特定多国籍企業による研究開発事業等の促進に関する特別措置法施行規則
Ordinance for Enforcement of the Act on Special Measures to Promote Research and Development Business, etc. by Specified Multinational Enterprises
平成二十四年十月三十一日内閣府・総務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省令・国土交通省・環境省令第一号
Ordinance of the Cabinet Office, the Ministry of Internal Affairs and Communications, the Ministry of Finance, the Ministry of Health, Labour and Welfare, the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, the Ministry of Economy, Trade and Industry, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, and the Ministry of the Environment No. 1 of October 31, 2012
特定多国籍企業による研究開発事業等の促進に関する特別措置法(平成二十四年法律第五十五号)第二条第一項及び第二項並びに第十一条第二項の規定に基づき、特定多国籍企業による研究開発事業等の促進に関する特別措置法施行規則を次のように定める。
Based on the provisions of Article 2, paragraphs (1) and (2), and Article 11, paragraph (2) of the Act on Special Measures to Promote Research and Development Business, etc. by Specified Multinational Enterprises (Act No. 55 of 2012), the Ordinance for Enforcement of the Act on Special Measures to Promote Research and Development Business, etc. by Specified Multinational Enterprises shall be established as follows.
(子法人等の範囲)
(Scope of Subsidiary Corporations or Other Similar Entities)
第一条 (特定) : specified[法令等の中で特定する対象が示されている場合], special, specific特定(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](企業) : enterprise企業による研究(開発) : development開発(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業等の(促進) : promotion[原則], acceleration[速度を上げる場合]促進に関する特別(措置) : measure / 規制措置措置(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「法」という。)第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](密接な) : close密接な関係を有する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personとして(主務省) : competent ministry主務省(令) : Cabinet Orderで定める(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personは、次に掲げるもの(とする) : shall beとする
Article 1 Corporations prescribed by an ordinance of the : 当該(とうがい)the competent ministry : 主務省(しゅむしょう)competent ministry as having a close relationship set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (1), item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (i) of the : 当該(とうがい)the Act on Special Measures : 特別措置法(とくべつそちほう) / Act on Special Measures concerning Taxation, 特例に関する法律(とくれいにかんするほうりつ)Act on Special Measures to Promote Research and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand Development Business, etc. by Specified Multinational Enterprises (hereinafter referred to as the : 当該(とうがい)the "Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act") shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall be as follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)follows:
一 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person」という。)が(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権(総(株主) : shareholder, stockholder株主(又は) : or又は(出資) : contribution出資者の(議決) : resolution議決権をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)の(過半数) : majority過半数を保有している(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「子(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person」という。)
(i) A corporation in which the : 当該(とうがい)the corporation set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (1), item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (i) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act (referred to as "Relevant Corporation" in item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (iv)) hold : 開催する(かいさいする), 占める(しめる)[地位]holds a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (meaning the : 当該(とうがい)the voting right : 議決権(ぎけつけん)voting rights of all share : 株式(かぶしき), 分担(ぶんたん), 分担する(ぶんたんする), 持分(もちぶん), 負担部分(ふたんぶぶん)shareholders or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor equity : 持分(もちぶん)equity investor : 投資者(とうししゃ) / protection of investorsinvestors; the same shall apply hereinafter : 以下同じ(いかおなじ)the same shall apply hereinafter) (referred to as a "Subsidiary Corporation" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
二 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「孫(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person」という。)
(ii) A corporation in which a Subsidiary Corporation hold : 開催する(かいさいする), 占める(しめる)[地位]holds a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (referred to as an "Indirectly-owned Subsidiary" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
三 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person
(iii) A corporation in which an Indirectly-owned Subsidiary hold : 開催する(かいさいする), 占める(しめる)[地位]holds a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc.;
四 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personの総(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(及び) : and及び前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(合算) : totaling合算して(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるものを除き、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の一部を保有しているもの(に限る) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。) / ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)
(iv) A corporation which hold : 開催する(かいさいする), 占める(しめる)[地位]holds a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. of a Relevant Corporation and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand a corporation in which a Relevant Corporation and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand corporations listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items hold : 開催する(かいさいする), 占める(しめる)[地位]hold, in total, a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (excluding those listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand limit : 限度(げんど) / within the limit necessary for …limited to corporations in which a Relevant Corporation has part of All Shareholder's Voting Rights, etc.).
