民事執行規則
昭和五十四年十一月八日最高裁判所規則第五号
目次
第一章 総則 (第一条-第十五条の二)
第二章 強制執行
第一節 総則 (第十六条-第二十二条の三)
第二節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第一款 不動産に対する強制執行
第一目 強制競売 (第二十三条-第六十二条)
第二目 強制管理 (第六十三条-第七十三条)
第二款 船舶に対する強制執行 (第七十四条-第八十三条)
第三款 航空機に対する強制執行 (第八十四条・第八十五条)
第四款 自動車に対する強制執行 (第八十六条-第九十七条)
第五款 建設機械及び小型船舶に対する強制執行 (第九十八条・第九十八条の二)
第六款 動産に対する強制執行 (第九十九条-第百三十二条)
第七款 債権及びその他の財産権に対する強制執行
第一目 債権執行等 (第百三十三条-第百四十九条の二)
第二目 少額訴訟債権執行 (第百四十九条の三-第百五十条)
第八款 振替社債等に関する強制執行 (第百五十条の二-第百五十条の八)
第九款 電子記録債権に関する強制執行 (第百五十条の九-第百五十条の十六)
第三節 金銭の支払を目的としない請求権についての強制執行 (第百五十一条-第百六十九条)
第三章 担保権の実行としての競売等 (第百七十条-第百八十一条)
第四章 財産開示手続 (第百八十二条-第百八十六条)
第一章 総則
(民事執行の申立ての方式)
第一条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保権の(実行) : performance, implementation, execution実行(及び) : and及び民法(明治二十九年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第八十九(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])、商法(明治三十二年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第四十八(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](その) : his/her[人を指す場合]その他の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律の(規定) : provision規定による(換価) : realization換価のための(競売) : auction競売(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(財産) : property / 出資は、金銭以外の財産ですることができない, assets / 抵当不動産以外の財産からの弁済財産(開示) : disclosure / 取締役は、次に掲げる場合には、株主総会において、当該取引につき重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない, discovery開示(以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「民事執行」という。)の(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
(裁判を告知すべき者の範囲)
第二条 次に掲げる(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判は、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る場合にあつては(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判の申立(人) : person(及び) : and及び(相手方) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対して、(その) : his/her[人を指す場合]その他の場合にあつては民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の申立(人) : person(及び) : and及び(相手方) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対して(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知(しなければならない) : shallしなければならない
一 (移送) : transfer, transportation移送(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
二 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(することができる) : mayすることができる(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(却下) : dismissal / 訴え却下却下する(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判を除く。)
三 民事執行法(昭和五十四年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「法」という。)第四十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百八十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
四 次に掲げる(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
イ (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第七(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第七(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の四第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(前段) : first sentence前段(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(及び) : and及びこの(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判がされた場合における(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の四第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(規定) : provision規定による(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てについての(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
ロ (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百三十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百五十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(及び) : and及びこれらの(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判がされた場合における(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百三十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百五十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の八第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(却下) : dismissal / 訴え却下却下する(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
ハ (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の十五第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(及び) : and及びこの(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判がされた場合における同(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(却下) : dismissal / 訴え却下却下する(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
五 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の十第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の十一第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の十二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
2 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続に関する(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判で前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるもの以外のものは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係るときは、申立(人) : personに対して(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知(しなければならない) : shallしなければならない
(催告及び通知)
第三条 民事訴訟規則(平成八年(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続における(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告(及び) : and及び(通知) : notice通知について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、同(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官」とあるのは「(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官」と読み替えるもの(とする) : shall beとする
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定にかかわらず、民事訴訟規則第四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百七十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告については準用せず、同(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則第四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、第五十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は第五十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらの(規定) : provision規定を準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(規定) : provision規定による(通知) : notice通知については準用しない。
(公告及び公示)
第四条 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続における(公告) : public notice公告は、(公告) : public notice公告(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した書面を(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所内の(公衆) : public公衆の見やすい場所に(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示して行う。
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(公告) : public notice公告をしたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(公告) : public notice公告の年月日を(記録) : record記録上明らかに(しなければならない) : shallしなければならない
3 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(…は、…と認めるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる / 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、相当と認めるときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を、日刊新聞紙に(掲載) : publication掲載し、(又は) : or又はインターネットを(利用) : utilization[原則] / 資源の有効な利用 / 適正かつ合理的な土地の利用, exploitation[知財関係] / 専用利用権利用する等の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により(公示) : public notice公示(することができる) : mayすることができる
一 (公告) : public notice公告(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(要旨) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨
二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](又は) : or又はこの(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則(規定) : provision規定により(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に備え置かれた(文書) : document文書(記録) : record記録されている(情報) : information情報の全部(又は) : or又は一部
三 前二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](に掲げるもののほか) : in addition to what is listed inに掲げるもののほか(公示) : public notice公示することが民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続の円滑な進行に(資する) : contribute資することとなる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
(執行抗告の提起期間の始期の特例)
第五条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(提起) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起(期間) : period, period of time, term期間は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(することができる) : mayすることができる者が(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知を受けるべき者でないときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知を受けるべきすべての者に(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知された日から進行する。
(執行抗告の理由の記載方法)
第六条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告の理由には、原(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(取消し) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し(又は) : or又は変更を求める事由を具体的に記載(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の事由が、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](令) : Cabinet Order(違反) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反であるときは(その) : his/her[人を指す場合]その(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](令) : Cabinet Order(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は内容(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](令) : Cabinet Order(違反) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反する事由を、(事実) : fact / 犯罪事実事実の誤認であるときは誤認(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(事実) : fact / 犯罪事実事実を摘示(しなければならない) : shallしなければならない
(執行抗告に係る事件記録の送付)
第七条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告があつた場合において、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(事件) : case事件(記録) : record記録(送付) : sending送付する必要がないと認めたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(事件) : case事件(記録) : record記録のみを(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(送付) : sending送付すれば(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(事件) : case事件(記録) : record記録(送付) : sending送付された場合において、(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(事件) : case事件(記録) : record記録が必要であると認めたときは、(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(速やかに) : promptly速やかに(その) : his/her[人を指す場合]その(送付) : sending送付(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に求めなければならない。
(民事執行事件記録の送付の特例)
第七条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第八(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告があつたときは、前(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定にかかわらず、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(事件) : case事件(記録) : record記録のみを(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(送付) : sending送付(するものとする) : shallするものとする
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の場合には、同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(記録) : record記録に、(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(事件) : case事件についての(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(意見) : opinion意見を記載した書面(及び) : and及び(抗告) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告(事件) : case事件(審理) : proceeding[一般的な場合], proceedings[一般的な場合], trial[民事訴訟法147条の2以下: 同法244条の場合]審理(参考) : reference / 参考書類参考となる(資料) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(執行異議の申立ての方式)
第八条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(異議) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、(期日) : date / 払込期日期日においてする場合を除き、(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(異議) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てをするときは、(異議) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議の理由を明らかに(しなければならない) : shallしなければならない
(代理人の許可の申立ての方式)
第九条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、(代理) : agency代理(人) : personとなるべき者の(氏) : surname名、(住所) : address, domicile住所、職業(及び) : and及び(人) : personとの関係(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(その) : his/her[人を指す場合]その者を(代理) : agency代理(人) : person(とする) : shall beとすることが必要であることの理由を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面には、本(人) : person(代理) : agency代理(人) : personとなるべき者との関係を証する(文書) : document文書(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(法第十五条第一項の最高裁判所規則で定める担保提供の方法)
第十条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保は、(発令) : issuance発令(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所(同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(発令) : issuance発令(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所をいう。(以下この…において同じ) : hereinafter the same shall apply in this …以下この条において同じ。)の(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を得て、(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保を立てるべきことを命じられた者が銀行、(保険) : insurance保険(会社) : company会社(株式) : share, stock株式(会社) : company会社商工(組合) : partnership[原則], union[労働組合等の場合], member[「組合」と呼ばれている社団の場合]組合中央金庫、農林中央金庫、全(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]を地区(とする) : shall beとする(信用) : trust/confidence/reputation[信じて任用すること], credit[給付と反対給付の間に時間的ずれのある交換を意味する]信用金庫(連合会) : federation / 日本弁護士連合会 / 協同組合連合会連合会(信用) : trust/confidence/reputation[信じて任用すること], credit[給付と反対給付の間に時間的ずれのある交換を意味する]信用金庫(又は) : or又は(労働) : labor労働金庫((以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「銀行等」という。)との間において次に掲げる(要件) : requirement要件を満たす支払(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証(委託) : entrustment, consignment委託(契約) : contract契約(締結) : concluding, conclusion, contract, contracting, execute, executing, execution, entering into締結する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]によつて立てることができる。
一 銀行等は、(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保を立てるべきことを命じられた者のために、(発令) : issuance発令(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が定めた(金額) : amount / 金額金額(限度) : limit / …に必要な限度において, to the extent necessary, to the extent necessary for限度として、(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(損害) : damage / 損害額損害(賠償) : compensation / 費用賠償賠償(請求) : request, demand, claim請求権についての(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その(損害) : damage / 損害額損害賠債(請求) : request, demand, claim請求権の(存在) : existence存在(確認) : confirmation, check確認する(確定判決) : final and binding judgment確定判決(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはこれと同一の(効力) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有するものに(表) : table示された額の(金銭) : money金銭(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(権利) : right権利者に支払うものであること。
二 (担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(取消し) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した時に(契約) : contract契約(効力) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力(消滅) : extinction[存在や権利等の消滅一般] / 債権の消滅, expiration[期間満了による消滅等] / 法律行為に終期を付したときは、その法律行為の効力は、期限が到来した時に消滅する, extinguishment[債務の弁済による消滅や契約の解除・取消による消滅] / 当該社債管理者の債権に係る債務について社債発行会社から担保の供与又は債務の消滅に関する行為を受けること, lapse[条件不成就や権利の不行使による権利・特権の消滅・失効] / 前項の規定による取消権は、当事者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を免れた後三箇月を経過し、又は追認をしたときは、消滅する消滅するものであること。
三 (契約) : contract契約の変更(又は) : or又は(解除) : cancellation解除(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないものであること。
四 (担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(権利) : right権利者の(申出) : offer, proposal, report申出があつたときは、銀行等は、(契約) : contract契約(締結) : concluding, conclusion, contract, contracting, execute, executing, execution, entering into締結されたことを証する(文書) : document文書(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(権利) : right権利者に(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付するものであること。
(送達場所等の届出の方式等)
第十条の二 民事訴訟規則第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び第四十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達を受けるべき場所の(届出) : notification, report届出(及び) : and及び(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達受取(人) : person(届出) : notification, report届出について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(送達できなかつた場合の調査)
第十条の三 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続において(文書) : document文書(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(その) : his/her[人を指す場合]その(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(文書) : document文書(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について利害関係を有する者に対し、(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達すべき場所について必要な調査を求めることができる。
(執行官が民事執行を開始する日時の指定)
第十一条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てがあつたときは、(速やかに) : promptly速やかに、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を開始する日時を定め、申立(人) : person(通知) : notice通知を要しない旨を申し出た場合を除き、これを申立(人) : person(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により定める日は、(やむを得ない) : inevitableやむを得ない事由がある場合を除き、(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てがあつた日から一週間以内の日と(しなければならない) : shallしなければならない
