iii. Care Labeling Symbols No. 402 in Table 4 (Dry cleaning) of 2-2 of JIS L0217
パークロロエチレン法ドライクリーニング処理
Perchloroethylene Dry Cleaning Process
四 日本工業規格L〇二一七の2・2の表4(ドライクリーニング)の番号四〇三の取扱い絵表示
iv. Care Labeling Symbols No. 403 in Table 4 (Dry cleaning) of 2-2 of JIS L0217
パークロロエチレン法ドライクリーニング処理及び石油系法ドライクリーニング処理
Perchloroethylene Dry Cleaning Process and Petroleum Solvent Dry Cleaning Process