(国際的規模で事業活動を行っていると認められる法人の範囲)
(Scope of Corporations Recognized to Be Engaged in Business Activities on a Global Scale)
第二条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]際的(規模) : scale, size規模(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業活動を行っていると認められるものとして(主務省) : competent ministry主務省(令) : Cabinet Orderで定める(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personは、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(及び) : and及び(その) : his/her[人を指す場合]その(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person等(同(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合](規定) : provision規定する子(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person等をいう。(以下同じ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)が、(その) : his/her[人を指す場合]その(本店) : head office本店(又は) : or又は(主たる事務所) : principal office / 主たる事務所の所在地においては主たる事務所が所在する(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](又は) : or又は(地域) : area, region地域(以下「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「国等」という。)を含む二以上の(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]等に主たる(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業(に係る) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事務所、店舗、(工場) : factory[原則], plant[化学工場等]工場(その) : his/her[人を指す場合]その他の固定(施設) : facility / 軍事施設, establishment, office, institution施設(及び) : and及び(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業に従事する者を有しているものをいう。
Article 2 A corporation prescribed by an ordinance of a competent ministry : 主務省(しゅむしょう)competent ministry as being engaged in business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness activities on a global scale : 規模(きぼ)scale as set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (1), item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (i) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall be a corporation which has or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor whose Subsidiary Corporation or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor Other Similar Entity (meaning a Subsidiary Corporation or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor Other Similar Entity prescribed in the : 当該(とうがい)the item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item; the same shall apply hereinafter : 以下同じ(いかおなじ)the same shall apply hereinafter) has an office : 施設(しせつ)office, store, plant or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor other : 別段の(べつだんの)other fixed facilities relating to its main business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness, or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor employee : 従業者(じゅうぎょうしゃ)[原則], 使用人(しようにん), 被用者(ひようしゃ), 労働者(ろうどうしゃ)[民法の雇用関係に関する場合] / An employer may not assign his/her rights to third parties unless the employer obtains the employee's consentemployees engaged in the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness in two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more countries or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor region : 地域(ちいき)regions (hereinafter referred to as a "Country, etc."), including the : 当該(とうがい)the Country, etc. in which its head office : 本店(ほんてん)head office or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor principal : 元本(がんぽん) / must be appropriated to satisfaction of the principal, 主物(しゅぶつ), 正犯(せいはん)principal office : 施設(しせつ)office is located.
(高度な知識又は技術を有すると認められる法人の範囲)
(Scope of Corporations Recognized to Have Advanced Knowledge or Technology)
第三条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第一(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]の高度な(知識) : knowledge / 専門的知識知識(又は) : or又は(技術) : technology, skill技術を有すると認められるものとして(主務省) : competent ministry主務省(令) : Cabinet Orderで定める(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personは、次の各(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]のいずれかに該当(するものとする) : shallするものとする
Article 3 A corporation prescribed by an ordinance of a competent ministry : 主務省(しゅむしょう)competent ministry as being recognized to have advance : 事前(じぜん), 提出する(ていしゅつする)advanced knowledge : 知見(ちけん) / scientific knowledge, 知識(ちしき) / specialized knowledgeknowledge or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor technology : 技術(ぎじゅつ)technology as set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (1), item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (ii) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall be a corporation fall : 到来する(とうらいする)falling under : に満たない(にみたない)[年齢の場合] / a person under 14 years of age, 未満(みまん)[年齢の場合] / a person under 18 years of ageunder either of the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following:
一 我が(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]以外の(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]等において、(技術) : technology, skill技術革新の進展に即応した高度な(産業) : industry産業(技術) : technology, skill技術(以下この(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「高度(技術) : technology, skill技術」という。)の研究(開発) : development開発を行う(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該高度(技術) : technology, skill技術を用いて(製品) : product製品(又は) : or又は(役務) : service役務(開発) : development開発する(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業を含む。)の実施に関し相当の実績((その) : his/her[人を指す場合]その(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person等による実績を含む。)を有する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person
(i) A corporation which has a considerable record : 記録(きろく), 記録する(きろくする), 録取する(ろくしゅする), 調書(ちょうしょ)record (including a record : 記録(きろく), 記録する(きろくする), 録取する(ろくしゅする), 調書(ちょうしょ)record by its Subsidiary Corporation or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor Other Similar Entity), in a Country, etc. other : 別段の(べつだんの)other than Japan : 本邦(ほんぽう)Japan, in the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness of conduct : 行為(こうい)conducting research and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand development : 開発(かいはつ), 発達(はったつ), 発展(はってん)development of advance : 事前(じぜん), 提出する(ていしゅつする)advanced industrial technology : 技術(ぎじゅつ)technology suitable for the : 当該(とうがい)the advancement of technological innovation (hereinafter referred to as "Advanced Technology" in this item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item) (including the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness of develop : 開発する(かいはつする), 発展させる(はってんさせる)developing product : 産物(さんぶつ), 製造物(せいぞうぶつ), 製品(せいひん)products or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor service : 役務(えきむ), 送達(そうたつ), 勤務(きんむ)[公務員の勤務]services with the : 当該(とうがい)the use : 行使(こうし), 使用(しよう)[原則], 使用する(しようする)use of such : 当該(とうがい)such Advanced Technology);