(民事執行の調書)
第十二条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所における(期日) : date / 払込期日期日については、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(調書) : written statement[供述調書], record調書を作成(しなければならない) : shallしなければならない
2 民事訴訟法(平成八年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第百九(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第百六十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに民事訴訟規則第六十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第六(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を除く。)(…から…までの規定) : provisions … to … inclusiveから第六十九条までの規定は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(調書) : written statement[供述調書], record調書について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
第十三条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を実施したときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(調書) : written statement[供述調書], record調書を作成(しなければならない) : shallしなければならない
一 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(着手) : start着手した日時(及び) : and及びこれを(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了した日時
二 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の場所(及び) : and及び(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]
三 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行に立ち会つた者の(表) : table
四 実施した民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の内容
五 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(着手) : start着手した後これを(停止) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止したときは、(その) : his/her[人を指す場合]その事由
六 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行に際し抵抗を受けたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及びこれに対して採つた(措置) : measure / 規制措置措置
七 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(目) : Division / 第1目的を達することができな(かつ) : andかつたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その事由
八 民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(続行) : continuation[原則], continuance[延期]続行することとしたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その事由
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行に立ち会つた者に、(調書) : written statement[供述調書], record調書(署名) : signature署名(押印) : seal押印させなければならない。この場合において、(その) : his/her[人を指す場合]その者が(署名) : signature署名(押印) : seal押印しな(かつ) : andかつたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(その) : his/her[人を指す場合]その事由を(調書) : written statement[供述調書], record調書に記載(しなければならない) : shallしなければならない
3 前二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等((法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)の実施については、(適用) : application適用しない。
4 第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、次に掲げる場合について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
一 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官が(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百七十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百八十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は第八十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第八十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは第百七十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(これらを準用し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その例による場合を含む。)の(規定) : provision規定による(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行した場合
二 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官が(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(明渡し) : vacation[不動産の自主的明渡しの場合], eviction[不動産の強制的明渡しの場合]明渡し(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告を実施した場合
(執行裁判所に対する民事執行の申立ての取下げの通知)
第十四条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に対する民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てが取り下げられたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を開始する(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達を受けた(相手方) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(執行官がした民事執行の手続の取消しの通知)
第十五条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続を取り消したときは、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の申立(人) : personに対し、(その) : his/her[人を指す場合]その理由を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
民事訴訟規則の準用)
第十五条の二 特別の定めがある場合を除き、民事(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続に関しては、民事訴訟規則(規定) : provision規定(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
第二章 強制執行
第一節 総則
(執行文付与の申立ての方式等)
第十六条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(付与) : grant付与(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者を特定(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない場合にあつては、(その) : his/her[人を指す場合]その旨)(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
二 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(表) : table
三 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項まで(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文の(付与) : grant付与を求めるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その事由
2 確定しなければ(その) : his/her[人を指す場合]その(効力) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を生じない(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義について前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てをするときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判が確定したことが(記録) : record記録上明らかであるときを除き、(申立書) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判の確定を証する(文書) : document文書(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
3 第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟における(確定判決) : final and binding judgment確定判決(又は) : or又は(仮執行) : provisional execution仮執行(宣言) : declaration宣言を付した(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟(判決) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(支払督促) : demand for payment支払督促(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付を更に求める場合について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(執行文の記載事項)
第十七条 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(請求) : request, demand, claim請求権の一部について(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文を(付与) : grant付与するときは、(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(することができる) : mayすることができる範囲を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文に記載(しなければならない) : shallしなければならない
2 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(表) : table示された(当事者) : party当事者以外の者を(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(又は) : or又は(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(とする) : shall beとする(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文を(付与) : grant付与する場合において、(その) : his/her[人を指す場合]その者に対し、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その者のために(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(することができる) : mayすることができることが(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人に明白であるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文に記載(しなければならない) : shallしなければならない
3 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文を(付与) : grant付与するときは、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文に記載(しなければならない) : shallしなければならない
4 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文には、(付与) : grant付与の年月日を記載して(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人が記名(押印) : seal押印(しなければならない) : shallしなければならない
(債務名義の原本への記入)
第十八条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文を(付与) : grant付与したときは、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(原本) : original原本(その) : his/her[人を指す場合]その旨、(付与) : grant付与の年月日(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文の通数を記載し、(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに次の各(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる場合に応じ、それぞれ(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載(しなければならない) : shallしなければならない
一 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(請求) : request, demand, claim請求権の一部について(付与) : grant付与したとき (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(することができる) : mayすることができる範囲
二 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(表) : table示された(当事者) : party当事者以外の者が(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(又は) : or又は(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者であるとき (その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称
三 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(付与) : grant付与したとき (その) : his/her[人を指す場合]その
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟における(確定判決) : final and binding judgment確定判決(又は) : or又は(仮執行) : provisional execution仮執行(宣言) : declaration宣言を付した(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟(判決) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(支払督促) : demand for payment支払督促(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本を更に(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付したときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(判決) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決(又は) : or又は(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(支払督促) : demand for payment支払督促(原本) : original原本(その) : his/her[人を指す場合]その旨、(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付の年月日(及び) : and及び(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付した(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本の通数を記載(しなければならない) : shallしなければならない
(執行文の再度付与等の通知)
第十九条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文を(付与) : grant付与したときは、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨、(その) : his/her[人を指す場合]その事由(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文の通数を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟における(確定判決) : final and binding judgment確定判決(又は) : or又は(仮執行) : provisional execution仮執行(宣言) : declaration宣言を付した(少額訴訟) : action on small claim, small claim action少額訴訟(判決) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(支払督促) : demand for payment支払督促(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本を更に(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付した場合について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
公証人法第五十七条ノ二第一項の最高裁判所規則で定める執行証書の正本等の送達方法)
第二十条 公証人法(明治四十一年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第五十三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第五十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2ノ二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則で定める方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]は、次(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項までの(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てに基づいてされる(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人による(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官による(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(及び) : and及び(公示) : public notice公示(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(とする) : shall beとする
2 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者が(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書の作成を(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人(嘱託) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託するために(その) : his/her[人を指す場合]その役場に(出頭) : appearance[裁判所への出頭], attendance[委員会等への出頭]出頭したときは、(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人に対し、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る公証人法第五十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2ノ二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(書類) : document書類について、(公証人) : notary / 公証人の職務に関する債権公証人自らが(その) : his/her[人を指す場合]その場で(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付してする(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(することができる) : mayすることができる
3 (債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達と同時に(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を実施することを求めるとき(その) : his/her[人を指す場合]その他必要があるときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対し、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(書類) : document書類(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(することができる) : mayすることができる
4 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(住所) : address, domicile住所(居所) : residence居所(その) : his/her[人を指す場合]その(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達をすべき場所が知れないとき、(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び公証人法第五十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2ノ二第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する民事訴訟法第百七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないとき、(又は) : or又は(外国) : foreign state / 外国において外国刑の確定裁判を受けその執行として拘禁されている日本国民等, foreign country / 外国の法令外国においてすべき(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について(その) : his/her[人を指す場合]その(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達が著しく困難であるときは、(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(書類) : document書類(公示) : public notice公示(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の普通(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判籍の所在地を(管轄) : jurisdiction管轄する地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所(この普通(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判籍がないときは、(請求) : request, demand, claim請求(目) : Division / 第1目(又は) : or又は差し押さえることができる(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(財産) : property / 出資は、金銭以外の財産ですることができない, assets / 抵当不動産以外の財産からの弁済財産の所在地を(管轄) : jurisdiction管轄する地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所)の(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を受けて、(その) : his/her[人を指す場合]その地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に所属する(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(書類) : document書類(公示) : public notice公示(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(することができる) : mayすることができる
5 民事訴訟法第百二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について、同(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2から第百三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2まで、第百五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第百六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第百七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに民事訴訟規則第四十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び第四十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について、同(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び第百十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則第四十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(公示) : public notice公示(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(強制執行の申立書の記載事項及び添付書類)
第二十一条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(申立書) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書には、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載し、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
一 (債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
二 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(表) : table
三 第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する場合を除き、(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(目) : Division / 第1目(とする) : shall beとする(財産) : property / 出資は、金銭以外の財産ですることができない, assets / 抵当不動産以外の財産からの弁済財産(表) : table(及び) : and及び求める(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]
四 (金銭) : money金銭の支払を(命ずる) : order命ずる(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(請求) : request, demand, claim請求権の一部について(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を求めるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その範囲
五 民法第四百十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(本文) : main clause本文(又は) : or又は第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(請求) : request, demand, claim請求(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行を求めるときは、求める(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判
(強制執行開始後の申立債権者の承継)
