少年法
昭和二十三年七月十五日法律第百六十八号
第一章 総則 (第一条・第二条)
第二章 少年の保護事件
第一節 通則 (第三条―第五条の三)
第二節 通告、警察官の調査等 (第六条―第七条)
第三節 調査及び審判 (第八条―第三十一条の二)
第四節 抗告 (第三十二条―第三十九条)
第三章 少年の刑事事件
第一節 通則 (第四十条)
第二節 手続 (第四十一条―第五十条)
第三節 処分 (第五十一条―第六十条)
第四章 雑則 (第六十一条)
附則
第一章 総則
(この法律の目的)
第一条 この法律は、…を目的とする(このほうりつは、…をもくてきとする) : the purpose of this Act is …この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする
(少年、成人、保護者)
第二条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律で「少年(しょうねん) : juvenile少年」とは、二十歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない者をいい、「成人(せいじん) : adult成人」とは、満二十歳以上の者をいう。
2 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律で「保護者」とは、少年(しょうねん) : juvenile少年に対して法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律監護(かんご) : custody / 子の監護に関する事項, care監護教育(きょういく) : education, instruction / 災害を受けた児童及び生徒の応急の教育に関する事項教育義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務ある者及び(および) : and及び少年(しょうねん) : juvenile少年を現に監護する(かんごする) : to have custody of, to care for監護する者をいう。
第二章 少年の保護事件
第一節 通則
(審判に付すべき少年)
第三条 次に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年は、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付する。
一 罪(つみ) : crime, offenseを犯した少年(しょうねん) : juvenile少年
二 十四歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為をした少年(しょうねん) : juvenile少年
三 次に掲げる事由があつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その性格又は(または) : or又は環境(かんきょう) : environment環境に照して、将来、罪(つみ) : crime, offenseを犯し、又は(または) : or又は刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為をする虞のある少年(しょうねん) : juvenile少年
イ 保護者の正当な(せいとうな) : justifiable[原則], legitimate[正統性], proper[妥当性], due正当な監督(かんとく) : supervision監督に服しない性癖のあること。
ロ 正当の理由がなく家庭に寄り附かないこと。
ハ 犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪性のある人(ひと) : person若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは不道徳な人(ひと) : personと交際し、又は(または) : or又はいかがわしい場所に出入すること。
ニ 自己又は(または) : or又は人(ひと) : personの徳性を害する(がいする) : harm / 個人の権利利益を害する, prejudice / 第三者の権利を害することはできない, damage[秩序・信用を害する場合] / 秩序若しくは信用を害する害する行為(こうい) : act, conduct行為をする性癖のあること。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年で十四歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない者については、都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長から送致(そうち) : referral送致を受けたときに限り、これを審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付することができる(することができる) : mayすることができる
(判事補の職権)
第四条 第二十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定以外の裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判は、判事補(はんじほ) : assistant judge判事補が一人(ひと) : personでこれをすることができる(することができる) : mayすることができる
(管轄)
第五条 保護事件(じけん) : case事件管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄は、少年(しょうねん) : juvenile少年行為(こうい) : act, conduct行為地、住所(じゅうしょ) : address, domicile住所居所(きょしょ) : residence居所又は(または) : or又は現在地(げんざいち) : current residence, current place現在地による。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、保護の適正を期するため特に必要があると認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、事件(じけん) : case事件を他の管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送することができる(することができる) : mayすることができる
3 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、事件がその管轄に属しないと認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、これを管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(被害者等による記録の閲覧及び謄写)
第五条の二 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]又は(または) : or又は第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る保護事件(じけん) : case事件について、第二十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた後、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該保護事件(じけん) : case事件被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等(被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その法定代理人(ほうていだいりにん) : statutory agent / 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない法定代理人若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者死亡(しぼう) : death死亡した場合若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その心身に重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な故障がある場合におけるその(その) : his/her[人を指す場合]その配偶者(はいぐうしゃ) : spouse配偶者直系(ちょっけい) : lineal直系親族(しんぞく) : relative親族若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは兄弟姉妹をいう。以下同じ(いかおなじ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)又は(または) : or又は被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等から委託(いたく) : entrustment, consignment委託を受けた弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士から、その(その) : his/her[人を指す場合]その保管する(ほかんする) : retain保管する当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該保護事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が専ら当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該少年(しょうねん) : juvenile少年の保護の必要性(ひつようせい) : necessity必要性を判断するために収集(しゅうしゅう) : collection収集したもの及び(および) : and及び家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官が家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所による当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該少年(しょうねん) : juvenile少年の保護の必要性(ひつようせい) : necessity必要性の判断に資する(しする) : contribute資するよう作成し又は(または) : or又は収集(しゅうしゅう) : collection収集したものを除く。)の閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写申出(もうしで) : offer, proposal, report申出があるときは、閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写を求める理由が正当でないと認める場合及び(および) : and及び少年(しょうねん) : juvenile少年の健全な育成に対する影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響事件(じけん) : case事件の性質、調査又は(または) : or又は審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判の状況その(その) : his/her[人を指す場合]その他の事情(じじょう) : circumstance事情を考慮して閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写をさせることが相当でない(そうとうでない) : inappropriate相当でないと認める場合を除き、申出(もうしで) : offer, proposal, report申出をした者にその(その) : his/her[人を指す場合]その閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写をさせるものとする(とする) : shall beとする
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項申出(もうしで) : offer, proposal, report申出は、その(その) : his/her[人を指す場合]その申出(もうしで) : offer, proposal, report申出に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る保護事件(じけん) : case事件を終局させる決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した後三年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により記録(きろく) : record記録閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写をした者は、正当な理由(せいとうなりゆう) : justifiable grounds, just cause正当な理由がないのに閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写により知り得た少年(しょうねん) : juvenile少年氏名(しめい) : name氏名その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年の身上に関する事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を漏らしてはならず、かつ(かつ) : andかつ閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写により知り得た事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項みだりに(みだりに) : without good reason, without reason, without cause, without due causeみだりに用いて、少年(しょうねん) : juvenile少年の健全な育成を妨げ、関係人(かんけいにん) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人名誉(めいよ) : fame名誉若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは生活の平穏(せいかつのへいおん) : peaceful existence生活の平穏を害し、又は(または) : or又は調査若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に支障を生じさせる行為(こうい) : act, conduct行為してはならない(してはならない) : shall not / その権限は、…と解釈してはならない: 何人も…してはならないしてはならない
(閲覧又は謄写の手数料)
第五条の三 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による記録(きろく) : record記録閲覧(えつらん) : inspection閲覧又は(または) : or又は謄写(とうしゃ) : copy謄写手数料(てすうりょう) : fee / 承認申請手数料, commission, charge手数料については、その(その) : his/her[人を指す場合]その性質に反しない限り、民事訴訟費用等に関する法律(昭和四十六年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第四十号)第七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで及び(および) : and及び表(ひょう) : table第二の一の項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定(同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項欄(らん) : column / 第3欄中「(事件(じけん) : case事件係属(けいぞく) : pending係属中に当事者(とうじしゃ) : party当事者等が請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求するものを除く。)」とある部分を除く。)を準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
第二節 通告、警察官の調査等
(通告)
第六条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき少年(しょうねん) : juvenile少年を発見した者は、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所通告(つうこく) : notification通告しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 警察官(けいさつかん) : police official警察官又は(または) : or又は保護者は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年について、直接これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致し、又は(または) : or又は通告(つうこく) : notification通告するよりも、先づ児童福祉法(昭和二十二年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第百六十四号)による措置(そち) : measure / 規制措置措置にゆだねるのが適当であると認めるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年を直接児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所に通告(つうこく) : notification通告することができる(することができる) : mayすることができる
(警察官等の調査)
第六条の二 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、客観的な事情(じじょう) : circumstance事情から合理的(ごうりてき) : reasonable合理的に判断して、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年であると疑う(うたがう) : suspect疑う足りる(たりる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由: …すれば足りる足りる相当の理由(そうとうのりゆう) : reasonable ground[民事の場合], probable cause[刑事の場合]相当の理由のある者を発見した場合において、必要があるときは、事件(じけん) : case事件について調査をすることができる(することができる) : mayすることができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の調査は、少年(しょうねん) : juvenile少年の情操の保護に配慮(はいりょ) : consideration配慮しつつ、事案の真相を明らかにし、もつて少年(しょうねん) : juvenile少年の健全な育成のための措置(そち) : measure / 規制措置措置資する(しする) : contribute資することを目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的として行うものとする(とする) : shall beとする
3 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]公安委員会(こうあんいいんかい) : public safety commission公安委員会規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、少年(しょうねん) : juvenile少年の心理その(その) : his/her[人を指す場合]その他の特性に関する専門的知識(せんもんてきちしき) : expert knowledge専門的知識を有する警察職員(警察官(けいさつかん) : police official警察官を除く。)に調査(第六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の五第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分を除く。)をさせることができる。
(調査における付添人)
第六条の三 少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び保護者は、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の調査に関し、いつでも、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : person選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任することができる(することができる) : mayすることができる
(呼出し、質問、報告の要求)
第六条の四 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、調査をするについて必要があるときは、少年(しょうねん) : juvenile少年、保護者又は(または) : or又は参考人(さんこうにん) : witness参考人を呼び出し、質問(しつもん) : question / 質問の制限質問することができる(することができる) : mayすることができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項質問(しつもん) : question / 質問の制限質問に当たつては、強制(きょうせい) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制にわたることがあつてはならない。
3 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、調査について、公務所(こうむしょ) : public office公務所又は(または) : or又は公私の(こうしの) : public or private / 公私の機関公私の団体に照会(しょうかい) : inquiry照会して必要な事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項報告(ほうこく) : report / 報告義務報告を求めることができる。
(押収、捜索、検証、鑑定嘱託)
第六条の五 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件の調査をするについて必要があるときは、押収(おうしゅう) : seizure押収捜索(そうさく) : search捜索検証(けんしょう) : observation, inspection[刑事手続の場合]検証又は(または) : or又は鑑定の嘱託(かんていのしょくたく) : request for an expert opinion鑑定の嘱託することができる(することができる) : mayすることができる
2 刑事訴訟法(昭和二十三年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第百三十一号)中、司法警察職員(しほうけいさつしょくいん) : judicial police official司法警察職員の行う押収(おうしゅう) : seizure押収捜索(そうさく) : search捜索検証(けんしょう) : observation, inspection[刑事手続の場合]検証及び(および) : and及び鑑定の嘱託(かんていのしょくたく) : request for an expert opinion鑑定の嘱託に関する規定(きてい) : provision規定(同法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二百二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2を除く。)は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の場合に、これを準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、これらの規定(きてい) : provision規定中「司法警察員(しほうけいさついん) : judicial police officer司法警察員」とあるのは「司法警察員(しほうけいさついん) : judicial police officer司法警察員たる警察官(けいさつかん) : police official警察官」と、「司法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]巡査」とあるのは「司法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]巡査たる警察官(けいさつかん) : police official警察官」と読み替えるほか、同法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四百九十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官」とあるのは「警視総監若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは道府県(けん) : prefecture警察本部(ほんぶ) : headquarters本部又は(または) : or又は警察署(けいさつしょ) : police station警察署長」と、「政令(せいれい) : Cabinet Order政令」とあるのは「国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]公安委員会(こうあんいいんかい) : public safety commission公安委員会規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則」と、同条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「国庫(こっこ) : treasury[原則] / 収入を国庫に納めなければならない, national treasury[国民との関係で「国庫」が国のものであることを強調する場合] / 国庫の状況その他財政の状況について、国会及び国民に報告しなければならない国庫」とあるのは「当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該都道府県(とどうふけん) : prefecture都道府県警察又は(または) : or又は警察署(けいさつしょ) : police station警察署の属する都道府県(とどうふけん) : prefecture都道府県」と読み替えるものとする(とする) : shall beとする
