辞書検索の利用について

    ご利用上の注意
  • 翻訳について
    この「日本法令外国語訳データベースシステム」に掲載している全ての翻訳は、公定訳ではありません。
    法的効力を有するのは日本語の法令自体であり、翻訳はあくまでその理解を助けるための参考資料です。このページの利用に伴って発生した問題について、一切の責任を負いかねますので、法律上の問題に関しては、官報に掲載された日本語の法令を参照してください。
  • 「暫定版」について
    法令名に「(暫定版)」と表示されている翻訳は、ネイティブや法令翻訳専門家によるチェック及び修正前の翻訳であり、今後、修正される場合があります。
  • 引用、複製、転載について
    この「日本法令外国語訳データベースシステム」に掲載しているデータは、利用規約に従い、引用し、複製し又は転載して差し支えありません。
辞書検索について
- 辞書検索では、次の方法で標準対訳辞書を検索できます。また、検索した結果をさらに絞り込むこともできます。
 ・見出し語や訳語に含まれるキーワードで検索
 ・見出し語の五十音や訳語のABCで検索

辞書データに関して
- 辞書データには、用語(見出し語)や訳語の他に、用語の読み、訳語の使い分け基準、注釈(派生語など)が含まれています。
- 検索結果一覧において用語(見出し語)をクリックすると、それを用いている法令本文を表示します。
- 標準対訳辞書(「法令用語日英標準対訳辞書」)は、内閣に設置された「法令外国語訳推進のための基盤整備に関する関係省庁連絡会議」の下に置かれた「実施推進検討会議」において検討が行われ、その下に設けられた学者及び弁護士からなる「作業部会」によってVer.1.0が作成されました。
- その後の改訂作業は、実施推進検討会議を引き継いだ「法令外国語訳専門家会議」(Ver.2.0~4.1)、「日本法令外国語訳推進会議」(Ver.5.0~)が担当しています。
- 関係府省が法令を英訳する場合には、この辞書に準拠しています。

ダウンロードについて
- ダウンロードメニューから各種ファイル形式で標準対訳辞書のデータがダウンロードできます。

動作環境について
- 対応しているブラウザは次の通りです。
 ・InternetExplorer 5.5 SP2 以降
 ・Netscape 7.0 以降
 ・Safari 2.0 以降