第二十二条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の開始後に申立(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に(承継) : succession[原則] / 相続その他の一般承継, assumption[債務の承継]承継があつた場合において、(承継) : succession[原則] / 相続その他の一般承継, assumption[債務の承継]承継(人) : personが自己のために(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(続行) : continuation[原則], continuance[延期]続行を求めるときは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行文の付された(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(特別代理人についての民事訴訟規則の準用)
第二十二条の二 民事訴訟規則第十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百九十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の特別(代理) : agency代理(人) : personについて(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(執行費用等の額を定める手続への民事訴訟規則の準用)
第二十二条の三 民事訴訟規則第二十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第二十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第二十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百九十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二百三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。(以下この…において同じ) : hereinafter the same shall apply in this …以下この条において同じ。)の(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(及び) : and及び(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分について、同(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則第二十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第九(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百九十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二百三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する民事訴訟法第七十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てについて(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
第二節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第一款 不動産に対する強制執行
第一目 強制競売
(申立書の添付書類)
第二十三条 (動産) : movables動産に対する(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売(申立書) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書には、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本のほか、次に掲げる(書類) : document書類(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
一 (登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記がされた不(動産) : movables動産については、(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明(及び) : and及び(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(記録) : record記録(表) : table題部に(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者以外の者が(所有者) : owner所有者として(記録) : record記録されている場合にあつては、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の所有に属することを証する(文書) : document文書
二 (登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記がされていない(土地) : land土地(又は) : or又は(建物) : building建物については、次に掲げる(書類) : document書類
イ (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の所有に属することを証する(文書) : document文書
ロ (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(土地) : land土地についての不動産登記令(平成十六年(政令) : Cabinet Order政令第三百七十九(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する(土地) : land土地所在図(及び) : and及び(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する地積(測量) : survey測量
ハ (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(建物) : building建物についての不動産登記令第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する(建物) : building建物図面(及び) : and及び(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する各階平面図(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(令) : Cabinet Order(表) : tableの三十二の(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(添付) : annexation, attachment添付(情報) : information情報(欄) : column / 第3欄(又は) : or又はニに掲げる(情報) : information情報を記載した書面
三 (土地) : land土地については、(その) : his/her[人を指す場合]その(土地) : land土地に存する(建物) : building建物(及び) : and及び立木(に関する法律) : Act on[原則] / 臓器の移植に関する法律, … Act[「に関する法律」を「…Act」とする翻訳がすでに海外において定着している場合] / 行政機関が行う政策の評価に関する法律に関する法律(明治四十二年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第二十二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定する立木((以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「立木」という。)の(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明
四 (建物) : building建物(又は) : or又は立木については、(その) : his/her[人を指す場合]その存する(土地) : land土地(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明
五 (動産) : movables動産に対して課される租(税) : tax(その) : his/her[人を指す場合]その他の(公課) : public charges公課の額を証する(文書) : document文書
(手続の進行に資する書類の提出)
第二十三条の二 申立(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に対し、次に掲げる(書類) : document書類(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(するものとする) : shallするものとする
一 (動産) : movables動産(不(動産) : movables動産(土地) : land土地である場合には(その) : his/her[人を指す場合]その上にある(建物) : building建物を、不(動産) : movables動産(建物) : building建物である場合には(その) : his/her[人を指す場合]その(敷地) : site敷地を含む。)(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る不動産登記法(平成十六年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第百二十三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の地図(又は) : or又は(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の地図(に準ずる) : equivalent[形容詞(同等の、類似の)] / これに準ずる方法, shall be dealt with in the same manner as[動詞(同様に扱う)] / 正犯に準ずるに準ずる図面(及び) : and及び(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(建物) : building建物所在図の(写し) : copy写し(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該地図、地図(に準ずる) : equivalent[形容詞(同等の、類似の)] / これに準ずる方法, shall be dealt with in the same manner as[動詞(同様に扱う)] / 正犯に準ずるに準ずる図面(又は) : or又は(建物) : building建物所在図が電磁的(記録) : record記録(記録) : record記録されているときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(記録) : record記録された(情報) : information情報の内容を(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明した書面)
二 (債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(住民) : resident[一次的な居住者], inhabitant[長期的な定住者]住民票の(写し) : copy写し(その) : his/her[人を指す場合]その(その) : his/her[人を指す場合]その(住所) : address, domicile住所を証するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(文書) : document文書
三 (動産) : movables動産の所在地に至るまでの通常の経路(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]を記載した図面
四 申立(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者が不(動産) : movables動産の現況の調査(又は) : or又は(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価をした場合において(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該調査の結果(又は) : or又は(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価を記載した(文書) : document文書を保有するときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(文書) : document文書
(開始決定の通知)
第二十四条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされた不(動産) : movables動産について(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理の差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(管理) : administration, management管理(人) : personに対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない(担保) : security / 家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる, warranty[瑕疵担保責任の場合] / 他人の権利の売買における売主の担保責任, collateral[担保物,担保物件という意味で担保という語を使用する場合] / 清算株式会社以外の者が協定債権者のために提供した担保担保(動産) : movables動産(収益) : profit[収められた利益], profit-making[利益を収めること], gain[利益が不法な場合]収益(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされた不(動産) : movables動産について(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされたときも、(同様とする) : the same shall apply to同様とする
(二重開始決定等の通知)
第二十五条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、先の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 先の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売(又は) : or又は(競売) : auction競売(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続(停止) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、後の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
3 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判がされたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(配当要求の方式)
第二十六条 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当要求は、(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(利息) : interest利息(その) : his/her[人を指す場合]その他の(附帯の) : incidental附帯の(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権を含む。)の(原因) : cause, source原因(及び) : and及び額を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
(配当要求の通知)
第二十七条 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当要求があつたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(売却のための保全処分等の申立ての方式等)
第二十七条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (当事者) : party当事者(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(相手方) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方を特定(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない場合にあつては、(その) : his/her[人を指す場合]その旨)(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
二 (申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(趣旨) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨(及び) : and及び理由
三 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(事件) : case事件(表) : table
四 (動産) : movables動産(表) : table
2 (申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ての理由においては、(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てを理由付ける(事実) : fact / 犯罪事実事実を具体的に記載し、(かつ) : andかつ、立証を要する事由ごとに(証拠) : evidence証拠を記載(しなければならない) : shallしなければならない
(公示保全処分の執行方法)
第二十七条の三 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(公示) : public notice公示(保全) : preservation[原則], conservation[自然環境保護などの場合]保全(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行するときは、滅失(又は) : or又は破損しにくい方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により(標識) : sign標識(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示(しなければならない) : shallしなければならない
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(公示) : public notice公示(保全) : preservation[原則], conservation[自然環境保護などの場合]保全(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行するときは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(公示) : public notice公示(その) : his/her[人を指す場合]その他の(標識) : sign標識に、(標識) : sign標識(損壊) : damage損壊に対する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律上の制裁(その) : his/her[人を指す場合]その他の(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官が必要と認める事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載(することができる) : mayすることができる
(相手方不特定の保全処分等を執行した場合の届出)
第二十七条の四 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の(規定) : provision規定による(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行したときは、(速やかに) : promptly速やかに(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の(規定) : provision規定により(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(相手方) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方となつた者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(その) : his/her[人を指す場合]その他の(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該者を特定するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に届け出なければならない。
(職務執行区域外における現況調査)
第二十八条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、不(動産) : movables動産の現況調査のため必要があるときは、所属の地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(管轄) : jurisdiction管轄(区域) : area, zone / 通行禁止区域等, section区域外で(職務) : duty, practice[弁護士等の専門職の場合] / 法律事務を行うことを職務とする職務を行うことができる。
(現況調査報告書)
第二十九条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、不(動産) : movables動産の現況調査をしたときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した現況調査(報告) : report / 報告義務報告書を所定の日までに(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 (動産) : movables動産(表) : table
三 調査の日時、場所(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]
四 調査の(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物](土地) : land土地であるときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
イ (土地) : land土地(形状) : shape形状(及び) : and及び現況地(目) : Division / 第1目
ロ (占有) : possession占有者の(表) : table(及び) : and及び(占有) : possession占有の状況
ハ (占有) : possession占有者が(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者以外の者であるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その者の(占有) : possession占有の開始時期、(権原) : title / 権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、, authority / その取引によって取得した権原の範囲内権原の有無(及び) : and及び(権原) : title / 権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、, authority / その取引によって取得した権原の範囲内権原の内容の(細目) : details細目についての(関係人) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人(陳述) : statement陳述(又は) : or又は(関係人) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人(提示) : presentation, production, showing, making available提示(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(文書) : document文書(要旨) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官の(意見) : opinion意見
ニ (土地) : land土地(建物) : building建物が存するときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(建物) : building建物(種類) : kind[原則] / 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる, type[類型] / 商品の種類及びその性能若しくは品質又は権利若しくは役務の種類及びこれらの内容その他これらに類するものとして経済産業省令で定める事項, class[部類] / 株式の種類及び数, species[生物学的分類] / 家畜の種類種類(構造) : structure構造、床面積の概略(及び) : and及び(所有者) : owner所有者(表) : table
五 調査の(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物](建物) : building建物であるときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
イ (建物) : building建物(種類) : kind[原則] / 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる, type[類型] / 商品の種類及びその性能若しくは品質又は権利若しくは役務の種類及びこれらの内容その他これらに類するものとして経済産業省令で定める事項, class[部類] / 株式の種類及び数, species[生物学的分類] / 家畜の種類種類(構造) : structure構造(及び) : and及び床面積の概略
ロ (号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及びハに掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
ハ (敷地) : site敷地(所有者) : owner所有者(表) : table
ニ (敷地) : site敷地(所有者) : owner所有者(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者以外の者であるときは、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(敷地) : site敷地に対する(占有) : possession占有(権原) : title / 権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、, authority / その取引によって取得した権原の範囲内権原の有無(及び) : and及び(権原) : title / 権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、, authority / その取引によって取得した権原の範囲内権原の内容の(細目) : details細目についての(関係人) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人(陳述) : statement陳述(又は) : or又は(関係人) : relevant person, person concerned / 事件関係人, interested person[利害関係人]関係人(提示) : presentation, production, showing, making available提示(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(文書) : document文書(要旨) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官の(意見) : opinion意見
六 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(動産) : movables動産について、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(占有) : possession占有を解いて(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に保管させる(仮処分) : provisional disposition仮処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行されているときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官が保管を開始した年月日
七 (その) : his/her[人を指す場合]その(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が定めた事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
2 現況調査(報告) : report / 報告義務報告書には、調査の(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物]である(土地) : land土地(又は) : or又は(建物) : building建物の見取図(及び) : and及び写真を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(評価の方法)
第二十九条の二 (評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(人) : personは、(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価をするに際し、不(動産) : movables動産の所在する場所の(環境) : environment環境(その) : his/her[人を指す場合]その(種類) : kind[原則] / 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる, type[類型] / 商品の種類及びその性能若しくは品質又は権利若しくは役務の種類及びこれらの内容その他これらに類するものとして経済産業省令で定める事項, class[部類] / 株式の種類及び数, species[生物学的分類] / 家畜の種類種類(規模) : scale, size規模(構造) : structure構造等に応じ、(取引) : trade, business, transaction, dealings取引事例比較(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](収益) : profit[収められた利益], profit-making[利益を収めること], gain[利益が不法な場合]収益還元(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]、原価(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](その) : his/her[人を指す場合]その他の(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]を適切に用いなければならない。
(評価書)
第三十条 (評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(人) : personは、不(動産) : movables動産(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価をしたときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書を所定の日までに(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 (動産) : movables動産(表) : table