(警察官の送致等)
第六条の六 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、調査の結果、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]のいずれかに該当する(のいずれかにがいとうする) : fall under any ofのいずれかに該当するときは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該調査に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る書類(しょるい) : document書類とともに事件(じけん) : case事件児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長に送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
一 第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件について、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年行為(こうい) : act, conduct行為が第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる罪(つみ) : crime, offenseに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れるものであると思料する(しりょうする) : consider思料するとき。
二 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるもののほか(にかかげるもののほか) : in addition to what is listed inに掲げるもののほか、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件について、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付することが適当であると思料する(しりょうする) : consider思料するとき。
2 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長に送致(そうち) : referral送致した事件(じけん) : case事件について、児童福祉法第二十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置がとられた場合において、証拠物(しょうこぶつ) : article of evidence証拠物があるときは、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送付(そうふ) : sending送付しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 警察官(けいさつかん) : police official警察官は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により事件(じけん) : case事件送致(そうち) : referral送致した場合を除き、児童福祉法第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定により調査に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る少年(しょうねん) : juvenile少年児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所に通告(つうこく) : notification通告するときは、国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]公安委員会(こうあんいいんかい) : public safety commission公安委員会規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所に対し、同法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]による措置(そち) : measure / 規制措置措置をとるについて参考(さんこう) : reference / 参考書類参考となる当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該調査の概要(がいよう) : outline, description, summary概要及び(および) : and及び結果を通知(つうち) : notice通知するものとする(するものとする) : shallするものとする
(都道府県知事又は児童相談所長の送致)
第六条の七 都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長は、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る部分に限る(にかぎる) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。): ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)の規定(きてい) : provision規定により送致(そうち) : referral送致を受けた事件(じけん) : case事件については、児童福祉法第二十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとらなければならない。ただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、調査の結果、その必要がないと認められるときは、この限りでない
2 都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長は、児童福祉法適用(てきよう) : application適用がある少年(しょうねん) : juvenile少年について、たまたま、その(その) : his/her[人を指す場合]その行動の自由を制限し、又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その自由を奪うような強制(きょうせい) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制措置(そち) : measure / 規制措置措置を必要とする(とする) : shall beとするときは、同法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第四十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定により認められる場合を除き、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(家庭裁判所調査官の報告)
第七条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき少年(しょうねん) : juvenile少年を発見したときは、これを裁判官(さいばんかん) : judge裁判官報告(ほうこく) : report / 報告義務報告しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項報告(ほうこく) : report / 報告義務報告に先だち、少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び保護者について、事情(じじょう) : circumstance事情を調査することができる(することができる) : mayすることができる
第三節 調査及び審判
(事件の調査)
第八条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項通告(つうこく) : notification通告又は(または) : or又は前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項報告(ほうこく) : report / 報告義務報告により、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき少年(しょうねん) : juvenile少年があると思料する(しりょうする) : consider思料するときは、事件(じけん) : case事件について調査しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官司法警察員(しほうけいさついん) : judicial police officer司法警察員警察官(けいさつかん) : police official警察官都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長から家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき少年(しょうねん) : juvenile少年事件(じけん) : case事件送致(そうち) : referral送致を受けたときも、同様とする(どうようとする) : the same shall apply to同様とする
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官に命じて、少年(しょうねん) : juvenile少年、保護者又は(または) : or又は参考人(さんこうにん) : witness参考人の取調その(その) : his/her[人を指す場合]その他の必要な調査を行わせることができる。
(調査の方針)
第九条 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条の調査は、なるべく、少年(しょうねん) : juvenile少年、保護者又は(または) : or又は関係人(かんけいにん) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人行状(ぎょうじょう) : behavior行状、経歴、素質、環境(かんきょう) : environment環境等について、医学、心理学、教育(きょういく) : education, instruction / 災害を受けた児童及び生徒の応急の教育に関する事項教育学、社会学その(その) : his/her[人を指す場合]その他の専門的智識特に少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所の鑑別の結果を活用(かつよう) : utilization活用して、これを行うように努めなければならない。
(被害者等の申出による意見の聴取)
第九条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]又は(または) : or又は第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等から、被害(ひがい) : damage, harm被害に関する心情その(その) : his/her[人を指す場合]その他の事件(じけん) : case事件に関する意見(いけん) : opinion意見陳述(ちんじゅつ) : statement陳述申出(もうしで) : offer, proposal, report申出があるときは、自らこれを聴取(ちょうしゅ) : hearing / 意見聴取聴取し、又は(または) : or又は家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官に命じてこれを聴取(ちょうしゅ) : hearing / 意見聴取聴取させるものとする(とする) : shall beとするただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、事件の性質、調査又は審判の状況その他の事情を考慮して、相当でないと認めるときは、この限りでない
(付添人)
第十条 少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び保護者は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所許可(きょか) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を受けて、付添人(ひと) : person選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任することができる(することができる) : mayすることができる。ただし、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士を付添人(ひと) : person選任する(せんにんする) : appoint, elect選任するには、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所許可(きょか) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を要しない。
2 保護者は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所許可(きょか) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を受けて、付添人(ひと) : personとなることができる。
(呼出、同行)
第十一条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、事件の調査又は審判について必要があると認めるときは少年(しょうねん) : juvenile少年又は(または) : or又は保護者に対して、呼出状(よびだしじょう) : writ of summons呼出状を発することができる(することができる) : mayすることができる
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、正当の理由がなく前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の呼出に応じない者に対して、同行状(ぎょうじょう) : behavior行状を発することができる(することができる) : mayすることができる
(緊急の場合の同行)
第十二条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、少年が保護のため緊急を要する状態にあつて、その福祉上必要であると認めるときは前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年に対して、同行状(ぎょうじょう) : behavior行状を発することができる(することができる) : mayすることができる
2 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、急速を要する場合(きゅうそくをようするばあい) : in case of urgency急速を要する場合には、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をし、又は(または) : or又は合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にこれをさせることができる。
(同行状の執行)
第十三条 行状(ぎょうじょう) : behavior行状は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官がこれを執行する(しっこうする) : execute執行する
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、警察官(けいさつかん) : police official警察官保護観察官(ほごかんさつかん) : probation officer保護観察官又は(または) : or又は裁判所書記官(さいばんしょしょきかん) : court clerk裁判所書記官をして、同行状(ぎょうじょう) : behavior行状執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行させることができる。
3 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、急速を要する場合(きゅうそくをようするばあい) : in case of urgency急速を要する場合には、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をし、又は(または) : or又は合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にこれをさせることができる。
(証人尋問・鑑定・通訳・翻訳)
第十四条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、証人(しょうにん) : witness証人尋問(じんもん) : examination尋問し、又は(または) : or又は鑑定(かんてい) : expert opinion[原則], expert testimony[証拠方法の類型], appraisal[価格・価値の評価]鑑定、通訳若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは翻訳(ほんやく) : translation / 通訳及び翻訳翻訳命ずる(めいずる) : order命ずることができる。
2 刑事訴訟法中、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所の行う証人尋問(しょうにんじんもん) : examination of a witness証人尋問鑑定(かんてい) : expert opinion[原則], expert testimony[証拠方法の類型], appraisal[価格・価値の評価]鑑定通訳及び翻訳(つうやくおよびほんやく) : interpretation and translation通訳及び翻訳に関する規定(きてい) : provision規定は、保護事件(じけん) : case事件の性質に反しない限り、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の場合に、これを準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(検証、押収、捜索)
第十五条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、検証(けんしょう) : observation, inspection[刑事手続の場合]検証押収(おうしゅう) : seizure押収又は(または) : or又は捜索(そうさく) : search捜索することができる(することができる) : mayすることができる
2 刑事訴訟法中、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所の行う検証(けんしょう) : observation, inspection[刑事手続の場合]検証押収(おうしゅう) : seizure押収及び(および) : and及び捜索(そうさく) : search捜索に関する規定(きてい) : provision規定は、保護事件(じけん) : case事件の性質に反しない限り、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の場合に、これを準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(援助、協力)
第十六条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、調査及び(および) : and及び観察のため、警察官(けいさつかん) : police official警察官保護観察官(ほごかんさつかん) : probation officer保護観察官保護司(ほごし) : volunteer probation officer保護司児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童福祉(ふくし) : welfare福祉司(児童福祉法第十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童福祉(ふくし) : welfare福祉司をいう。第二十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において同じ。)又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童委員(いいん) : board member[「委員会」を board と訳す場合], commission member[「委員会」を commission と訳す場合], committee member[一般的な場合], commissioner[一定の公的職務を授権された委員、公正取引委員会・国家公安委員会などの委員], counselor[当該委員の実質的性格による], mediator[当該委員の実質的性格による]委員に対して、必要な援助(えんじょ) : assistance, support援助をさせることができる。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、その(その) : his/her[人を指す場合]その職務(しょくむ) : duty, practice[弁護士等の専門職の場合] / 法律事務を行うことを職務とする職務を行うについて、公務所(こうむしょ) : public office公務所公私の(こうしの) : public or private / 公私の機関公私の団体、学校、病院その(その) : his/her[人を指す場合]その他に対して、必要な協力(きょうりょく) : cooperation協力を求めることができる。
(観護の措置)
第十七条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判を行うため必要があるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、次に掲げる観護の措置(そち) : measure / 規制措置措置をとることができる。
一 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官の観護に付すること。
二 少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に送致する(そうちする) : refer送致すること。
2 同行された少年(しょうねん) : juvenile少年については、観護の措置(そち) : measure / 規制措置措置は、遅くとも、到着のとき…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから二十四時間以内に、これを行わなければならない。検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官又は(または) : or又は司法警察員(しほうけいさついん) : judicial police officer司法警察員から勾留(こうりゅう) : detention勾留又は(または) : or又は逮捕(たいほ) : arrest逮捕された少年(しょうねん) : juvenile少年送致(そうち) : referral送致を受けたときも、同様である。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置においては、少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容する(しゅうようする) : detain, commit収容する期間(きかん) : period, period of time, term期間は、二週間を超える(をこえる) : exceedingを超えることができない。ただし、特に継続の必要があるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、これを更新(こうしん) : renewal更新することができる(することができる) : mayすることができる
