文脈検索の利用について

    ご利用上の注意
  • 翻訳について
    この「日本法令外国語訳データベースシステム」に掲載している全ての翻訳は、公定訳ではありません。
    法的効力を有するのは日本語の法令自体であり、翻訳はあくまでその理解を助けるための参考資料です。このページの利用に伴って発生した問題について、一切の責任を負いかねますので、法律上の問題に関しては、官報に掲載された日本語の法令を参照してください。
  • 「暫定版」について
    法令名に「(暫定版)」と表示されている翻訳は、ネイティブや法令翻訳専門家によるチェック及び修正前の翻訳であり、今後、修正される場合があります。
  • 引用、複製、転載について
    この「日本法令外国語訳データベースシステム」に掲載しているデータは、利用規約に従い、引用し、複製し又は転載して差し支えありません。
文脈検索とは
- 文脈検索では、法令文中で用語(キーワード)やその訳語が用いられている文脈を検索できます。
- キーワードを入力すると、それを用いている法令文を検索し、左ボックスに表示しますが、そのときに、そのキーワードを左ボックスの中心に置いて表示します。同時に、それらの訳文を右ボックスに表示しますが、そのときに、キーワードの訳語を自動的に推定し、その訳語を右ボックスの中心に置いて表示します。
- 入力したキーワードは青色で表示されます。また、訳語の表示色には、次の3種類があります。
  ・緑色…標準対訳辞書に含まれている訳語を表します。
  ・青色…自動的に推定した訳語を表します。
  ・赤色…訳語再検索のために、[訳語]ボックスにおいて指定した訳語を表します。
- 表示された文をクリックすると、その全文が下のボックスに表示されます。
- 青色で表示される訳語は、自動的に推定しているため、訳語として正しくない場合があります。また、入力されたキーワードによっては、訳語が推定できない場合があります。

動作環境について
- 対応しているブラウザは以下の通りです。
  ・InternetExplorer 6.0 以降 [1]
  ・Firefox 1.5 以降
- 文脈検索の画面では、JavaScriptおよびCSSを使用しています。ページを正しく表示するためには、JavaScriptおよびCSSを有効にしてください。

[1] Internet Explorer 10以降をご使用の場合は、「互換表示」を有効にする必要があります。 詳しくはマイクロソフトのサポートページ(http://support.microsoft.com/kb/2618122/ja)をご覧ください。