三 (動産) : movables動産の評(価額) : market value, value価額(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価の年月(目) : Division / 第1目
四 (動産) : movables動産の所在する場所の(環境) : environment環境(概要) : outline, description, summary概要
五 (評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物](土地) : land土地であるときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
イ 地積
ロ 都市計画法(昭和四十三年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第百(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])、建築基準法(昭和二十五年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第二百一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](その) : his/her[人を指す場合]その他の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](令) : Cabinet Order(に基づく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく制限の有無(及び) : and及び内容
ハ 規準とした(公示) : public notice公示(価格) : price[品物の価格・値段] / 市場価格ある株式, value[金銭的価値]価格(その) : his/her[人を指す場合]その他の(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(参考) : reference / 参考書類参考とした事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
六 (評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(目) : Division / 第1目(物) : object[有体物], thing[物全般] / この法律において「物」とは、有体物をいう, article[物全般], property[財産価値のある物](建物) : building建物であるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(種類) : kind[原則] / 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる, type[類型] / 商品の種類及びその性能若しくは品質又は権利若しくは役務の種類及びこれらの内容その他これらに類するものとして経済産業省令で定める事項, class[部類] / 株式の種類及び数, species[生物学的分類] / 家畜の種類種類(構造) : structure構造(及び) : and及び床面積(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに残存(耐用年数) : durable years[原則], useful life[文化財保護などの場合]耐用年数(その) : his/her[人を指す場合]その他の(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(参考) : reference / 参考書類参考とした事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
七 (価額) : market value, value価額の算出の(過程) : process過程
八 (その) : his/her[人を指す場合]その(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が定めた事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
2 (評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書には、不(動産) : movables動産(形状) : shape形状を示す図面(及び) : and及び(動産) : movables動産の所在する場所の周辺の概況を示す図面を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(執行官及び評価人相互の協力)
第三十条の二 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(人) : personは、現況調査(又は) : or又は(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価をするに際し、それぞれの事務が円滑に処理されるようにするため、(相互に) : mutually相互に必要な(協力) : cooperation協力(しなければならない) : shallしなければならない
(売却基準価額の変更の方法)
第三十条の三 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(売却) : sale売却を実施させても(適法な) : legal, legitimate, lawful, valid適法な買受けの(申出) : offer, proposal, report申出がな(かつ) : andかつた場合((買受人) : purchaser買受人(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付しな(かつ) : andかつた場合を含む。)において、不(動産) : movables動産の現況、(利用) : utilization[原則] / 資源の有効な利用 / 適正かつ合理的な土地の利用, exploitation[知財関係] / 専用利用権利用状況、(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続(経過) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過(その) : his/her[人を指す場合]その他諸般の(事情) : circumstance事情を考慮して、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)により更に(売却) : sale売却を実施させても(売却) : sale売却の見込みがないと認めるときは、(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の記載を(参考) : reference / 参考書類参考にして、(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額を変更(することができる) : mayすることができる。この場合においては、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書を(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出した(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価(人) : person(意見) : opinion意見を聴くことができる。
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(聴取) : hearing / 意見聴取聴取をするときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に命じて行わせることができる。
(物件明細書の内容と売却基準価額の決定の内容との関係についての措置)
第三十条の四 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額を定めるに当たり、(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書に記載された事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容が(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定の基礎となる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容と異なると認めるときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定において、各事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容が異なる旨(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その異なる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容を明らかに(しなければならない) : shallしなければならない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の場合には、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する各事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容が異なる旨(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その異なる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の内容の(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書への(付記) : supplementary note付記、これらを記載した(書面の) : written …, … in writing書面の(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書への(添付) : annexation, attachment添付(その) : his/her[人を指す場合]その他これらを(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書上明らかにするものとして相当と認める(措置) : measure / 規制措置措置を講じなければならない。
(物件明細書の内容の公開等)
第三十一条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則で定める(措置) : measure / 規制措置措置は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する電子(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算機と(情報) : information情報の提供を受ける者が(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する電子(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算機とを電気(通信) : communication[原則], telecommunications[電気通信・遠距離通信], correspondence[文書等による通信]通信回線で(接続) : interconnection接続した電子(情報) : information情報処理(組織) : organization / 下部組織組織(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する(措置) : measure / 規制措置措置であつて、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該電気(通信) : communication[原則], telecommunications[電気通信・遠距離通信], correspondence[文書等による通信]通信回線を通じて(情報) : information情報が送信され、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(情報) : information情報の提供を受ける者の(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する電子(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算機に備えられたファイルに(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(情報) : information情報(記録) : record記録されるもののうち、次のいずれにも該当(するものとする) : shallするものとする
一 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する電子(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算機に備えられたファイルに(記録) : record記録された(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書の内容(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(情報) : information情報を電気(通信) : communication[原則], telecommunications[電気通信・遠距離通信], correspondence[文書等による通信]通信回線を通じて(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(情報) : information情報の提供を受ける者の(閲覧) : inspection閲覧に供し、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(情報) : information情報の提供を受ける者の(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用する電子(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算機に備えられたファイルに(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(情報) : information情報(記録) : record記録するもの
二 インターネットに(接続) : interconnection接続された自動(公衆) : public公衆送信装置(著作権法(昭和四十五年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第四十八(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第九(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]の五イに(規定) : provision規定する自動(公衆) : public公衆送信装置をいう。)を(使用) : use[原則], employment[雇用関係の場合]使用するもの
2 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書(写し) : copy写しの備置き(又は) : or又は(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(措置) : measure / 規制措置措置は、(売却) : sale売却の実施の日の一週間前までに開始(しなければならない) : shallしなければならない
3 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の備置き(又は) : or又は(措置) : measure / 規制措置措置を実施している(期間) : period, period of time, term期間中、現況調査(報告) : report / 報告義務報告(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の(写し) : copy写し(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に備え置いて一般の(閲覧) : inspection閲覧に供し、(又は) : or又は(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該現況調査(報告) : report / 報告義務報告(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の内容(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(情報) : information情報について第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(措置) : measure / 規制措置措置(に準ずる) : equivalent[形容詞(同等の、類似の)] / これに準ずる方法, shall be dealt with in the same manner as[動詞(同様に扱う)] / 正犯に準ずるに準ずる(措置) : measure / 規制措置措置を講じなければならない。
4 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書、現況調査(報告) : report / 報告義務報告(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の内容が(公開) : opening to the public[原則] / 審判は、これを公開しなければならない, disclosure[情報公開] / 行政機関の保有する情報の公開公開されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(その) : his/her[人を指す場合]その(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(公開) : opening to the public[原則] / 審判は、これを公開しなければならない, disclosure[情報公開] / 行政機関の保有する情報の公開公開の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](及び) : and及び年月日を(記録) : record記録上明らかに(しなければならない) : shallしなければならない
(剰余を生ずる見込みがない場合等の保証提供の方法等)
第三十二条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証は、次に掲げるものを(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により提供(しなければならない) : shallしなければならない
一 (金銭) : money金銭
二 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が相当と認める有価(証券) : securities証券
三 銀行等が差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者のために一定の額の(金銭) : money金銭(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告により(納付) : payment納付する旨の(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限の定めのない支払(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証(委託) : entrustment, consignment委託(契約) : contract契約が差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者と銀行等との間において(締結) : concluding, conclusion, contract, contracting, execute, executing, execution, entering into締結されたことを証する(文書) : document文書
2 民事訴訟法第八十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(本文) : main clause本文(規定) : provision規定は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(買受けの申出をすることができる者の制限)
第三十三条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](令) : Cabinet Order(規定) : provision規定により(その) : his/her[人を指す場合]その(取得) : acquisition取得が制限されている不(動産) : movables動産については、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(することができる) : mayすることができる者を所定の(資格) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格を有する者(に限る) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。) / ただし、第5条に規定する場合に限るに限ることができる。
(入札の種類)
第三十四条 (動産) : movables動産(売却) : sale売却するための(入札) : bid入札は、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札をさせた後開札を行う(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(及び) : and及び(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間内に(入札) : bid入札をさせて開札(期日) : date / 払込期日期日に開札を行う(期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札(とする) : shall beとする
(入札期日の指定等)
第三十五条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により不(動産) : movables動産(売却) : sale売却するときは、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日を定めなければならない。
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日(指定) : designation指定するときは、(やむを得ない) : inevitableやむを得ない事由がある場合を除き、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日から一週間以内の日を(指定) : designation指定(しなければならない) : shallしなければならない
(期日入札の公告等)
第三十六条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日(及び) : and及び(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日(次条) : immediately following Article, the following Article次条において「(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日等」という。)を定めたときは、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日の二週間前までに、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項のほか、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(公告) : public notice公告(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 (売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日を開く日時(及び) : and及び場所
三 (買受可能価額) : minimum purchase price買受可能価額(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(買受可能価額) : minimum purchase price買受可能価額をいう。)
四 買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の額(及び) : and及び提供の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]
五 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定により不(動産) : movables動産を一括して(売却) : sale売却することを定めたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その
六 第三十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定により買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(することができる) : mayすることができる者の(資格) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格を制限したときは、(その) : his/her[人を指す場合]その制限の内容
七 (動産) : movables動産に対して課される租(税) : tax(その) : his/her[人を指す場合]その他の(公課) : public charges公課の額
八 (物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書、現況調査(報告) : report / 報告義務報告(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の内容が(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日の一週間前までに(公開) : opening to the public[原則] / 審判は、これを公開しなければならない, disclosure[情報公開] / 行政機関の保有する情報の公開公開される旨(及び) : and及び(公開) : opening to the public[原則] / 審判は、これを公開しなければならない, disclosure[情報公開] / 行政機関の保有する情報の公開公開の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、不(動産) : movables動産所在地の(市町村) : municipality市町村に対し、(公告) : public notice公告(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した書面を(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(市町村) : municipality市町村(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示場に(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示するよう(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日の二週間前までに(嘱託) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託(しなければならない) : shallしなければならない。ただし、(公告) : public notice公告(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(要旨) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨(及び) : and及び(動産) : movables動産の買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(参考) : reference / 参考書類参考となるべき事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(公示) : public notice公示したときは、この限りでない。
(入札期日等の通知)
第三十七条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日等を定めたときは、次に掲げる者に対し、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日等を開く日時(及び) : and及び場所を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
一 差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務
二 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当要求をしている(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権
三 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(動産) : movables動産について(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押え(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記前に(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記がされた(権利) : right権利を有する者
四 知れている抵当(証券) : securities証券(所持) : possession / 占有権は、占有者が占有の意思を放棄し、又は占有物の所持を失うことによって消滅する, direct control / 代理人が占有物の所持を失ったこと, direct control over things / 代理人が占有物の所持を失ったこと所持(人) : person(及び) : and及び(裏書) : endorsement裏書(人) : person
五 (その) : his/her[人を指す場合]その(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が相当と認める者
(期日入札における入札)
第三十八条 (期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札における(入札) : bid入札は、(入札) : bid入札書を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に差し出す方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により行う。
2 (入札) : bid入札書には、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載(しなければならない) : shallしなければならない
一 (入札) : bid入札(人) : person(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
二 (代理) : agency代理(人) : personによつて(入札) : bid入札をするときは、(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
三 (事件) : case事件(表) : table(その) : his/her[人を指す場合]その他の不(動産) : movables動産を特定するために必要な事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
四 (入札) : bid入札(価額) : market value, value価額