4 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項ただし書(ただしがき) : provisoただし書規定(きてい) : provision規定による更新(こうしん) : renewal更新は、一回を超えて行うことができない。ただし、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る死刑(しけい) : death penalty死刑懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮に当たる罪(つみ) : crime, offense事件(じけん) : case事件その(その) : his/her[人を指す場合]その非行事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実(犯行の動機、態様及び(および) : and及び結果その(その) : his/her[人を指す場合]その他の当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪に密接に関連する重要な事実(じゅうようなじじつ) : material fact重要な事実を含む。以下同じ(いかおなじ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)の認定に関し証人尋問(しょうにんじんもん) : examination of a witness証人尋問鑑定(かんてい) : expert opinion[原則], expert testimony[証拠方法の類型], appraisal[価格・価値の評価]鑑定若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは検証(けんしょう) : observation, inspection[刑事手続の場合]検証を行うことを決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定したもの又は(または) : or又はこれを行つたものについて、少年(しょうねん) : juvenile少年収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容しなければ審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判著しい(いちじるしい) : extreme著しい支障が生じるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがあると認めるに足りる(たりる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由: …すれば足りる足りる相当の理由(そうとうのりゆう) : reasonable ground[民事の場合], probable cause[刑事の場合]相当の理由がある場合には、その(その) : his/her[人を指す場合]その更新(こうしん) : renewal更新は、更に二回を限度(げんど) : limit / …に必要な限度において, to the extent necessary, to the extent necessary for限度として、行うことができる。
5 第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項ただし書(ただしがき) : provisoただし書規定(きてい) : provision規定にかかわらず、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官から再び送致(そうち) : referral送致を受けた事件(じけん) : case事件が先に第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置がとられ、又は(または) : or又は勾留状(こうりゅうじょう) : detention warrant勾留状が発せられた事件(じけん) : case事件であるときは、収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容期間(きかん) : period, period of time, term期間は、これを更新(こうしん) : renewal更新することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
6 裁判官(さいばんかん) : judge裁判官が第四十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求により、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとつた場合において、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致されたときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その措置(そち) : measure / 規制措置措置は、これを第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置みなす(みなす) : shall be deemedみなす
7 裁判官(さいばんかん) : judge裁判官が第四十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求により第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとつた場合において、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致されたときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その措置(そち) : measure / 規制措置措置は、これを第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置みなす(みなす) : shall be deemedみなす。この場合には、第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項期間(きかん) : period, period of time, term期間は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所事件(じけん) : case事件送致(そうち) : referral送致を受けた日から、これを起算する。
8 観護の措置(そち) : measure / 規制措置措置は、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、これを取り消し、又は(または) : or又は変更することができる(することができる) : mayすることができる
9 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置については、収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容期間(きかん) : period, period of time, term期間は、通じて八週間を超える(をこえる) : exceedingを超えることができない。ただし、その(その) : his/her[人を指す場合]その収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容期間(きかん) : period, period of time, term期間が通じて四週間を超える(をこえる) : exceedingを超えることとなる決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定を行うときは、第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項ただし書(ただしがき) : provisoただし書規定する(きていする) : provide規定する事由がなければならない。
10 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、急速を要する場合(きゅうそくをようするばあい) : in case of urgency急速を要する場合には、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第八項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をし、又は(または) : or又は合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にこれをさせることができる。
(異議の申立て)
第十七条の二 少年(しょうねん) : juvenile少年その(その) : his/her[人を指す場合]その法定代理人(ほうていだいりにん) : statutory agent / 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない法定代理人又は(または) : or又は付添人(ひと) : personは、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]又は(または) : or又は第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項ただし書(ただしがき) : provisoただし書決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対して、保護事件(じけん) : case事件係属(けいぞく) : pending係属する家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所異議の申立て(いぎのもうしたて) : filing of an objection[書面による異議の場合], raise an objection[口頭での異議の場合]異議の申立てすることができる(することができる) : mayすることができる。ただし、付添人(ひと) : personは、選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任者である保護者の明示(めいじ) : clear indication明示した意思(いし) : intent, intention意思に反して、異議の申立て(いぎのもうしたて) : filing of an objection[書面による異議の場合], raise an objection[口頭での異議の場合]異議の申立てすることができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項異議の申立て(いぎのもうしたて) : filing of an objection[書面による異議の場合], raise an objection[口頭での異議の場合]異議の申立ては、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき事由がないことを理由としてすることはできない。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項異議の申立て(いぎのもうしたて) : filing of an objection[書面による異議の場合], raise an objection[口頭での異議の場合]異議の申立てについては、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない。この場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定には、原決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定関与(かんよ) : participation関与した裁判官(さいばんかん) : judge裁判官は、関与(かんよ) : participation関与することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
4 第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三、第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第三十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、第一項の異議の申立てがあつた場合について準用するこの場合において、…中「…」とあるのは、「…」と読み替えるものとする(このばあいにおいて、…ちゅう「…」とあるのは、「…」とよみかえるものとする) : in this case, the term "…" in … shall be deemed to be replaced with "…"この場合において、第三十三条第二項中「取り消して、事件を原裁判所に差し戻し、又は他の家庭裁判所に移送しなければならない」とあるのは、「取り消し、必要があるときは、更に裁判をしなければならない」と読み替えるものとする
(特別抗告)
第十七条の三 第三十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、前条第三項の決定について準用するこの場合において、…中「…」とあるのは、「…」と読み替えるものとする(このばあいにおいて、…ちゅう「…」とあるのは、「…」とよみかえるものとする) : in this case, the term "…" in … shall be deemed to be replaced with "…"この場合において、第三十五条第一項中「二週間」とあるのは、「五日」と読み替えるものとする
2 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、前項の規定による抗告があつた場合について準用する
(少年鑑別所送致の場合の仮収容)
第十七条の四 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとつた場合において、直ちに(ただちに) : immediately直ちに少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容する(しゅうようする) : detain, commit収容することが著しく困難であると認める事情(じじょう) : circumstance事情があるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、少年(しょうねん) : juvenile少年を仮に最寄りの少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院又は(または) : or又は刑事施設(けいじしせつ) : penal institution[原則], prison[刑務所の場合に可]刑事施設の特に区別した場所に収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容することができる(することができる) : mayすることができる。ただし、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間は、収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容した時から七十二時間を超える(をこえる) : exceedingを超えることができない。
2 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、急速を要する場合(きゅうそくをようするばあい) : in case of urgency急速を要する場合には、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をし、又は(または) : or又は合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にこれをさせることができる。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容期間(きかん) : period, period of time, term期間は、これを第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置により少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容した期間(きかん) : period, period of time, term期間とみなし、同条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項期間(きかん) : period, period of time, term期間は、少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院又は(または) : or又は刑事施設(けいじしせつ) : penal institution[原則], prison[刑務所の場合に可]刑事施設収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容した日から、これを起算する。
4 裁判官(さいばんかん) : judge裁判官が第四十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求のあつた事件(じけん) : case事件につき、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容をした場合において、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致されたときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容は、これを第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容みなす(みなす) : shall be deemedみなす
児童福祉法の措置)
第十八条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、調査の結果、児童福祉法規定(きてい) : provision規定による措置(そち) : measure / 規制措置措置を相当と認めるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、事件(じけん) : case事件権限(けんげん) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限を有する都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長に送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 第六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の七第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により、都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長から送致(そうち) : referral送致を受けた少年(しょうねん) : juvenile少年については、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、期限(きげん) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限を付して、これに対してとるべき保護の方法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]その(その) : his/her[人を指す場合]その他の措置(そち) : measure / 規制措置措置指示(しじ) : instruction指示して、事件(じけん) : case事件権限(けんげん) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限を有する都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長に送致(そうち) : referral送致することができる(することができる) : mayすることができる
(審判を開始しない旨の決定)
第十九条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、調査の結果、審判に付することができず、又は審判に付するのが相当でないと認めるときは審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判開始(かいし) : commencement, start / 地方公共団体は、一時保護事業又は連絡助成事業を開始したときは、, beginning / 当該事業年度の開始前に開始しない旨の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、調査の結果、本人(ひと) : personが二十歳以上であることが判明したときは、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、事件(じけん) : case事件管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄地方裁判所(ちほうさいばんしょ) : district court地方裁判所に対応する検察庁(けんさつちょう) : public prosecutors office検察庁検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(検察官への送致)
第二十条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、死刑、懲役又は禁錮に当たる罪の事件について、調査の結果、その罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、これを管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄地方裁判所(ちほうさいばんしょ) : district court地方裁判所に対応する検察庁(けんさつちょう) : public prosecutors office検察庁検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、故意の犯罪行為(はんざいこうい) : criminal act犯罪行為により被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者死亡(しぼう) : death死亡させた罪(つみ) : crime, offense事件(じけん) : case事件であつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その罪(つみ) : crime, offense犯す(おかす) : commit犯すとき十六歳以上の少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係るものについては、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、調査の結果、犯行の動機及び態様、犯行後の情況、少年の性格、年齢、行状及び環境その他の事情を考慮し、刑事処分以外の措置を相当と認めるときは、この限りでない
(審判開始の決定)
第二十一条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、調査の結果、審判を開始するのが相当であると認めるときはその(その) : his/her[人を指す場合]その旨の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(審判の方式)
第二十二条 審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判は、懇切を旨として、和やかに行うとともに、非行のある少年(しょうねん) : juvenile少年に対し自己の非行について内省を促すものとしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判は、これを公開しない(こうかいしない) : close to the public公開しない
3 審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判指揮(しき) : direction[原則], command[軍事]指揮は、裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長が行う。
(検察官の関与)
第二十二条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件であつて、次に掲げる罪(つみ) : crime, offenseのものにおいて、その(その) : his/her[人を指す場合]その非行事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実を認定するため…する必要がある(するため…するひつようがある) : be necessary that … in order toするための審判の手続に検察官が関与する必要があると認めるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官出席(しゅっせき) : attendance, presence, appearance出席させることができる。