3 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personである(入札) : bid入札(人) : personは、(代表者) : representative / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。, representative person / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。代表者(資格) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格を証する(文書) : document文書(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
4 (入札) : bid入札(人) : person(代理) : agency代理(人) : personは、(代理) : agency代理権を証する(文書) : document文書(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
5 (共同して) : in concerted action / 各国政府と共同して国際的に整合のとれた知的財産に係る制度の構築に努める, in concert with / 他の事業者と共同して, jointly / 取締役と共同して, connectedly共同して(入札) : bid入札をしよう(とする) : shall beとする者は、あらかじめ、これらの者の関係(及び) : and及び(持分) : share, interest, equity interest, undivided interest, equity持分を明らかにして(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官の(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を受けなければならない。
6 (入札) : bid入札(人) : personは、(住民) : resident[一次的な居住者], inhabitant[長期的な定住者]住民票の(写し) : copy写し(その) : his/her[人を指す場合]その(その) : his/her[人を指す場合]その(住所) : address, domicile住所を証するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(文書) : document文書(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(するものとする) : shallするものとする
7 (入札) : bid入札は、変更し、(又は) : or又は(取り消す) : rescind, revoke, set aside取り消すことができない。
(期日入札における買受けの申出の保証の額)
第三十九条 (期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札における買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の額は、(売却) : sale売却(基準) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準(価額) : market value, value価額の十分の二(とする) : shall beとする
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(…は、…と認めるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる / 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、相当と認めるときは、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の額(を超える) : exceedingを超える(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の額を定めることができる。
(期日入札における買受けの申出の保証の提供方法)
第四十条 (条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証は、(入札) : bid入札書を差し出す際に次に掲げるもの((以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「保証金等」という。)を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により提供(しなければならない) : shallしなければならない
一 (金銭) : money金銭
二 銀行(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の定める(金融機関) : financial institution金融機関が自己を支払(人) : personとして振り出した(持参人) : bearer持参人払式の一般線引(小切手) : check小切手で、(提示) : presentation, production, showing, making available提示(期間) : period, period of time, term期間(満了) : expiration / 期間満了の日満了までに五日以上の(期間) : period, period of time, term期間のあるもの
三 銀行(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の定める(金融機関) : financial institution金融機関(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(預金) : deposit預金口座のある銀行を支払(人) : personとして振り出した(持参人) : bearer持参人払式の一般線引(小切手) : check小切手で、(提示) : presentation, production, showing, making available提示(期間) : period, period of time, term期間(満了) : expiration / 期間満了の日満了までに五日以上の(期間) : period, period of time, term期間のあるもの
四 銀行等が買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をしよう(とする) : shall beとする者のために一定の額の(金銭) : money金銭(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告により(納付) : payment納付する旨の(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限の定めのない支払(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証(委託) : entrustment, consignment委託(契約) : contract契約が買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をしよう(とする) : shall beとする者と銀行等との間において(締結) : concluding, conclusion, contract, contracting, execute, executing, execution, entering into締結されたことを証する(文書) : document文書
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(…は、…と認めるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる / 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、相当と認めるときは(金銭) : money金銭(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証を提(供する) : provide / 公務所の用に供する文書供することができない旨を定めることができる。
(入札期日の手続)
第四十一条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(入札) : bid入札(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告をした後二十分を(経過) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過しなければ、(入札) : bid入札を締め切つてはならない。
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、開札に際しては、(入札) : bid入札をした者を立ち会わせなければならない。この場合において、(入札) : bid入札をした者が立ち会わないときは、適当と認められる者を立ち会わせなければならない。
3 開札が終わつたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定め、(その) : his/her[人を指す場合]その(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(入札) : bid入札(価額) : market value, value価額を告げ、(かつ) : andかつ、次(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定する次(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)を(することができる) : mayすることができる(入札) : bid入札(人) : personがある場合にあつては、(その) : his/her[人を指す場合]その(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(入札) : bid入札(価額) : market value, value価額を告げて次(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告した後、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了を宣(しなければならない) : shallしなければならない
(期日入札における最高価買受申出人等の決定)
第四十二条 最高の(価額) : market value, value価額で買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした(入札) : bid入札(人) : personが二(人) : person以上あるときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、これらの者に更に(入札) : bid入札をさせて最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定める。この場合においては、(入札) : bid入札(人) : personは、先の(入札) : bid入札(価額) : market value, value価額(に満たない) : less than[原則] / 一株に満たない端数, under[年齢の場合] / 14歳に満たない者に満たない(価額) : market value, value価額による(入札) : bid入札(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない / その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(入札) : bid入札(人) : personの全員が(入札) : bid入札をしないときは、くじで最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定める。同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(入札) : bid入札において最高の(価額) : market value, value価額で買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした(入札) : bid入札(人) : personが二(人) : person以上あるときも、(同様とする) : the same shall apply to同様とする
3 (順位) : order[原則], rank[序列]順位買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした(入札) : bid入札(人) : personが二(人) : person以上あるときは、くじで次(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定める。
(入札期日を開く場所における秩序維持)
第四十三条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日を開く場所における秩序を(維持) : maintenance維持するため必要があると認めるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その場所に参集した者に対し(身分) : status身分に関する(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明を求め、(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に対し(援助) : assistance, support援助を求めることができる。
(期日入札調書)
第四十四条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札を実施したときは、(速やかに) : promptly速やかに、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(調書) : written statement[供述調書], record調書を作成し、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
一 (動産) : movables動産(表) : table
二 (入札) : bid入札(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告をした日時(及び) : and及び(入札) : bid入札を締め切つた日時
三 最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
四 最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(入札) : bid入札(価額) : market value, value価額(及び) : and及び買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の提供方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]
五 (適法な) : legal, legitimate, lawful, valid適法な(入札) : bid入札がな(かつ) : andかつたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その
六 第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(後段) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段(規定) : provision規定により(入札) : bid入札をした者以外の者を開札に立ち会わせたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その者の(表) : table
七 第四十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定により最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(又は) : or又は(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定めたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その
八 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定する(措置) : measure / 規制措置措置を採つたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その理由(及び) : and及び採つた(措置) : measure / 規制措置措置
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(又は) : or又はこれらの(代表者) : representative / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。, representative person / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。代表者(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(代理) : agency代理(人) : personに、(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(調書) : written statement[供述調書], record調書(署名) : signature署名(押印) : seal押印させなければならない。この場合においては、第十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(後段) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段(規定) : provision規定(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
3 (期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(調書) : written statement[供述調書], record調書には、(入札) : bid入札書を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(期日入札における買受けの申出の保証の返還等)
第四十五条 最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person以外の(入札) : bid入札(人) : personから(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了(直ちに) : immediately直ちに(申出) : offer, proposal, report申出があつたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(速やかに) : promptly速やかに(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証金等を(返還) : return[原則], refund[金銭の返還]返還(しなければならない) : shallしなければならない
2 (保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証金等の(返還) : return[原則], refund[金銭の返還]返還(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る受取証は、(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(調書) : written statement[供述調書], record調書(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
3 第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(入札) : bid入札(人) : person(返還) : return[原則], refund[金銭の返還]返還した(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証金等以外の(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証金等については、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(速やかに) : promptly速やかに、これを(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
(入札期間及び開札期日の指定等)
第四十六条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により不(動産) : movables動産(売却) : sale売却するときは、(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間(及び) : and及び開札(期日) : date / 払込期日期日を定めなければならない。この場合において、(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間は、一週間以上一月以内の範囲内で定め、開札(期日) : date / 払込期日期日は、(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間(満了) : expiration / 期間満了の日満了後一週間以内の日と(しなければならない) : shallしなければならない
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日(指定) : designation指定するときは、(やむを得ない) : inevitableやむを得ない事由がある場合を除き、開札(期日) : date / 払込期日期日から一週間以内の日を(指定) : designation指定(しなければならない) : shallしなければならない
(期間入札における入札の方法)
第四十七条 (期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札における(入札) : bid入札は、(入札) : bid入札書を入れて封をし、開札(期日) : date / 払込期日期日を記載した封筒を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に差し出す方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その封筒を他の封筒に入れて(郵便) : mail郵便(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは民間事業者による信書の送達に関する法律(平成十四年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第九十九(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する一般(信書) : confidential correspondence, correspondence信書便(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第九(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する特定(信書) : confidential correspondence, correspondence信書便(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業者による同(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(信書) : confidential correspondence, correspondence信書便により(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(送付) : sending送付する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により行う。
(期間入札における買受けの申出の保証の提供方法)
第四十八条 (期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札における買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(預金) : deposit預金口座に一定の額の(金銭) : money金銭を振り込んだ旨の(金融機関) : financial institution金融機関(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明(又は) : or又は第四十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](文書) : document文書を、(入札) : bid入札書を入れて封をし、開札(期日) : date / 払込期日期日を記載した封筒と共に(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により提供(しなければならない) : shallしなければならない
(期日入札の規定の準用)
第四十九条 第三十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第三十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第三十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第七(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項まで、第三十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第四十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2から第四十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を除く。)までの(規定) : provision規定(期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札について、第四十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(期間) : period, period of time, term期間(入札) : bid入札における買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証として第四十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](文書) : document文書(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出された場合について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、第三十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2中「(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日の」とあるのは、「(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間の開始の日の」と読み替えるもの(とする) : shall beとする
(競り売り)
第五十条 (動産) : movables動産(売却) : sale売却するための競り売りは、競り売り(期日) : date / 払込期日期日に買受けの(申出) : offer, proposal, report申出の額を競り上げさせる方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により行う。
2 買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした者は、より高額の買受けの(申出) : offer, proposal, report申出があるまで、(申出) : offer, proposal, report申出の額に(拘束) : binding[原則] / 上級審の裁判の拘束力, custody[拘禁] / 被疑者が身体を拘束された時から四十八時間以内, restraint[直接的な身体拘束] / 身体の拘束, restriction[制限] / 再販売価格の拘束拘束される。
3 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出の額のうち最高のものを三回呼び上げた後、(その) : his/her[人を指す場合]その(申出) : offer, proposal, report申出をした者を最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personと定め、(その) : his/her[人を指す場合]その(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び買受けの(申出) : offer, proposal, report申出の額を告げなければならない。
4 第三十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2から第三十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2まで、第三十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項まで、第三十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第四十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第四十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第四十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(第二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]、第六(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第七(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を除く。)(及び) : and及び第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第四十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は、競り売りについて(準用する) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、第四十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「開札が終わつたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personを定め、(その) : his/her[人を指す場合]その(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(入札) : bid入札(価額) : market value, value価額を告げ、(かつ) : andかつ」とあるのは、「(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は」と読み替えるもの(とする) : shall beとする
(入札又は競り売り以外の方法による売却)
第五十一条 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(入札) : bid入札(又は) : or又は競り売りの方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により(売却) : sale売却を実施させても(適法な) : legal, legitimate, lawful, valid適法な買受けの(申出) : offer, proposal, report申出がな(かつ) : andかつたとき((買受人) : purchaser買受人(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付しな(かつ) : andかつたときを含む。)は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対し、(やむを得ない) : inevitableやむを得ない事由がある場合を除き、三月以内の(期間) : period, period of time, term期間を定め、他の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により不(動産) : movables動産(売却) : sale売却を実施すべき旨を(命ずる) : order命ずることができる。この場合においては、(売却) : sale売却の実施の方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](その) : his/her[人を指す場合]その他の(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2件を付(することができる) : mayすることができる
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却の実施を命じよう(とする) : shall beとするときは、あらかじめ、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者の(意見) : opinion意見を聴かなければならない。ただし、(その) : his/her[人を指す場合]その者が、(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(競売) : auction競売(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てに際し、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(売却) : sale売却の実施について(意見) : opinion意見を述べたときは、この限りでない。
3 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(本文) : main clause本文(規定) : provision規定する場合には、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の額を定めなければならない。
4 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の買受けの(申出) : offer, proposal, report申出(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証は、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出の際に(金銭) : money金銭(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が相当と認める有価(証券) : securities証券(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]により提供(しなければならない) : shallしなければならない
5 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却の実施を命じたときは、各(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
6 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分に基づいて不(動産) : movables動産(売却) : sale売却を実施した場合において、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出があつたときは、(速やかに) : promptly速やかに、不(動産) : movables動産(表) : table示、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに買受けの(申出) : offer, proposal, report申出の額(及び) : and及び年月日を記載した(調書) : written statement[供述調書], record調書を作成し、(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証として(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出された(金銭) : money金銭(又は) : or又は有価(証券) : securities証券と共にこれを(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
7 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(調書) : written statement[供述調書], record調書(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出されたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(遅滞) : delay / 遅滞なく遅滞なく、(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日を定めなければならない。
8 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日が定められたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、第三十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる者(及び) : and及び買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をした者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(期日) : date / 払込期日期日を開く日時(及び) : and及び場所を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
9 第四十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(調書) : written statement[供述調書], record調書について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(内覧実施命令)
第五十一条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 申立(人) : person(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
二 (事件) : case事件(表) : table
三 (動産) : movables動産(表) : table
四 (動産) : movables動産(占有) : possession占有者を特定するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項であつて、申立(人) : personに知れているもの((占有) : possession占有者がいないときは、(その) : his/her[人を指す場合]その旨)
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、各回の(売却) : sale売却の実施につき、(売却) : sale売却を実施させる旨の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分の時までに(しなければならない) : shallしなければならない
3 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、不(動産) : movables動産の一部について内覧を実施すべきときは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令において、内覧を実施する部分を特定(しなければならない) : shallしなければならない
4 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令があつたときは、知れている(占有) : possession占有者に対し、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令の内容を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により同(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令(取り消す) : rescind, revoke, set aside取り消す旨の(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつたときについても、(同様とする) : the same shall apply to同様とする
(執行官による内覧の実施)
第五十一条の三 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令があつたときは、(遅滞) : delay / 遅滞なく遅滞なく、内覧への(参加) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加(申出) : offer, proposal, report申出をすべき(期間) : period, period of time, term期間(及び) : and及び内覧を実施する日時を定め、これらの事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(動産) : movables動産(表) : table示(前(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の場合においては、内覧を実施する部分の(表) : table示を含む。)を(公告) : public notice公告し、(かつ) : andかつ、不(動産) : movables動産(占有) : possession占有者に対して内覧を実施する日時を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により内覧への(参加) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加(申出) : offer, proposal, report申出をすべき(期間) : period, period of time, term期間を定めるに当たつては、(その) : his/her[人を指す場合]その(終期) : time of expiration終期(物件) : item, object物件(明細書) : description, detailed statement, specifications明細書、現況調査(報告) : report / 報告義務報告(及び) : and及び(評価) : valuation[裁判所・管財人によるもの], appraisal[評価人によるもの]評価書の内容が(公開) : opening to the public[原則] / 審判は、これを公開しなければならない, disclosure[情報公開] / 行政機関の保有する情報の公開公開されてから相当の(期間) : period, period of time, term期間(経過) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過した後となるよう(配慮) : consideration配慮(しなければならない) : shallしなければならない
3 内覧への(参加) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加(申出) : offer, proposal, report申出は、内覧の対象となる不(動産) : movables動産を特定するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(動産) : movables動産(立ち入る) : enter立ち入る者の(氏) : surname名、(住所) : address, domicile住所(及び) : and及び電話番(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](ファクシミリの番(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を含む。)を記載した書面により、第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(期間) : period, period of time, term期間内に、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対して(しなければならない) : shallしなければならない
4 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則で定める事由は、次に掲げるもの(とする) : shall beとする
一 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]イからハまでに掲げる者(のいずれかに該当する) : fall under any ofのいずれかに該当すること。
二 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面に記載した(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(動産) : movables動産(立ち入る) : enter立ち入る者が(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]イからハまで(のいずれかに該当する) : fall under any ofのいずれかに該当すること。
5 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、内覧を実施する場所における秩序を(維持) : maintenance維持するため必要があると認めるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その場所に参集した者に対し、(身分) : status身分に関する(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明を求めることができる。
6 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てをした差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官から(資料) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料(又は) : or又は(情報) : information情報の提供(その) : his/her[人を指す場合]その他の内覧の円滑な実施のために必要な(協力) : cooperation協力を求められたときは、できる限りこれに応じるよう努めなければならない。
(買受けの申出をした差押債権者のための保全処分等の申立ての方式等)
第五十一条の四 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申出) : offer, proposal, report申出
三 次の(入札) : bid入札(又は) : or又は競り売りの方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]による(売却) : sale売却の実施において前(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](申出) : offer, proposal, report申出額に達する買受けの(申出) : offer, proposal, report申出がないときは自ら(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(申出) : offer, proposal, report申出額で不(動産) : movables動産を買い受ける旨の(申出) : offer, proposal, report申出
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により申立(人) : personに不(動産) : movables動産を保管させるべきことを命じた場合において、必要があると認めるときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該申立(人) : personに対し、不(動産) : movables動産の保管の状況について(報告) : report / 報告義務報告を求め、(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その保管の状況の(点検) : inspection, check点検(命ずる) : order命ずることができる。
3 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(点検) : inspection, check点検をしたときは、不(動産) : movables動産(損傷) : damage損傷の有無(及び) : and及び程度(その) : his/her[人を指す場合]その他の申立(人) : personの保管の状況を記載した(点検) : inspection, check点検(調書) : written statement[供述調書], record調書を作成し、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
4 第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面について、第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三の(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(公示) : public notice公示(保全) : preservation[原則], conservation[自然環境保護などの場合]保全(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行について、第三十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証の提供について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(買受けの申出がなかつた場合の調査)
第五十一条の五 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官(売却) : sale売却を実施させても(適法な) : legal, legitimate, lawful, valid適法な買受けの(申出) : offer, proposal, report申出がな(かつ) : andかつた場合((買受人) : purchaser買受人(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付しな(かつ) : andかつた場合を含む。)には、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(意見) : opinion意見を聴いて、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をしよう(とする) : shall beとする者の有無、不(動産) : movables動産(売却) : sale売却を困難にしている(事情) : circumstance事情(その) : his/her[人を指す場合]その(売却) : sale売却の円滑な実施に(資する) : contribute資する(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項について、調査を求めることができる。
2 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の調査を求めるときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に命じて行わせることができる。
(買受けの申出をしようとする者があることを理由とする売却の実施の申出の方式)
第五十一条の六 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(売却) : sale売却の実施の(申出) : offer, proposal, report申出は、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 (動産) : movables動産(表) : table
三 買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をしよう(とする) : shall beとする者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面には、買受けの(申出) : offer, proposal, report申出をしよう(とする) : shall beとする者の(住民) : resident[一次的な居住者], inhabitant[長期的な定住者]住民票の(写し) : copy写し(その) : his/her[人を指す場合]その(その) : his/her[人を指す場合]その(住所) : address, domicile住所等を証するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(文書) : document文書(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(売却決定期日を開くことができない場合等の通知)
第五十二条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日を開くことができないとき、(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(売却) : sale売却(可決) : approval可決定が留保されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personに対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(変更後の売却決定期日の通知)
第五十三条 (売却) : sale売却の実施の(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了後に(売却) : sale売却(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(期日) : date / 払込期日期日が変更されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、第三十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる者(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personに対し、変更後の(期日) : date / 払込期日期日(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(売却許可決定等の告知の効力の発生時期)
第五十四条 (売却) : sale売却(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可(又は) : or又は(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、(言渡し) : rendition / 判決言渡し言渡しの時に(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知(効力) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を生ずる。
(売却許可決定の公告)
第五十五条 (売却) : sale売却(可決) : approval可決定が言い渡されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(その) : his/her[人を指す場合]その内容を(公告) : public notice公告(しなければならない) : shallしなければならない
(最高価買受申出人又は買受人のための保全処分等の申立ての方式等)
第五十五条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
2 第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面について、第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三の(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(公示) : public notice公示(保全) : preservation[原則], conservation[自然環境保護などの場合]保全(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(代金納付期限)
第五十六条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限は、(売却) : sale売却(可決) : approval可決定が確定した日から一月以内の日と(しなければならない) : shallしなければならない
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限を定めたときは、(買受人) : purchaser買受人に対し、これを(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限を変更したときも、(同様とする) : the same shall apply to同様とする
(保証として提供されたものの換価)
第五十七条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。(次条) : immediately following Article, the following Article次条において同じ。)の(規定) : provision規定による有価(証券) : securities証券(換価) : realization換価は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官にこれを(売却) : sale売却させて行う。
2 有価(証券) : securities証券(売却) : sale売却を命じられた(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(動産) : movables動産(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続によりこれを(売却) : sale売却し、(その) : his/her[人を指す場合]その(売得金) : proceeds売得金(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
第五十八条 第三十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](又は) : or又は第四十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](第五十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)の(文書) : document文書(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(換価) : realization換価は、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告により所定の額の(金銭) : money金銭を銀行等に(納付) : payment納付させて行う。
(法第八十二条第二項の最高裁判所規則で定める申出の方式等)
第五十八条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申出) : offer, proposal, report申出は、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 (動産) : movables動産(表) : table
三 (申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
四 (代理) : agency代理(人) : personによつて(申出) : offer, proposal, report申出をするときは、(代理) : agency代理(人) : person(氏) : surname(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所
五 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(指定) : designation指定する者(以下この(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において「被(指定) : designation指定者」という。)の(氏) : surname名、(住所) : address, domicile住所(及び) : and及び職業
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面には、次に掲げる(文書) : document文書(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
一 (買受人) : purchaser買受人から不(動産) : movables動産の上に(抵当権) : mortgage抵当権(設定) : establishment設定を受けよう(とする) : shall beとする者が(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personであるときは、(代表者) : representative / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。, representative person / 法人の代表者、代理人、使用人その他の従業者が、その法人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を科する。代表者(資格) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格を証する(文書) : document文書
二 (申出) : offer, proposal, report申出(人) : person間の(抵当権) : mortgage抵当権(設定) : establishment設定(契約) : contract契約書の(写し) : copy写し
3 (指定) : designation指定者は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(嘱託) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託書の(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付を受けるに当たり、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に対し、(指定) : designation指定を証する(文書) : document文書(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない。この場合において、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、被(指定) : designation指定者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(身分) : status身分(又は) : or又は(資格) : qualification[能力・免許としての資格] / 原資格国, status[地位としての資格] / 在留資格, capacity[法定資格]資格を証する(文書) : document文書(提示) : presentation, production, showing, making available提示を求めることができる。
4 (指定) : designation指定者は、(嘱託) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託書を(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出したときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に対し、(速やかに) : promptly速やかに(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(書面で) : … in writing書面で届け出なければならない。
(引渡命令の申立ての方式等)
第五十八条の三 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第八十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立ては、第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