一 故意の犯罪行為(はんざいこうい) : criminal act犯罪行為により被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者死亡(しぼう) : death死亡させた罪(つみ) : crime, offense
二 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるもののほか(にかかげるもののほか) : in addition to what is listed inに掲げるもののほか死刑(しけい) : death penalty死刑又は(または) : or又は無期若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは短期(たんき) : short term短期二年以上の懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮に当たる罪(つみ) : crime, offense
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするには、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官申出(もうしで) : offer, proposal, report申出がある場合を除き、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官意見(いけん) : opinion意見を聴かなければならない。
3 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた事件(じけん) : case事件において、その(その) : his/her[人を指す場合]その非行事実の認定(じじつのにんてい) : fact finding事実の認定資する(しする) : contribute資するため必要な限度(げんど) : limit / …に必要な限度において, to the extent necessary, to the extent necessary for限度で、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録及び(および) : and及び証拠物(しょうこぶつ) : article of evidence証拠物閲覧(えつらん) : inspection閲覧及び(および) : and及び写し(うつし) : copy写し審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続事件(じけん) : case事件を終局させる決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定告知(こくち) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知を含む。)に立ち会い、少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び証人(しょうにん) : witness証人その(その) : his/her[人を指す場合]その他の関係人(かんけいにん) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人に発問し、並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに意見を述べる(いけんをのべる) : state one's opinion意見を述べることができる。
(国選付添人)
第二十二条の三 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をした場合において、少年(しょうねん) : juvenile少年弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personがないときは、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personを付さなければならない。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、第三条第一項第一号に掲げる少年に係る事件であつて前条第一項各号に掲げる罪のもの又は第三条第一項第二号に掲げる少年に係る事件であつて前条第一項各号に掲げる罪に係る刑罰法令に触れるものについて、第十七条第一項第二号の措置がとられており、かつ、少年に弁護士である付添人がない場合において、事案の内容、保護者の有無その他の事情を考慮し、審判の手続に弁護士である付添人が関与する必要があると認めるときは弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personを付することができる(することができる) : mayすることができる
3 前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が付すべき付添人(ひと) : personは、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任するものとする(するものとする) : shallするものとする
4 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項(第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の五第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の規定(きてい) : provision規定により選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任された付添人(ひと) : personは、旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料及び(および) : and及び報酬(ほうしゅう) : reward[一般的な場合], compensation[役員報酬等の場合] / 最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。, remuneration[役員報酬等の場合]報酬請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる
(被害者等による少年審判の傍聴)
第二十二条の四 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件であつて次に掲げる罪(つみ) : crime, offenseのもの又は(または) : or又は項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年(十二歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為をした少年(しょうねん) : juvenile少年を除く。次項(じこう) : immediately following paragraph, the following paragraph次項において同じ。)に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件であつて次に掲げる罪(つみ) : crime, offenseに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れるもの(いずれも被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者傷害(しょうがい) : injury[原則], bodily injury[身体を強調する場合]傷害した場合にあつては、これにより生命(せいめい) : life生命重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な危険(きけん) : danger[刑事関係など一般的な場合] / 重大な交通の危険を生じさせる速度, risk[危険負担、損失の危険] / 債権者の危険負担, peril[海上における危険] / 人命又は急迫した危険のある船舶の救助に従事するとき, hazard[公害・環境関係] / 危険等防止命令危険を生じさせたときに限る(にかぎる) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。): ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)の被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等から、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判期日(きじつ) : date / 払込期日期日における審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判傍聴(ぼうちょう) : observation, listening, attendance傍聴申出(もうしで) : offer, proposal, report申出がある場合において、少年(しょうねん) : juvenile少年の年齢及び(および) : and及び心身の状態(じょうたい) : state / 心神喪失の状態, condition / 健康状態: その他環境の状態状態事件(じけん) : case事件の性質、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判の状況その(その) : his/her[人を指す場合]その他の事情(じじょう) : circumstance事情を考慮して、少年(しょうねん) : juvenile少年の健全な育成を妨げるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがなく相当と認めるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その申出(もうしで) : offer, proposal, report申出をした者に対し、これを傍聴する(ぼうちょうする) : observe, listen, attend傍聴することを許すことができる。
一 故意の犯罪行為(はんざいこうい) : criminal act犯罪行為により被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者を死傷させた罪(つみ) : crime, offense
二 刑法(明治四十年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第四十五号)第二百十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2業務上(ぎょうむじょう) : in the course of business[原則] / 労働者が業務上死亡した場合においては、, in the pursuit of social activities[刑法] / 業務上過失致死傷, by professional conduct[業務上堕胎罪などの場合] / 業務上堕胎及び同致死傷業務上過失(かしつ) : negligence過失致死(ちし) : causing death, fatal, lethal致死傷等)の罪(つみ) : crime, offense
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等に審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判傍聴(ぼうちょう) : observation, listening, attendance傍聴を許すか否かを判断するに当たつては、同号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年が、一般に、精神的に特に未成熟であることを十分考慮しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、第一項の規定により審判の傍聴を許す場合において、傍聴する者の年齢、心身の状態その他の事情を考慮し、その者が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがあると認めるときはその(その) : his/her[人を指す場合]その不安又は(または) : or又は緊張を緩和するのに適当であり、かつ(かつ) : andかつ審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判を妨げ、又は(または) : or又はこれに不当な(ふとうな) : unjust[原則] / 不当に営利を図る, unreasonable[判断・取引制限等の不合理] / 不当な取引制限, unfair[取引慣行の不公正], undue[程度が甚だしい場合] / 不当な義務不当な影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を与えるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがないと認める者を、傍聴する(ぼうちょうする) : observe, listen, attend傍聴する者に付き添わせることができる。
4 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判傍聴する(ぼうちょうする) : observe, listen, attend傍聴する及び(および) : and及び前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定によりこの者に付き添う者の座席の位置、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判を行う場所における裁判所(さいばんしょ) : court裁判所職員の配置等を定めるに当たつては、少年(しょうねん) : juvenile少年の心身に及ぼす影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響配慮(はいりょ) : consideration配慮しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
5 第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判傍聴(ぼうちょう) : observation, listening, attendance傍聴した者又は(または) : or又は第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定によりこの者に付き添つた者について、準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(弁護士である付添人からの意見の聴取等)
第二十二条の五 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判傍聴(ぼうちょう) : observation, listening, attendance傍聴を許すには、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : person意見(いけん) : opinion意見を聴かなければならない。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項の場合において(ぜんこうのばあいにおいて) : in the case referred to in the preceding paragraph前項の場合において少年(しょうねん) : juvenile少年弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personがないときは、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personを付さなければならない。
3 少年(しょうねん) : juvenile少年弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personがない場合であつて、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及び保護者がこれを必要としない旨の意思(いし) : intent, intention意思明示(めいじ) : clear indication明示したときは、前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定適用(てきよう) : application適用しない。
4 第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が付すべき付添人(ひと) : personについて、準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(被害者等に対する説明)
第二十二条の六 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、最高裁判所規則の定めるところにより第三条第一項第一号又は第二号に掲げる少年に係る事件の被害者等から申出がある場合において、少年の健全な育成を妨げるおそれがなく相当と認めるときは最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、その(その) : his/her[人を指す場合]その申出(もうしで) : offer, proposal, report申出をした者に対し、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判期日(きじつ) : date / 払込期日期日における審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判の状況を説明(せつめい) : explanation説明するものとする(するものとする) : shallするものとする
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項申出(もうしで) : offer, proposal, report申出は、その(その) : his/her[人を指す場合]その申出(もうしで) : offer, proposal, report申出に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件を終局させる決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した後三年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
3 第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により説明(せつめい) : explanation説明を受けた者について、準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(審判開始後保護処分に付しない場合)
第二十三条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、審判の結果、第十八条又は第二十条にあたる場合であると認めるときは、それぞれ、所定の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、審判の結果、保護処分に付することができず、又は保護処分に付する必要がないと認めるときはその(その) : his/her[人を指す場合]その旨の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 第十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判の結果、本人(ひと) : personが二十歳以上であることが判明した場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(保護処分の決定)
第二十四条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条の場合を除いて、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判開始(かいし) : commencement, start / 地方公共団体は、一時保護事業又は連絡助成事業を開始したときは、, beginning / 当該事業年度の開始前に開始した事件(じけん) : case事件につき、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、次に掲げる保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない。ただし、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定の時に十四歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件については、特に必要と認める場合に限り、第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分することができる(することができる) : mayすることができる
一 保護観察所(ほごかんさつじょ) : probation office保護観察所保護観察(ほごかんさつ) : probation保護観察に付すること。
二 児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童自立支援(しえん) : support支援施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童養護施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設送致する(そうちする) : refer送致すること。
三 少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院送致する(そうちする) : refer送致すること。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]及び(および) : and及び第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分においては、保護観察所(ほごかんさつじょ) : probation office保護観察所の長をして、家庭その(その) : his/her[人を指す場合]その他の環境(かんきょう) : environment環境調整に関する措置(そち) : measure / 規制措置措置を行わせることができる。
(没取)
第二十四条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]及び(および) : and及び第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年について、第十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をする場合には、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、次に掲げる物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]没取(ぼっしゅ) : non-penal confiscation[一般的な場合], confiscation[少年法の場合]没取することができる(することができる) : mayすることができる
一 刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為組成(そせい) : composition組成した物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]
二 刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為に供し、又は(または) : or又は供しようとした物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]
三 刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為から生じ、若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはこれによつて得た物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]又は(または) : or又は刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為報酬(ほうしゅう) : reward[一般的な場合], compensation[役員報酬等の場合] / 最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。, remuneration[役員報酬等の場合]報酬として得た物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]
四 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に記載した物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]対価として(たいかとして) : in exchange for対価として得た物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]