2 第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(配当期日等の指定)
第五十九条 (動産) : movables動産(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付されたときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(期日) : date / 払込期日期日(又は) : or又は(弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済金の(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付の日((以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「配当期日等」という。)を定めなければならない。(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(本文) : main clause本文(規定) : provision規定による(申出) : offer, proposal, report申出があつた場合において、(売却) : sale売却(可決) : approval可決定が確定したときも、(同様とする) : the same shall apply to同様とする
2 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(期日) : date / 払込期日期日等は、特別の(事情) : circumstance事情がある場合を除き、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(前段) : first sentence前段の場合にあつては(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(納付) : payment納付された日から、同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(後段) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段の場合にあつては(売却) : sale売却(可決) : approval可決定が確定した日から一月以内の日と(しなければならない) : shallしなければならない
3 (弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済金の(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付の日が定められたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、各(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その日時(及び) : and及び場所を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(計算書の提出の催告)
第六十条 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(期日) : date / 払込期日期日等が定められたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、各(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(元本) : principal / 元本に充当しなければならない元本(及び) : and及び(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(期日) : date / 払込期日期日等までの(利息) : interest利息(その) : his/her[人を指す場合]その他の(附帯の) : incidental附帯の(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権の額(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(費用) : expense, cost費用の額を記載した(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書を一週間以内に(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出するよう(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告(しなければならない) : shallしなければならない
(売却代金の交付等の手続)
第六十一条 (債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対する(売却) : sale売却(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付(又は) : or又は(供託) : deposit供託金の支払(委託) : entrustment, consignment委託(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続は、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官が行う。
(執行力のある債務名義の正本の交付)
第六十二条 差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(又は) : or又は(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本により(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当要求をした(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者が(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権の全額について(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等を受けたときは、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者は、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に対し、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付を求めることができる。
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する場合を除き、(事件) : case事件(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了したときは、同(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者は、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に対し、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付を求めることができる。
3 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定により(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付を求める(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者が(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権の一部について(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等を受けた者であるときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等を受けた額を記載して、これを(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付(しなければならない) : shallしなければならない
第二目 強制管理
(申立書の記載事項)
第六十三条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理(申立書) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書には、第二十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項のほか、(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者((法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者をいう。(以下この…において同じ) : hereinafter the same shall apply in this …以下この目及び第百七十条第三項において同じ。)を特定するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権((法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権をいう。(以下この…において同じ) : hereinafter the same shall apply in this …以下この目及び第百七十条第三項において同じ。)の内容であつて申立(人) : personに知れているものを記載(しなければならない) : shallしなければならない
2 申立(人) : personは、(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者を特定するに(足りる) : sufficient / …と認めるに足りる十分な理由 / …すれば足りる足りる(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権の内容についての(情報) : information情報(収集) : collection収集を行うよう努めなければならない。
(開始決定の通知)
第六十四条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理の開始(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定がされたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、租(税) : tax(その) : his/her[人を指す場合]その他の(公課) : public charges公課(所管) : administrative jurisdiction所管する(官庁) : government agency官庁(又は) : or又は(公署) : public office公署に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(給付義務者に対し陳述を催告すべき事項等)
第六十四条の二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三(前段) : first sentence前段(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(規則) : Ordinance[法形式が省令の場合] / 商法施行規則, Rule[法形式が規則の場合] / 民事訴訟規則, regulation[就業規則などの場合]規則で定める事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項は、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(とする) : shall beとする
一 (給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権の存否(及び) : and及びこれが(存在) : existence存在する場合には(その) : his/her[人を指す場合]その内容
二 (弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済(意思) : intent, intention意思の有無((期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限の到来前の(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権にあつては、(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限の到来後における(弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済(意思) : intent, intention意思の有無を含む。)(及び) : and及び(弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済する範囲(又は) : or又は(弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済しない理由
三 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権について差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者に優先する(権利) : right権利を有する者があるときは、(その) : his/her[人を指す場合]その者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(その) : his/her[人を指す場合]その(権利) : right権利の内容(及び) : and及び優先する範囲
四 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権に対する他の(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者の(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押え(又は) : or又は(仮差押え) : provisional seizure[原則], provisional attachment[有体物の仮差押えの場合], provisional garnishment[債権の仮差押えの場合]仮差押え(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の有無(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びにこれらの(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行がされているときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(差押命令) : attachment order差押命令、差押(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(又は) : or又は(差押命令) : attachment order差押命令(事件) : case事件(表) : table示、(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び(住所) : address, domicile住所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達の年月日(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びにこれらの(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行がされた範囲
五 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(請求) : request, demand, claim請求権に対する滞納(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(その) : his/her[人を指す場合]その例による(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分を含む。第百三十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第百四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において同じ。)による(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押えの有無(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押えがされているときは、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押えをした(徴収) : collection / 報告の徴収徴収(職員) : official[官公庁職員の場合]職員、徴(税) : tax吏員(その) : his/her[人を指す場合]その他の滞納(処分) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行する(権限) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限を有する者(第百三十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第百四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「(徴収) : collection / 報告の徴収徴収(職員) : official[官公庁職員の場合]職員等」という。)の属する庁(その) : his/her[人を指す場合]その他の事務所の(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(及び) : and及び所在、(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権差押(通知) : notice通知書の(送達) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達の年月日(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(差押え) : attachment[民事・行政手続の場合], seizure[主として刑事手続の場合]差押えがされた範囲
2 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三(前段) : first sentence前段(規定) : provision規定による(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告に対する(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者の(陳述) : statement陳述は、(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
(管理人の選任の通知等)
第六十五条 (管理) : administration, management管理(人) : person(選任) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(及び) : and及び(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者に対し、(管理) : administration, management管理(人) : person(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 (裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(管理) : administration, management管理(人) : personに対し、(その) : his/her[人を指す場合]その(選任) : appointment[原則], election[会社法上の機関の「選任」と「選定」を使い分ける場合の「選任」]選任を証する(文書) : document文書(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付(しなければならない) : shallしなければならない
3 (管理) : administration, management管理(人) : person(解任) : dismissal解任されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(及び) : and及び(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(管理人の辞任)
第六十六条 (管理) : administration, management管理(人) : personは、(正当な) : justifiable[原則], legitimate[正統性], proper[妥当性], due正当な理由があるときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を得て辞任(することができる) : mayすることができる
2 (条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定は、(管理) : administration, management管理(人) : personが辞任した場合について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(強制管理の申立ての取下げ等の通知)
第六十七条 (強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てが取り下げられたとき、(又は) : or又は(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続(取り消す) : rescind, revoke, set aside取り消す(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定(効力) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を生じたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(管理) : administration, management管理(人) : person(及び) : and及び(給付) : performance[原則] / 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない, payment[金銭等の場合] / 災害補償に相当する給付, delivery[物等の場合] / 債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、…, benefit[医療給付・傷害給付等、「~給付」等の場合] / 救済給付給付(義務) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
2 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第三十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第七(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](又は) : or又は第八(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる(文書) : document文書(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出されたときは、(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(管理) : administration, management管理(人) : personに対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(収取した収益等の報告義務)
第六十八条 (管理) : administration, management管理(人) : personは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(期間) : period, period of time, term期間(満了) : expiration / 期間満了の日満了後、(速やかに) : promptly速やかに(期間) : period, period of time, term期間内に収取した(収益) : profit[収められた利益], profit-making[利益を収めること], gain[利益が不法な場合]収益(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その(換価) : realization換価(代金) : charge, purchase money, purchase price, proceeds[収益・代わり金]代金(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定(に基づく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定により分与した(金銭) : money金銭(又は) : or又は(収益) : profit[収められた利益], profit-making[利益を収めること], gain[利益が不法な場合]収益(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(公課) : public charges公課(及び) : and及び(費用) : expense, cost費用の明細を(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(報告) : report / 報告義務報告(しなければならない) : shallしなければならない
(配当協議の日又は弁済金の交付の日の指定)
第六十九条 (管理) : administration, management管理(人) : personは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(期間) : period, period of time, term期間(満了) : expiration / 期間満了の日満了後二週間以内の日を(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(協議) : consultation[専門家との相談], deliberation[審議・評議等], agreement[合意] / 協議上の離婚協議の日(又は) : or又は(弁済) : performance[原則], payment, delivery弁済金の(交付) : delivery[原則] / 配当財産の交付の方法, issuance[免許・命令等] / 債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付, grant[交付金等] / 国は、…補助金を交付することができる交付の日と定め、各(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その日時(及び) : and及び場所を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(配当計算書)
第七十条 (管理) : administration, management管理(人) : personは、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(協議) : consultation[専門家との相談], deliberation[審議・評議等], agreement[合意] / 協議上の離婚協議の日までに(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書を作成(しなければならない) : shallしなければならない
2 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書には、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(充てる) : shall serve as[特定の者を役職に充てる場合] / 会長は、内閣総理大臣をもつて充てる, shall be appointed from among[ある範疇の者を役職に充てる場合] / 本部の長は、国務大臣をもって充てる, allocate[資金・日数等を割り当てる場合] / 経費に充てるため、基金を積み立てなければならない充てるべき(金銭) : money金銭の額のほか、各(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者について、(その) : his/her[人を指す場合]その(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(元本) : principal / 元本に充当しなければならない元本(及び) : and及び(利息) : interest利息(その) : his/her[人を指す場合]その他の(附帯の) : incidental附帯の(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権の額、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(費用) : expense, cost費用の額(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(順位) : order[原則], rank[序列]順位(及び) : and及び額を記載(しなければならない) : shallしなければならない
3 (債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者間に(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書による(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当と異なる(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(協議) : consultation[専門家との相談], deliberation[審議・評議等], agreement[合意] / 協議上の離婚協議が調つたときは、(管理) : administration, management管理(人) : personは、(その) : his/her[人を指す場合]その(協議) : consultation[専門家との相談], deliberation[審議・評議等], agreement[合意] / 協議上の離婚協議に従い(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書を改めなければならない。
(事情届の方式)
第七十一条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(又は) : or又は(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定による(届出) : notification, report届出は、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (事件) : case事件(表) : table
二 差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(氏) : surname(又は) : or又は(名称) : name[原則], denomination[種苗法]名称
三 (供託) : deposit供託の事由(及び) : and及び(供託) : deposit供託した(金額) : amount / 金額金額
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面には、(供託) : deposit供託(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本(及び) : and及び(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書が作成されている場合にあつては、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
第七十二条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(届出) : notification, report届出は、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した(書面で) : … in writing書面で(しなければならない) : shallしなければならない
一 (条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
二 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(充てる) : shall serve as[特定の者を役職に充てる場合] / 会長は、内閣総理大臣をもつて充てる, shall be appointed from among[ある範疇の者を役職に充てる場合] / 本部の長は、国務大臣をもって充てる, allocate[資金・日数等を割り当てる場合] / 経費に充てるため、基金を積み立てなければならない充てるべき(金銭) : money金銭の額
三 (配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(協議) : consultation[専門家との相談], deliberation[審議・評議等], agreement[合意] / 協議上の離婚協議が調わない旨(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その(事情) : circumstance事情(要旨) : gist[(事象の)要点・要旨を表す場合に使用される。], digest[判例、法律要旨を意味する場合。要約。記事・本などの要約・要旨を表す場合に使用される。]要旨
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の書面には、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(計算) : account[会計上の計算] / 自己の営業のためにその計算において, calculation[期間等の計算] / 期間の計算の通則 / 延滞金の計算計算書を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
3 (管理) : administration, management管理(人) : personは、第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(届出) : notification, report届出をするときは、(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当(充てる) : shall serve as[特定の者を役職に充てる場合] / 会長は、内閣総理大臣をもつて充てる, shall be appointed from among[ある範疇の者を役職に充てる場合] / 本部の長は、国務大臣をもって充てる, allocate[資金・日数等を割り当てる場合] / 経費に充てるため、基金を積み立てなければならない充てるべき(金銭) : money金銭(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
(強制競売の規定の準用)
第七十三条 第二十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を除く。)、第二十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二(第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]を除く。)、第二十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2から第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2まで(及び) : and及び第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理について、第五十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(…から…までの規定) : provisions … to … inclusiveから第六十一条までの規定(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(管理) : administration, management管理につき(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が実施する(配当) : dividend[利益の処分], distribution[出資の一部払戻し], liquidating distribution[民事執行・配当手続]配当等の(手続) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する。この場合において、第二十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項」とあるのは「(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第九十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二」と、「差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者」とあるのは「差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(及び) : and及び(管理) : administration, management管理(人) : person」と、同(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項中「(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項」とあるのは「(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第四十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第六(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(本文) : main clause本文」と、「(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者」とあるのは「(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(及び) : and及び(管理) : administration, management管理(人) : person」と、第二十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2中「(及び) : and及び(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者」とあるのは「、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(及び) : and及び(管理) : administration, management管理(人) : person」と読み替えるもの(とする) : shall beとする
第二款 船舶に対する強制執行
(申立書の記載事項及び添付書類)
第七十四条 (船舶) : vessel, ship船舶(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(申立書) : application, written application, motion, written motion, petition, written petition申立書には、第二十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項のほか、(船舶) : vessel, ship船舶の所在する場所(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに船長の(氏) : surname(及び) : and及び(現在) : present現在する場所を記載し、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行力のある(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務(名義) : name / …名義の(で)名義(正本) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本のほか、次に掲げる(書類) : document書類(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
一 (登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記がされた日本(船舶) : vessel, ship船舶については、(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(証明) : certification[公的機関による証明等] / 権利、義務若しくは事実証明に関する文書, proof[資料を提出して証明するような場合] / 犯罪の証明証明
二 (登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記がされていない日本(船舶) : vessel, ship船舶については、(船舶) : vessel, ship船舶(登記) : register[登記そのものを意味する場合], registration[登記する行為を意味する場合] / 法人は、登記をしなければならない登記(令) : Cabinet Order(平成十七年(政令) : Cabinet Order政令第十一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]イからホまでに掲げる(情報) : information情報を記載した書面、同(令) : Cabinet Order(表) : table一の七の(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(添付) : annexation, attachment添付(情報) : information情報(欄) : column / 第3欄(及び) : and及びハに掲げる(情報) : information情報を記載した書面(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その(船舶) : vessel, ship船舶(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の所有に属することを証する(文書) : document文書
三 日本(船舶) : vessel, ship船舶以外の(船舶) : vessel, ship船舶については、(その) : his/her[人を指す場合]その(船舶) : vessel, ship船舶(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定する(船舶) : vessel, ship船舶であることを証する(文書) : document文書(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その(船舶) : vessel, ship船舶(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の所有に属することを証する(文書) : document文書
(船舶国籍証書等の取上げ等の通知)
第七十五条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(船舶) : vessel, ship船舶(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書等((法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定する(船舶) : vessel, ship船舶(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書等をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)を取り上げ、(又は) : or又は(その) : his/her[人を指す場合]その(引渡し) : delivery[現実の物の引渡], transfer[占有の移転], extradition[犯罪人引渡し]引渡しを受けたときは、(直ちに) : immediately直ちに(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者、船長(及び) : and及び船籍港を(管轄) : jurisdiction管轄する地方(運輸) : transportation運輸局、海運監理部(又は) : or又は地方(運輸) : transportation運輸(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは海運監理部の海運支局の長に対し、(その) : his/her[人を指す場合]その旨を(通知) : notice通知(しなければならない) : shallしなければならない
(船舶国籍証書等の取上げができない場合の事情届)
第七十六条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(船舶) : vessel, ship船舶(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書等を取り上げる(職務) : duty, practice[弁護士等の専門職の場合] / 法律事務を行うことを職務とする職務(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行をした場合において、(その) : his/her[人を指す場合]その(目) : Division / 第1目的を達することができな(かつ) : andかつたときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(事情) : circumstance事情(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に届け出なければならない。
(法第百十五条第一項の地の指定)
第七十七条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(最高裁判所) : Supreme Court最高裁判所(指定) : designation指定する地は、室蘭市、仙台市、東京都千代田区、横浜市、新潟市、名古屋市、大阪市、神戸市、広島市、高松市、北九州市(及び) : and及び那覇市(とする) : shall beとする
(法第百十七条第五項において準用する法第十五条第一項の最高裁判所規則で定める保証提供の方法)
第七十八条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証は、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者が、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可を得て、銀行等、船主相互(保険) : insurance保険(組合) : partnership[原則], union[労働組合等の場合], member[「組合」と呼ばれている社団の場合]組合(又は) : or又は漁船(保険) : insurance保険(組合) : partnership[原則], union[労働組合等の場合], member[「組合」と呼ばれている社団の場合]組合との間において、これらの者が(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者のために一定の額の(金銭) : money金銭(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(催告) : demand[債務の履行を催告する場合] / 催告の抗弁及び検索の抗弁の効果, notice[権利の行使又は申出を催告する場合] / 知れている債権者には、各別にこれを催告しなければならない, requisition[民事訴訟規則4条などの場合], demand letter[催告状の趣旨の場合] / 社債発行会社が社債権者に対してする通知又は催告は、社債原簿に記載し、又は記録した当該社債権者の住所にあてて発すれば足りる。催告により(納付) : payment納付する旨の(期限) : time limit / 条件及び期限, assigned time / 期限の到来の効果, term, period of time期限の定めのない支払(保証) : guarantee[(1)民法,(2)国際捜査共助等に関する法律の場合] / 日本国が行う同種の要請に応ずる旨の要請国の保証がないとき。保証(委託) : entrustment, consignment委託(契約) : contract契約(締結) : concluding, conclusion, contract, contracting, execute, executing, execution, entering into締結したことを証する(文書) : document文書(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出する方(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]によつて提(供する) : provide / 公務所の用に供する文書供することができる。
2 第五十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定は、前(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(文書) : document文書(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(換価) : realization換価について(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
(現況調査報告書)
第七十九条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官は、(船舶) : vessel, ship船舶の現況調査をしたときは、次に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した現況調査(報告) : report / 報告義務報告書を所定の日までに(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出(しなければならない) : shallしなければならない
一 第二十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]、第三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第七(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる事(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項
二 (船舶) : vessel, ship船舶(表) : table
三 (船舶) : vessel, ship船舶の所在する場所
四 (占有) : possession占有者の(表) : table(及び) : and及び(占有) : possession占有の状況
五 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(船舶) : vessel, ship船舶について、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者の(占有) : possession占有を解いて(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に保管させる(仮処分) : provisional disposition仮処分(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行されているときは、(その) : his/her[人を指す場合]その(及び) : and及び(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官が保管を開始した年月日
2 現況調査(報告) : report / 報告義務報告書には、(船舶) : vessel, ship船舶の写真を(添付) : annexation, attachment添付(しなければならない) : shallしなければならない
(航行許可決定の告知)
第八十条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(決定) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者以外の(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(又は) : or又は(買受人) : purchaser買受人(及び) : and及び(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : personにも(告知) : announcement[原則] / 裁決の告知は、審判廷における言渡によつてこれをする, notification[個別の告知] / 裁判長は…まず、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨を告知しなければならない, notice告知(しなければならない) : shallしなければならない
(船舶国籍証書等の再取上命令)
第八十一条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(許可) : permission[原則] / 第十五条第五項から第九項までの規定は、前条第一項の許可について準用する。, license[一回的でなく継続的な許可] / 事業の許可許可(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る(船舶) : vessel, ship船舶(航行) : navigation航行(終了) : termination[原則], end[期間等の終わり] / 毎事業年度終了の日から3月以内に終了した場合において、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(船舶) : vessel, ship船舶(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書等が(返還) : return[原則], refund[金銭の返還]返還されないときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所は、差押(債権) : claim / 金銭債権 / 自己の労力の提供又は演芸を業とする者の報酬又はその供給した物の代価に係る債権, account receivable, receivable, credit / 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。, right in personam債権者、最高価買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(若しくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは(買受人) : purchaser買受人(又は) : or又は(順位) : order[原則], rank[序列]順位買受(申出) : offer, proposal, report申出(人) : person(申立て) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行官に対し、(債務) : obligation[債務一般の場合], debt[特に金銭債務を指す場合]債務者から(船舶) : vessel, ship船舶(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](証書) : certificate[証明書], instrument[契約書など法律的効果を伴う文書]証書等を取り上げて(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所に(提出) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出すべき旨を(命ずる) : order命ずることができる。
(公告事項の掲示の嘱託)
第八十二条 (執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所が船籍の所在地を(管轄) : jurisdiction管轄する地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所と異なるときは、(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官は、(その) : his/her[人を指す場合]その地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判(書記官) : clerk書記官に対し、(公告) : public notice公告(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項を記載した書面を(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該地方(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所の(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示(その) : his/her[人を指す場合]その(裁判) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判所内の(公衆) : public公衆の見やすい場所に(掲示) : posting / 掲示場に掲示すること, display, notification掲示するよう(入札) : bid入札(期日) : date / 払込期日期日(入札) : bid入札(期間) : period, period of time, term期間の開始の日(又は) : or又は競り売り(期日) : date / 払込期日期日の二週間前までに(嘱託) : temporary employee[嘱託員などの場合], commission[裁判の嘱託手続などの場合]嘱託(しなければならない) : shallしなければならない
(不動産執行の規定の準用等)
第八十三条 (款) : Subsection / 第1款第一(目) : Division / 第1目(第二十三(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2から第二十四(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2まで、第二十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第三十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第五(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項、第三十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第七(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](及び) : and及び第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(第四十九(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び第五十(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第四(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する場合を含む。)、第五十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の二(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第五十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2の三を除く。)の(規定) : provision規定(船舶) : vessel, ship船舶(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行について、第五十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第五(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第七十八(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による有価(証券) : securities証券(換価) : realization換価について、第六十五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(及び) : and及び第三(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(並びに) : and / A及びB、C並びにD並びに第六十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定(船舶) : vessel, ship船舶(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行の保管(人) : personについて(準用する) : apply mutatis mutandis準用する
2 (項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する第三十六(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(規定) : provision規定による(公告) : public notice公告には、(船舶) : vessel, ship船舶の所在する場所をも掲げなければならない。
第三款 航空機に対する強制執行
(航空機執行についての船舶執行の規定の準用)
第八十四条 航空法(昭和二十七年(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]律第二百三十一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合])第五(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(規定) : provision規定する新規(登録) : registration[原則] / 登録の拒絶, accreditation[評価行為を含む場合]登録がされた飛行機(及び) : and及び回転翼(航空機) : aircraft航空機(以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「航空機」という。)に対する(強制) : compulsory[強制執行] / 持分会社の財産に対する強制執行, forcible[強制わいせつ] / 強制わいせつ等致死傷強制(執行) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行については、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(章) : Chapter / 第1章第二(節) : Section / 第1節第二(款) : Subsection / 第1款(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第百二十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2において(準用する) : apply mutatis mutandis準用する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第五十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2(及び) : and及び(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第六十二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2を除く。)(及び) : and及び(款) : Subsection / 第1款(第七十七(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2、第七十九