2 没取(ぼっしゅ) : non-penal confiscation[一般的な場合], confiscation[少年法の場合]没取は、その(その) : his/her[人を指す場合]その物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]が本人(ひと) : person以外の者に属しないときに限る(にかぎる) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。): ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。但し、刑(けい) : punishment法令(ほうれい) : laws and regulations法令に触れる行為(こうい) : act, conduct行為の後、本人(ひと) : person以外の者が情を知つてその(その) : his/her[人を指す場合]その物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]取得(しゅとく) : acquisition取得したときは、本人(ひと) : person以外の者に属する場合であつても、これを没取(ぼっしゅ) : non-penal confiscation[一般的な場合], confiscation[少年法の場合]没取することができる(することができる) : mayすることができる
(家庭裁判所調査官の観察)
第二十五条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、第二十四条第一項の保護処分を決定するため必要があると認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、相当の期間(そうとうのきかん) : reasonable period of time相当の期間家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官の観察に付することができる(することができる) : mayすることができる
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の観察とあわせて、次に掲げる措置(そち) : measure / 規制措置措置をとることができる。
一 遵守(じゅんしゅ) : observance, compliance遵守項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を定めてその(その) : his/her[人を指す場合]その履行(りこう) : performance履行命ずる(めいずる) : order命ずること。
二 条件(じょうけん) : condition条件を附けて保護者に引き渡すこと。
三 適当な施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設、団体又は(または) : or又は個人(こじん) : individual個人補導(ほどう) : correctional guidance補導委託(いたく) : entrustment, consignment委託すること。
(保護者に対する措置)
第二十五条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、必要があると認めるときは、保護者に対し、少年(しょうねん) : juvenile少年監護(かんご) : custody / 子の監護に関する事項, care監護に関する責任(せきにん) : liability, responsibility, accountability責任を自覚させ、その(その) : his/her[人を指す場合]その非行を防止する(ぼうしする) : prevent防止するため、調査又は(または) : or又は審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判において、自ら訓戒、指導(しどう) : guidance, instruction指導その(その) : his/her[人を指す場合]その他の適当な措置(てきとうなそち) : appropriate measure適当な措置をとり、又は(または) : or又は家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官に命じてこれらの措置(そち) : measure / 規制措置措置をとらせることができる。
(決定の執行)
第二十六条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の四第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第二十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をしたときは、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所調査官、裁判所書記官(さいばんしょしょきかん) : court clerk裁判所書記官法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]務事務官、法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]務教官、警察官(けいさつかん) : police official警察官保護観察官(ほごかんさつかん) : probation officer保護観察官又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童福祉(ふくし) : welfare福祉司をして、その(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行させることができる。
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の四第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第二十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定執行する(しっこうする) : execute執行するため必要があるときは、少年(しょうねん) : juvenile少年に対して、呼出状(よびだしじょう) : writ of summons呼出状を発することができる(することができる) : mayすることができる
3 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、正当の理由がなく前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の呼出に応じない者に対して、同行状(ぎょうじょう) : behavior行状を発することができる(することができる) : mayすることができる
4 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、少年が保護のため緊急を要する状態にあつて、その福祉上必要であると認めるときは前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年に対して、同行状(ぎょうじょう) : behavior行状を発することができる(することができる) : mayすることができる
5 第十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定は、前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の同行状(ぎょうじょう) : behavior行状に、これを準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
6 裁判長(さいばんちょう) : presiding judge裁判長は、急速を要する場合(きゅうそくをようするばあい) : in case of urgency急速を要する場合には、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をし、又は(または) : or又は合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にこれをさせることができる。
(少年鑑別所収容の一時継続)
第二十六条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、第十七条第一項第二号の措置がとられている事件について、第十八条から第二十条まで、第二十三条第二項又は第二十四条第一項の決定をする場合において、必要と認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、少年(しょうねん) : juvenile少年を引き続き相当期間(きかん) : period, period of time, term期間少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容することができる(することができる) : mayすることができる。但し、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間は、七日を超える(をこえる) : exceedingを超えることはできない。
(同行状の執行の場合の仮収容)
第二十六条の三 第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定を受けた少年(しょうねん) : juvenile少年に対して第二十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の同行状(ぎょうじょう) : behavior行状執行する(しっこうする) : execute執行する場合において、必要があるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年を仮に最寄の少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容することができる(することができる) : mayすることができる
(保護観察中の者に対する措置)
第二十六条の四 更生保護法(平成十九年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第八十八号)第六十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項申請(しんせい) : application申請があつた場合において、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、審判の結果、第二十四条第一項第一号の保護処分を受けた者がその遵守すべき事項を遵守せず、同法第六十七条第一項の警告を受けたにもかかわらず、なお遵守すべき事項を遵守しなかつたと認められる事由があり、その程度が重く、かつ、その保護処分によつては本人の改善及び更生を図ることができないと認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]又は(または) : or又は第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により二十歳以上の者に対して第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をするときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定と同時に、本人(ひと) : personが二十三歳を超えない(をこえない) : not exceedingを超えない期間(きかん) : period, period of time, term期間内において、少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院収容する(しゅうようする) : detain, commit収容する期間(きかん) : period, period of time, term期間を定めなければならない。
3 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項に定めるもののほか、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続は、その(その) : his/her[人を指す場合]その性質に反しない限り、第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続の例による。
(競合する処分の調整)
第二十七条 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分の継続中、本人(ひと) : personに対して有罪(ゆうざい) : guilty有罪判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決が確定したとき…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、保護処分をした家庭裁判所は、相当と認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分取り消すことができる(とりけすことができる) : voidable取り消すことができる
2 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分の継続中、本人(ひと) : personに対して新たな保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分がなされたときは、新たな保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をした家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、前の保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をした家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所意見(いけん) : opinion意見を聞いて、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、いずれかの保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分を取消すことができる。
(保護処分の取消し)
第二十七条の二 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分の継続中、本人(ひと) : personに対し審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判権がなかつ(かつ) : andかつたこと、又は(または) : or又は十四歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない少年(しょうねん) : juvenile少年について、都道府県知事(とどうふけんちじ) : governor都道府県知事若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童相談(そうだん) : consultation相談所長から送致(そうち) : referral送致手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続がなかつ(かつ) : andかつたにもかかわらず、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をしたことを認め得る明らかな資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料を新たに発見したときは、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をした家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分を取り消さなければならない。
2 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分終了(しゅうりょう) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了した後においても、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき事由の存在(そんざい) : existence存在が認められないにもかかわらず保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をしたことを認め得る明らかな資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料を新たに発見したときは、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項同様とする(どうようとする) : the same shall apply to同様とするただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、本人が死亡した場合は、この限りでない
3 保護観察所(ほごかんさつじょ) : probation office保護観察所児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童自立支援(しえん) : support支援施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童養護施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設又は(または) : or又は少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院の長は、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分の継続中の者について、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の事由があることを疑う(うたがう) : suspect疑う足りる(たりる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由: …すれば足りる足りる資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料を発見したときは、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分をした家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所に、その(その) : his/her[人を指す場合]その旨の通知(つうち) : notice通知しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
4 第十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分を取り消した場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
5 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、第一項の規定により、少年院に収容中の者の保護処分を取り消した場合において、必要があると認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その者を引き続き少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容することができる(することができる) : mayすることができる。但し、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間は、三日を超える(をこえる) : exceedingを超えることはできない。
6 前三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項に定めるもののほか、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し事件(じけん) : case事件手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続は、その(その) : his/her[人を指す場合]その性質に反しない限り、保護事件(じけん) : case事件の例による。
(報告と意見の提出)
第二十八条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2又は(または) : or又は第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をした場合において、施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設、団体、個人(こじん) : individual個人保護観察所(ほごかんさつじょ) : probation office保護観察所児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童福祉(ふくし) : welfare福祉施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設又は(または) : or又は少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院に対して、少年(しょうねん) : juvenile少年に関する報告(ほうこく) : report / 報告義務報告又は(または) : or又は意見(いけん) : opinion意見提出(ていしゅつ) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出を求めることができる。
(委託費用の支給)
第二十九条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置として、適当な施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設、団体又は(または) : or又は個人(こじん) : individual個人補導(ほどう) : correctional guidance補導委託(いたく) : entrustment, consignment委託したときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その者に対して、これによつて生じた費用(ひよう) : expense, cost費用の全部又は(または) : or又は一部を支給(しきゅう) : payment[金銭], provision[物]支給することができる(することができる) : mayすることができる
(証人等の費用)
第三十条 証人(しょうにん) : witness証人鑑定人(かんていにん) : expert witness[裁判上の証拠方法としての鑑定の場合], appraiser[評価人の意味の場合]鑑定人翻訳人(ほんやくにん) : interpreter, translator翻訳人及び(および) : and及び通訳人(つうやくにん) : interpreter通訳人支給する(しきゅうする) : pay, provide支給する旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料その(その) : his/her[人を指す場合]その他の費用(ひよう) : expense, cost費用の額については、刑事訴訟(けいじそしょう) : criminal procedure[「刑事訴訟法」の場合], criminal proceeding, criminal proceedings刑事訴訟費用(ひよう) : expense, cost費用に関する法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
2 参考人(さんこうにん) : witness参考人は、旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料を請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる
3 参考人(さんこうにん) : witness参考人支給する(しきゅうする) : pay, provide支給する費用(ひよう) : expense, cost費用は、これを証人(しょうにん) : witness証人支給する(しきゅうする) : pay, provide支給する費用(ひよう) : expense, cost費用とみなして、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定適用する(てきようする) : apply適用する
4 第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により付添人(ひと) : person支給(しきゅう) : payment[金銭], provision[物]支給すべき旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料及び(および) : and及び報酬(ほうしゅう) : reward[一般的な場合], compensation[役員報酬等の場合] / 最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。, remuneration[役員報酬等の場合]報酬の額については、刑事訴訟法第三十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により弁護人(べんごにん) : defense counsel弁護人支給(しきゅう) : payment[金銭], provision[物]支給すべき旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料及び(および) : and及び報酬(ほうしゅう) : reward[一般的な場合], compensation[役員報酬等の場合] / 最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。, remuneration[役員報酬等の場合]報酬の例による。
第三十条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により保護司(ほごし) : volunteer probation officer保護司又は(または) : or又は児童(じどう) : child[原則], elementary school children[学校教育法上の「児童」など、小学生を意味する場合]児童委員(いいん) : board member[「委員会」を board と訳す場合], commission member[「委員会」を commission と訳す場合], committee member[一般的な場合], commissioner[一定の公的職務を授権された委員、公正取引委員会・国家公安委員会などの委員], counselor[当該委員の実質的性格による], mediator[当該委員の実質的性格による]委員をして、調査及び(および) : and及び観察の援助(えんじょ) : assistance, support援助をさせた場合には、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所の定めるところにより、その(その) : his/her[人を指す場合]その費用(ひよう) : expense, cost費用の一部又は(または) : or又は全部を支払うことができる。
(費用の徴収)
第三十一条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、少年(しょうねん) : juvenile少年又は(または) : or又はこれを扶養(ふよう) : support[原則], maintenance[扶養料を意味する場合]扶養する義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務のある者から証人(しょうにん) : witness証人鑑定人(かんていにん) : expert witness[裁判上の証拠方法としての鑑定の場合], appraiser[評価人の意味の場合]鑑定人通訳人(つうやくにん) : interpreter通訳人翻訳人(ほんやくにん) : interpreter, translator翻訳人参考人(さんこうにん) : witness参考人、第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の五第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の規定(きてい) : provision規定により選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任された付添人(ひと) : person及び(および) : and及び補導(ほどう) : correctional guidance補導委託(いたく) : entrustment, consignment委託された者に支給(しきゅう) : payment[金銭], provision[物]支給した旅費(りょひ) : travel expenses旅費日当(にっとう) : daily allowance日当、宿泊料その(その) : his/her[人を指す場合]その他の費用(ひよう) : expense, cost費用並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所及び(および) : and及び少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院において生じた費用(ひよう) : expense, cost費用の全部又は(または) : or又は一部を徴収(ちょうしゅう) : collection / 報告の徴収徴収することができる(することができる) : mayすることができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項費用(ひよう) : expense, cost費用徴収(ちょうしゅう) : collection / 報告の徴収徴収については、非訟事件手続法(明治三十一年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第十四号)第百六十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(被害者等に対する通知)
第三十一条の二 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所は、第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]又は(または) : or又は第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる少年(しょうねん) : juvenile少年に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件を終局させる決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をした場合において、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該事件(じけん) : case事件被害者(ひがいしゃ) : victim, aggrieved party[民事の場合], injured party["injuring party"との対で使用する場合]被害者等から申出(もうしで) : offer, proposal, report申出があるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その申出(もうしで) : offer, proposal, report申出をした者に対し、次に掲げる事項(つぎにかかげるじこう) : following matters次に掲げる事項通知(つうち) : notice通知するものとする(するものとする) : shallするものとするただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、その通知をすることが少年の健全な育成を妨げるおそれがあり相当でないと認められるものについては、この限りでない
一 少年(しょうねん) : juvenile少年及び(および) : and及びその(その) : his/her[人を指す場合]その法定代理人(ほうていだいりにん) : statutory agent / 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない法定代理人氏名(しめい) : name氏名及び(および) : and及び住居(じゅうきょ) : residence住居
二 決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定の年月日、主文(しゅぶん) : main text of judgment主文及び(および) : and及び理由の要旨(ようし) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項申出(もうしで) : offer, proposal, report申出は、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した後三年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
3 第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により通知(つうち) : notice通知を受けた者について、準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
第四節 抗告
(抗告)
第三十二条 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼす法令(ほうれい) : laws and regulations法令違反(いはん) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実の誤認又は(または) : or又は処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分著しい(いちじるしい) : extreme著しい不当を理由とする(とする) : shall beとするときに限り、少年(しょうねん) : juvenile少年その(その) : his/her[人を指す場合]その法定代理人(ほうていだいりにん) : statutory agent / 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない法定代理人又は(または) : or又は付添人(ひと) : person…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから、二週間以内に抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告することができる(することができる) : mayすることができる。ただし、付添人(ひと) : personは、選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任者である保護者の明示(めいじ) : clear indication明示した意思(いし) : intent, intention意思に反して、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
(抗告裁判所の調査の範囲)
第三十二条の二 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告の趣意に含まれている事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項に限り、調査をするものとする(するものとする) : shallするものとする
2 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告の趣意に含まれていない事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項であつても、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告の理由となる事由に関しては、職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権で調査をすることができる(することができる) : mayすることができる
(抗告裁判所の事実の取調べ)
第三十二条の三 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするについて必要があるときは、事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実取調べ(とりしらべ) : interrogation[被疑者の取調べ], interview[参考人・証人等の取調べ], examination[証拠の取調べ]取調べすることができる(することができる) : mayすることができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項取調べ(とりしらべ) : interrogation[被疑者の取調べ], interview[参考人・証人等の取調べ], examination[証拠の取調べ]取調べは、合議体(ごうぎたい) : council[原則], panel[裁判体・審判体の場合]合議体構成員(こうせいいん) : member構成員にさせ、又は(または) : or又は家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所裁判官(さいばんかん) : judge裁判官嘱託(しょくたく) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託することができる(することができる) : mayすることができる
(抗告受理の申立て)
第三十二条の四 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされた場合においては、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分に付さない決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定又は(または) : or又は保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対し、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた事件(じけん) : case事件の非行事実の認定(じじつのにんてい) : fact finding事実の認定に関し、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼす法令(ほうれい) : laws and regulations法令違反(いはん) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反又は(または) : or又は重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実の誤認があることを理由とする(とする) : shall beとするときに限り、高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所に対し、二週間以内に、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告審として事件(じけん) : case事件受理(じゅり) : acceptance[原則], receipt[書面の受理]受理すべきことを申し立てる(もうしたてる) : apply, move, petition, request申し立てることができる。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定による申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て以下「…」という(いか「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「抗告受理の申立て」という。)は、申立書(もうしたてしょ) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所に差し出してしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない。この場合において、原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所は、速やかに(すみやかに) : promptly速やかにこれを高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所送付(そうふ) : sending送付しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、抗告受理の申立てがされた場合において、抗告審として事件を受理するのを相当と認めるときは、これを受理(じゅり) : acceptance[原則], receipt[書面の受理]受理することができる(することができる) : mayすることができる。この場合においては、その(その) : his/her[人を指す場合]その旨の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
4 高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をする場合において、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告受理(じゅり) : acceptance[原則], receipt[書面の受理]受理申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ての理由中に重要でないと認めるものがあるときは、これを排除(はいじょ) : elimination[原則], exclude[除外], to cease and desist[違反行為の排除]排除することができる(することができる) : mayすることができる
5 第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから第二項の申立書の送付を受けた日から二週間以内にしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
6 第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた場合には、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告があつたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす。この場合において、第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二の規定(きてい) : provision規定適用(てきよう) : application適用については、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告受理(じゅり) : acceptance[原則], receipt[書面の受理]受理申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ての理由中第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により排除(はいじょ) : elimination[原則], exclude[除外], to cease and desist[違反行為の排除]排除されたもの以外のものを抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告の趣意とみなす(みなす) : shall be deemedみなす
(抗告審における国選付添人)
第三十二条の五 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた場合において、少年(しょうねん) : juvenile少年弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personがないときは、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personを付さなければならない。
2 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所において第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置がとられたものに限る(にかぎる) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。): ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)について、少年(しょうねん) : juvenile少年弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personがなく、かつ(かつ) : andかつ、事案の内容、保護者の有無その(その) : his/her[人を指す場合]その他の事情(じじょう) : circumstance事情を考慮し、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告審の審理(しんり) : proceeding[一般的な場合], proceedings[一般的な場合], trial[民事訴訟法147条の2以下: 同法244条の場合]審理弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : person関与する(かんよする) : participate関与する必要があると認めるときは、弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personを付することができる(することができる) : mayすることができる
(準用)
第三十二条の六 第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二、第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三及び(および) : and及び前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条に定めるもののほか、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告審の審理(しんり) : proceeding[一般的な場合], proceedings[一般的な場合], trial[民事訴訟法147条の2以下: 同法244条の場合]審理については、その(その) : his/her[人を指す場合]その性質に反しない限り、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(抗告審の裁判)
第三十三条 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続その(その) : his/her[人を指す場合]その規定(きてい) : provision規定違反(いはん) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反したとき、又は(または) : or又は抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告が理由のないときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告が理由のあるときは、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、原決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定を取り消して、事件(じけん) : case事件原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所に差し戻し、又は(または) : or又は他の家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(執行の停止)
第三十四条 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告は、執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行停止する(ていしする) : suspend, stay, discontinue停止する効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有しない。但し、原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所又は(または) : or又は抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行停止(ていし) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止することができる(することができる) : mayすることができる
(再抗告)
第三十五条 抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所のした第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、憲法(けんぽう) : Constitution / 日本国憲法憲法違反(いはん) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反し、若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは憲法(けんぽう) : Constitution / 日本国憲法憲法解釈(かいしゃく) : construction[法・クレームの解釈] / この法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等を旨として、解釈しなければならない, interpretation[言葉の解釈] / 当事者は、仲裁廷に対し、仲裁判断の特定の部分の解釈を求める申立てをすることができる解釈に誤りがあること、又は(または) : or又は最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは控訴裁判所(こうそさいばんしょ) : court of second instance控訴裁判所である高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所判例(はんれい) : court precedent, precedent, judicial precedent判例と相反する判断をしたことを理由とする(とする) : shall beとする場合に限り、少年(しょうねん) : juvenile少年その(その) : his/her[人を指す場合]その法定代理人(ほうていだいりにん) : statutory agent / 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない法定代理人又は(または) : or又は付添人(ひと) : person…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから、最高裁判所に対し、二週間以内に、特に抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告することができる(することができる) : mayすることができる。ただし、付添人(ひと) : personは、選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任者である保護者の明示(めいじ) : clear indication明示した意思(いし) : intent, intention意思に反して、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
2 第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二、第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の三、第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の五第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の六…から…までの規定(…から…までのきてい) : provisions … to … inclusiveから前条までの規定は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の場合に、これを準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「取り消して、事件(じけん) : case事件原裁判所(げんさいばんしょ) : court of prior instance原裁判所に差し戻し、又は(または) : or又は他の家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない」とあるのは、「取り消さなければならない。この場合には、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定を取り消して、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所に差し戻し、又は(または) : or又は他の家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送することができる(することができる) : mayすることができる」と読み替えるものとする(とする) : shall beとする
(その他の事項)
第三十六条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律で定めるものの外、保護事件(じけん) : case事件に関して必要な事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項は、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所がこれを定める。
第三十七条 削除(さくじょ) : deletion削除
第三十八条 削除(さくじょ) : deletion削除
第三十九条 削除(さくじょ) : deletion削除
第三章 少年の刑事事件
第一節 通則
(準拠法例)
第四十条 少年(しょうねん) : juvenile少年刑(けい) : punishment事件(じけん) : case事件については、…の例による(…については、…のれいによる) : shall be governed by … / その時効については、国税の例による: 前項の場合には、次の例によるについては、この法律で定めるものの外、一般の例による
第二節 手続
(司法警察員の送致)
第四十一条 司法警察員(しほうけいさついん) : judicial police officer司法警察員は、少年(しょうねん) : juvenile少年の被疑事件(じけん) : case事件について捜査(そうさ) : investigation捜査を遂げた結果、罰金(ばっきん) : fine罰金以下の刑(けい) : punishmentにあたる犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪嫌疑(けんぎ) : suspicion嫌疑があるものと思料する(しりょうする) : consider思料するときは、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪嫌疑(けんぎ) : suspicion嫌疑がない場合でも、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき事由があると思料する(しりょうする) : consider思料するときは、同様である。
(検察官の送致)
第四十二条 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、少年(しょうねん) : juvenile少年の被疑事件(じけん) : case事件について捜査(そうさ) : investigation捜査を遂げた結果、犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪嫌疑(けんぎ) : suspicion嫌疑があるものと思料する(しりょうする) : consider思料するときは、第四十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第五号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]本文(ほんぶん) : main clause本文規定する(きていする) : provide規定する場合を除いて、これを家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪嫌疑(けんぎ) : suspicion嫌疑がない場合でも、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき事由があると思料する(しりょうする) : consider思料するときは、同様である。
2 前項の場合において(ぜんこうのばあいにおいて) : in the case referred to in the preceding paragraph前項の場合においては、刑事訴訟法規定(きてい) : provision規定に基づく(にもとづく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく裁判官(さいばんかん) : judge裁判官による被疑者(ひぎしゃ) : suspect被疑者についての弁護人(べんごにん) : defense counsel弁護人選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任は、その(その) : his/her[人を指す場合]その効力を失う(こうりょくをうしなう) : cease to be effective[原則] / 申込者が前項の申込みに対して同項の期間内に承諾の通知を受けなかったときは、その申込みは、その効力を失う, expire[期限満了] / 登録は、三年を下らない政令で定める期間ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う効力を失う
(勾留に代る措置)
第四十三条 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、少年(しょうねん) : juvenile少年の被疑事件(じけん) : case事件においては、裁判官(さいばんかん) : judge裁判官に対して、勾留(こうりゅう) : detention勾留請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に代え、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項措置(そち) : measure / 規制措置措置請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる。但し、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所裁判官(さいばんかん) : judge裁判官に対して、これを請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求を受けた裁判官(さいばんかん) : judge裁判官は、第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項措置(そち) : measure / 規制措置措置に関して、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所と同一の権限(けんげん) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限を有する。
3 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、少年(しょうねん) : juvenile少年の被疑事件(じけん) : case事件においては、やむを得ない(やむをえない) : inevitableやむを得ない場合でなければ、裁判官(さいばんかん) : judge裁判官に対して、勾留(こうりゅう) : detention勾留請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することはできない。
(勾留に代る措置の効力)
第四十四条 裁判官(さいばんかん) : judge裁判官前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に基いて第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとつた場合において、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、捜査(そうさ) : investigation捜査を遂げた結果、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致しないときは、直ちに(ただちに) : immediately直ちに裁判官(さいばんかん) : judge裁判官に対して、その(その) : his/her[人を指す場合]その措置(そち) : measure / 規制措置措置の取消を請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 裁判官(さいばんかん) : judge裁判官前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に基いて第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置をとるときは、令状(れいじょう) : warrant令状を発してこれをしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項措置(そち) : measure / 規制措置措置効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力は、その(その) : his/her[人を指す場合]その請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求をした日から十日とする(とする) : shall beとする
(検察官へ送致後の取扱い)
第四十五条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が、第二十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定によつて事件(じけん) : case事件検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官送致(そうち) : referral送致したときは、次の例による。
一 第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置は、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年事件(じけん) : case事件が再び家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所送致(そうち) : referral送致された場合を除いて、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官事件(じけん) : case事件送致(そうち) : referral送致を受けた日…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから十日以内に公訴が提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起されないときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その効力を失う(こうりょくをうしなう) : cease to be effective[原則] / 申込者が前項の申込みに対して同項の期間内に承諾の通知を受けなかったときは、その申込みは、その効力を失う, expire[期限満了] / 登録は、三年を下らない政令で定める期間ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う効力を失う。公訴が提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起されたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求により、又は(または) : or又は職権(しょっけん) : authority職権をもつて、いつでも、これを取り消すことができる(とりけすことができる) : voidable取り消すことができる
二 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置の継続中、勾留状(こうりゅうじょう) : detention warrant勾留状が発せられたときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その措置(そち) : measure / 規制措置措置は、これによつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その効力を失う(こうりょくをうしなう) : cease to be effective[原則] / 申込者が前項の申込みに対して同項の期間内に承諾の通知を受けなかったときは、その申込みは、その効力を失う, expire[期限満了] / 登録は、三年を下らない政令で定める期間ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う効力を失う
三 第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置は、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年が満二十歳に達した後も、引き続きその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有する。
四 第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置は、これを裁判官(さいばんかん) : judge裁判官のした勾留(こうりゅう) : detention勾留とみなし、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間は、検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官事件(じけん) : case事件送致(そうち) : referral送致を受けた日から、これを起算する。この場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その事件(じけん) : case事件が先に勾留状(こうりゅうじょう) : detention warrant勾留状の発せられた事件(じけん) : case事件であるときは、この期間(きかん) : period, period of time, term期間は、これを延長(えんちょう) : extension延長することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
五 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所から送致(そうち) : referral送致を受けた事件(じけん) : case事件について、公訴を提起する(こうそをていきする) : institute prosecution公訴を提起する足りる(たりる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由: …すれば足りる足りる犯罪(はんざい) : crime, offense犯罪嫌疑(けんぎ) : suspicion嫌疑があると思料する(しりょうする) : consider思料するときは、公訴を提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、送致を受けた事件の一部について公訴を提起するに足りる犯罪の嫌疑がないか、又は犯罪の情状等に影響を及ぼすべき新たな事情を発見したため、訴追を相当でないと思料するときは、この限りでない送致(そうち) : referral送致後の情況により訴追(そつい) : prosecution訴追相当でない(そうとうでない) : inappropriate相当でない思料する(しりょうする) : consider思料するときも、同様である。
六 少年(しょうねん) : juvenile少年又は(または) : or又は保護者が選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任した弁護士(べんごし) : attorney, attorney at law弁護士である付添人(ひと) : personは、これを弁護人(べんごにん) : defense counsel弁護人みなす(みなす) : shall be deemedみなす
七 第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定(きてい) : provision規定により第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置裁判官(さいばんかん) : judge裁判官のした勾留(こうりゅう) : detention勾留とみなされた場合には、勾留状(こうりゅうじょう) : detention warrant勾留状が発せられているものとみなして、刑事訴訟法中、裁判官(さいばんかん) : judge裁判官による被疑者(ひぎしゃ) : suspect被疑者についての弁護人(べんごにん) : defense counsel弁護人選任(せんにん) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任に関する規定(きてい) : provision規定適用する(てきようする) : apply適用する
第四十五条の二 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]から第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]まで及び(および) : and及び第七号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定(きてい) : provision規定は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が、第十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により、事件(じけん) : case事件検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官送致(そうち) : referral送致した場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(訴訟費用の負担)
第四十五条の三 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所が、先に裁判官(さいばんかん) : judge裁判官により被疑者(ひぎしゃ) : suspect被疑者のため弁護人(べんごにん) : defense counsel弁護人が付された事件(じけん) : case事件について第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするときは、刑事訴訟法中、訴訟費用(そしょうひよう) : court costs訴訟費用の負担に関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用するこの場合において、…中「…」とあるのは、「…」と読み替えるものとする(このばあいにおいて、…ちゅう「…」とあるのは、「…」とよみかえるものとする) : in this case, the term "…" in … shall be deemed to be replaced with "…"この場合において、同法第百八十一条第一項及び第二項中「刑の言渡」とあるのは、「保護処分の決定」と読み替えるものとする
2 検察官(けんさつかん) : public prosecutor検察官は、家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所少年(しょうねん) : juvenile少年訴訟費用(そしょうひよう) : court costs訴訟費用の負担を命ずる(めいずる) : order命ずる裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判をした事件(じけん) : case事件について、その(その) : his/her[人を指す場合]その裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判執行する(しっこうする) : execute執行するため必要な限度(げんど) : limit / …に必要な限度において, to the extent necessary, to the extent necessary for限度で、最高裁判所(さいこうさいばんしょ) : Supreme Court最高裁判所規則(きそく) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則の定めるところにより、事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録及び(および) : and及び証拠物(しょうこぶつ) : article of evidence証拠物閲覧(えつらん) : inspection閲覧し、及び(および) : and及び謄写(とうしゃ) : copy謄写することができる(することができる) : mayすることができる
(保護処分等の効力)
第四十六条 罪(つみ) : crime, offenseを犯した少年(しょうねん) : juvenile少年に対して第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分がなされたときは、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判を経た事件(じけん) : case事件について、刑事訴追(けいじそつい) : criminal prosecution刑事訴追をし、又は(または) : or又は家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
2 第二十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされた場合において、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた事件(じけん) : case事件につき、審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付すべき事由の存在(そんざい) : existence存在が認められないこと又は(または) : or又は保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分に付する必要がないことを理由とした保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分に付さない旨の決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定したときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その事件(じけん) : case事件についても、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項同様とする(どうようとする) : the same shall apply to同様とする
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、第二十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した事件(じけん) : case事件については、適用(てきよう) : application適用しない。ただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、当該事件につき同条第六項の規定によりその例によることとされる第二十二条の二第一項の決定がされた場合であつて、その取消しの理由が審判に付すべき事由の存在が認められないことであるときは、この限りでない
(時効の停止)
第四十七条 第八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項前段(ぜんだん) : first sentence前段の場合においては第二十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつてから、第八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項後段(こうだん) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段の場合においては送致(そうち) : referral送致を受けてから、保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定確定する(かくていする) : become final and binding確定するまで、公訴の時効(じこう) : prescription[一般的な場合], statute of limitations[刑事,特に公訴の時効(刑事訴訟法250条)や刑の時効(刑法31条)の場合]時効は、その(その) : his/her[人を指す場合]その進行を停止する(ていしする) : suspend, stay, discontinue停止する
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定は、第二十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定又は(または) : or又は送致(そうち) : referral送致の後、本人(ひと) : personが満二十歳に達した事件(じけん) : case事件についても、これを適用する(てきようする) : apply適用する
(勾留)
第四十八条 勾留状(こうりゅうじょう) : detention warrant勾留状は、やむを得ない(やむをえない) : inevitableやむを得ない場合でなければ、少年(しょうねん) : juvenile少年に対して、これを発することはできない。
2 少年(しょうねん) : juvenile少年勾留する(こうりゅうする) : detain勾留する場合には、少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所にこれを拘禁(こうきん) : confinement[一般的な場合]拘禁することができる(することができる) : mayすることができる
3 人(ひと) : personが満二十歳に達した後でも、引き続き前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定によることができる。
(取扱いの分離)
第四十九条 少年(しょうねん) : juvenile少年被疑者(ひぎしゃ) : suspect被疑者又は(または) : or又は被告人(ひこくにん) : accused, defendant被告人は、他の被疑者(ひぎしゃ) : suspect被疑者又は(または) : or又は被告人(ひこくにん) : accused, defendant被告人分離(ぶんり) : separation, severance, detachment分離して、なるべく、その(その) : his/her[人を指す場合]その接触を避けなければならない。
2 少年(しょうねん) : juvenile少年に対する被告事件(ひこくじけん) : case under public prosecution, case charged to the court被告事件は、他の被告事件(ひこくじけん) : case under public prosecution, case charged to the court被告事件と関連する場合にも、審理(しんり) : proceeding[一般的な場合], proceedings[一般的な場合], trial[民事訴訟法147条の2以下: 同法244条の場合]審理に妨げない限り、その(その) : his/her[人を指す場合]その手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続分離(ぶんり) : separation, severance, detachment分離しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 刑事施設(けいじしせつ) : penal institution[原則], prison[刑務所の場合に可]刑事施設留置(りゅうち) : detention留置施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設及び(および) : and及び海上保安留置(りゅうち) : detention留置施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設においては、少年(しょうねん) : juvenile少年刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成十七年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第五十号)第二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第四号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]受刑者(じゅけいしゃ) : sentenced inmate受刑者(同条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第八号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]の未決拘禁(こうきん) : confinement[一般的な場合]拘禁者としての地位(ちい) : status[原則] / 同一の地位, position[ポスト]地位を有するものを除く。)を除く。)を成人(せいじん) : adult成人分離(ぶんり) : separation, severance, detachment分離して収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(審理の方針)
第五十条 少年(しょうねん) : juvenile少年に対する刑(けい) : punishment事件(じけん) : case事件審理(しんり) : proceeding[一般的な場合], proceedings[一般的な場合], trial[民事訴訟法147条の2以下: 同法244条の場合]審理は、第九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2趣旨(しゅし) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨に従つて、これを行わなければならない。
第三節 処分
(死刑と無期刑の緩和)
第五十一条 罪(つみ) : crime, offense犯す(おかす) : commit犯すとき十八歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない者に対しては、死刑(しけい) : death penalty死刑をもつて処断すべきときは、無期刑(けい) : punishment科す(かす) : impose[一般的な場合] / 許可を受ける者に不当な義務を課することとなるものであつてはならない, punish[刑罰を科す場合] / 行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する科する。
2 罪(つみ) : crime, offense犯す(おかす) : commit犯すとき十八歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない者に対しては、無期刑(けい) : punishmentをもつて処断すべきときであつても、有期の(ゆうきの) : for a definite term有期の懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮を科することができる(することができる) : mayすることができる。この場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その刑(けい) : punishmentは、十年以上十五年以下において言い渡す(いいわたす) : render言い渡す
(不定期刑)
第五十二条 少年(しょうねん) : juvenile少年に対して長期(ちょうき) : long term長期三年以上の有期の(ゆうきの) : for a definite term有期の懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮をもつて処断すべきときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その刑(けい) : punishmentの範囲内において、長期(ちょうき) : long term長期短期(たんき) : short term短期を定めてこれを言い渡す(いいわたす) : render言い渡す。但し、短期(たんき) : short term短期が五年を越える刑(けい) : punishmentをもつて処断すべきときは、短期(たんき) : short term短期を五年に短縮する。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定によつて言い渡す(いいわたす) : render言い渡すべき刑(けい) : punishmentについては、短期(たんき) : short term短期は五年、長期(ちょうき) : long term長期は十年を越えることはできない。
3 刑(けい) : punishment執行猶予(しっこうゆうよ) : suspension of execution of the sentence執行猶予の言渡をする場合には、前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、これを適用(てきよう) : application適用しない。
(少年鑑別所収容中の日数)
第五十三条 第十七条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]措置(そち) : measure / 規制措置措置がとられた場合においては、少年(しょうねん) : juvenile少年鑑別所に収容(しゅうよう) : accommodation[原則], detention[勾留の場合], commitment[刑事施設に収容する場合]収容中の日数は、これを未決勾留(みけつこうりゅう) : pre-sentencing detention未決勾留の日数とみなす(みなす) : shall be deemedみなす
(換刑処分の禁止)
第五十四条 少年(しょうねん) : juvenile少年に対しては、労役場留置(ろうえきじょうりゅうち) : detention in workhouse in lieu of payment of fine労役場留置の言渡をしない。
(家庭裁判所への移送)
第五十五条 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、事実審理の結果、少年の被告人を保護処分に付するのが相当であると認めるときは決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、事件(じけん) : case事件家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(懲役又は禁錮の執行)
第五十六条 懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた少年(しょうねん) : juvenile少年(第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院において刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受ける者を除く。)に対しては、特に設けた刑事施設(けいじしせつ) : penal institution[原則], prison[刑務所の場合に可]刑事施設又は(または) : or又は刑事施設(けいじしせつ) : penal institution[原則], prison[刑務所の場合に可]刑事施設若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは留置(りゅうち) : detention留置施設(しせつ) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設内の特に分界を設けた場所において、その(その) : his/her[人を指す場合]その刑(けい) : punishment執行する(しっこうする) : execute執行する
2 人(ひと) : personが満二十歳に達した後でも、満二十六歳に達するまでは、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定による執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を継続することができる(することができる) : mayすることができる
3 懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた十六歳に満たない(にみたない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない少年(しょうねん) : juvenile少年に対しては、刑法第十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、十六歳に達するまでの間、少年院(しょうねんいん) : juvenile training school少年院において、その(その) : his/her[人を指す場合]その刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行することができる(することができる) : mayすることができる。この場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その少年(しょうねん) : juvenile少年には、矯正教育(きょういく) : education, instruction / 災害を受けた児童及び生徒の応急の教育に関する事項教育を授ける。
(刑の執行と保護処分)
第五十七条 保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分の継続中、懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮又は(または) : or又は拘留(こうりゅう) : misdemeanor imprisonment without work拘留刑(けい) : punishmentが確定したときは、先に刑(けい) : punishment執行する(しっこうする) : execute執行する懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮又は(または) : or又は拘留(こうりゅう) : misdemeanor imprisonment without work拘留刑(けい) : punishmentが確定してその(その) : his/her[人を指す場合]その執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行保護処分(ほごしょぶん) : protective measure保護処分がなされたときも、同様である。
(仮釈放)
第五十八条 少年(しょうねん) : juvenile少年のとき懲役(ちょうえき) : imprisonment with work懲役又は(または) : or又は禁錮(きんこ) : imprisonment without work禁錮言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた者については、次の期間(きかん) : period, period of time, term期間経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過した後、仮釈放(かりしゃくほう) : parole仮釈放することができる(することができる) : mayすることができる
一 無期刑(けい) : punishmentについては七年
二 第五十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により言い渡した有期の(ゆうきの) : for a definite term有期の刑(けい) : punishmentについては三年
三 第五十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により言い渡した刑(けい) : punishmentについては、その(その) : his/her[人を指す場合]その刑(けい) : punishment短期(たんき) : short term短期の三分の一
2 第五十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により無期刑(けい) : punishment言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた者については、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定(きてい) : provision規定適用(てきよう) : application適用しない。
(仮釈放期間の終了)
第五十九条 少年(しょうねん) : juvenile少年のとき無期刑(けい) : punishment言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた者が、仮釈放(かりしゃくほう) : parole仮釈放後、その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分を取り消されないで十年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受け終わつたものとする(とする) : shall beとする
2 少年(しょうねん) : juvenile少年のとき第五十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第五十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により有期の(ゆうきの) : for a definite term有期の刑(けい) : punishment言渡し(いいわたし) : rendition / 判決言渡し言渡しを受けた者が、仮釈放(かりしゃくほう) : parole仮釈放後、その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分を取り消されないで仮釈放(かりしゃくほう) : parole仮釈放前に刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受けた期間(きかん) : period, period of time, term期間と同一の期間(きかん) : period, period of time, term期間又は(または) : or又は第五十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項刑期(けいき) : term, term of sentence刑期若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第五十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項長期(ちょうき) : long term長期経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、その(その) : his/her[人を指す場合]そのいずれか早い時期において、刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受け終わつたものとする(とする) : shall beとする
(人の資格に関する法令の適用)
第六十条 少年(しょうねん) : juvenile少年のとき犯した罪(つみ) : crime, offenseにより刑(けい) : punishmentに処せられてその(その) : his/her[人を指す場合]その執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受け終り、又は(または) : or又は執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行免除(めんじょ) : immunity免除を受けた者は、人(ひと) : person資格(しかく) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格に関する法令(ほうれい) : laws and regulations法令適用(てきよう) : application適用については、将来に向つて刑(けい) : punishmentの言渡を受けなかつ(かつ) : andかつたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
2 少年(しょうねん) : juvenile少年のとき犯した罪(つみ) : crime, offenseについて刑(けい) : punishmentに処せられた者で刑(けい) : punishment執行猶予(しっこうゆうよ) : suspension of execution of the sentence執行猶予の言渡を受けた者は、その(その) : his/her[人を指す場合]その猶予期間(ゆうよきかん) : period of suspension, grace period猶予期間中、刑(けい) : punishment執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を受け終つたものとみなして、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定適用する(てきようする) : apply適用する
3 前項の場合において(ぜんこうのばあいにおいて) : in the case referred to in the preceding paragraph前項の場合において刑(けい) : punishment執行猶予(しっこうゆうよ) : suspension of execution of the sentence執行猶予の言渡を取り消されたときは、人(ひと) : person資格(しかく) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格に関する法令(ほうれい) : laws and regulations法令適用(てきよう) : application適用については、その(その) : his/her[人を指す場合]その取り消されたとき、刑(けい) : punishmentの言渡があつたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
第四章 雑則
(記事等の掲載の禁止)
第六十一条 家庭裁判所(かていさいばんしょ) : family court家庭裁判所審判(しんぱん) : trial[弁論等の手続に重きをおく場合] / その事件が審判、再審又は訴訟に係属している場合に限り, decision[結果に重きをおく場合] / 家庭裁判所の審判とみなす, trial and decision[「同時審判の申出」(民事訴訟法41条)など,「審判」で「弁論及び裁判」を意味する場合] / 少年法で定める少年の保護事件の審判, inquiry[調査に重きをおく場合] / 海難審判庁, hearing[主として裁判手続以外の審理の場合] / 公正取引委員会又は審判官は、適当と認めるときは、職権で、審判手続を併合し、又は分離することができる, adjudication[入管法の場合や家事審判の場合] / 外国の刑事事件の捜査又は審判: 家事審判法, ruling[審判手続全体ではなく審判の判断を指す場合], determination[行政機関による審判の場合], adjustment[火災保険の審判の場合]審判に付された少年(しょうねん) : juvenile少年又は(または) : or又は少年(しょうねん) : juvenile少年のとき犯した罪(つみ) : crime, offenseにより公訴を提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起された者については、氏名(しめい) : name氏名、年齢、職業、住居(じゅうきょ) : residence住居、容ぼう等によりその(その) : his/her[人を指す場合]その者が当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該事件(じけん) : case事件の本人(ひと) : personであることを推知することができる(することができる) : mayすることができるような記事又は(または) : or又は写真を新聞紙その(その) : his/her[人を指す場合]その他の出版(しゅっぱん) : publication出版物(もの) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]掲載(けいさい) : publication掲載してはならない(してはならない) : shall not / その権限は、…と解釈してはならない: 何人も…してはならないしてはならない