二 我が(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]以外の(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]等において、二以上の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(これらの(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(本店) : head office本店(又は) : or又は(主たる事務所) : principal office / 主たる事務所の所在地においては主たる事務所が所在する(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]等の数が二以上であるもの(に限る) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。) / ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)のそれぞれの総(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数(取得) : acquisition取得し、(又は) : or又は保有することにより、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該二以上の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personが行う(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業(方針) : policy, principle方針(策定) : formulation, establishment策定するとともに、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該二以上の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personに対する(出資) : contribution出資(その) : his/her[人を指す場合]その他の(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(方針) : policy, principle方針の実施を確保する(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業(その) : his/her[人を指す場合]その他の(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該二以上の(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personが行う(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業を統括する(事業) : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。]事業の実施に関し相当の実績((その) : his/her[人を指す場合]その(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person等による実績を含む。)を有する(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person
(ii) A corporation which has a considerable record : 記録(きろく), 記録する(きろくする), 録取する(ろくしゅする), 調書(ちょうしょ)record (including a record : 記録(きろく), 記録する(きろくする), 録取する(ろくしゅする), 調書(ちょうしょ)record by its Subsidiary Corporation or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor Other Similar Entity), in a Country, etc. other : 別段の(べつだんの)other than Japan : 本邦(ほんぽう)Japan, in the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness of establish : 確立する(かくりつする), 制定する(せいていする), 成立させる(せいりつさせる), 設定する(せっていする), 形成する(けいせいする), 策定する(さくていする)establishing policies for the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness engaged in by two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more corporations (limit : 限度(げんど) / within the limit necessary for …limited to case : 事件(じけん)cases where these corporations' head office : 本店(ほんてん)head offices or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor principal : 元本(がんぽん) / must be appropriated to satisfaction of the principal, 主物(しゅぶつ), 正犯(せいはん)principal office : 施設(しせつ)offices are located in two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more Countries, etc.), while supervising the : 当該(とうがい)the business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness of ensuring financing to two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more corporations and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand the : 当該(とうがい)the implementation : 実行(じっこう)implementation of policies and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand other : 別段の(べつだんの)other type : 種類(しゅるい)[類型] / the type and performance or quality of the goods, or the type and details of the rights or services, and other similar matters specified by an Ordinance of the Ministry of Economy, Trade and Industrytypes of business : 営業(えいぎょう)[原則], 事業(じぎょう)[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。], 取引(とりひき), 議事(ぎじ)[会議の内容をさす場合] / Minutes shall be prepared with respect to the business of Organizational Meetingbusiness engaged in by two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more corporations, by way of obtain : 領得する(りょうとくする)obtaining or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor retain : 保管する(ほかんする), 領置する(りょうちする), 保持する(ほじする)retaining the : 当該(とうがい)the majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. of the : 当該(とうがい)the two or : 又は(または), 若しくは(もしくは) / A, B, or C, D or Eor more corporations.
(特定多国籍企業と密接な関係を有する国内の会社の範囲)
(Scope of Domestic Companies with a Close Relationship with Specified Multinational Enterprises)
第四条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(密接な) : close密接な関係を有する(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]内の(会社) : company会社として(主務省) : competent ministry主務省(令) : Cabinet Orderで定める(会社) : company会社は、次に掲げるもの(とする) : shall beとする
Article 4 A company : 会社(かいしゃ)company prescribed by ordinance of a competent ministry : 主務省(しゅむしょう)competent ministry as a domestic : 国内(こくない)[原則]domestic company : 会社(かいしゃ)company which has a close relationship as set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (2) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall be the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following:
一 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第二(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(特定) : specified[法令等の中で特定する対象が示されている場合], special, specific特定(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合](企業) : enterprise企業(第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(企業) : enterprise企業」という。)が(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「子(会社) : company会社」という。)
(i) A company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the Specified Multinational Enterprise set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 2, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (2) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act (referred to as "Relevant Enterprise" in item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (iv)) has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (referred to as a "Subsidiary Company" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
二 (会社) : company会社(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「孫(会社) : company会社」という。)
(ii) A company : 会社(かいしゃ)company in which a Subsidiary Company has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (referred to as an "Indirectly-owned Company" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
三 (会社) : company会社(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社
(iii) A company : 会社(かいしゃ)company in which an Indirectly-owned Company has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc.;
四 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(企業) : enterprise企業の総(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(企業) : enterprise企業(及び) : and及び前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる(会社) : company会社(合算) : totaling合算して(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるものを除き、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(企業) : enterprise企業(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の一部を保有しているもの(に限る) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。) / ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)
(iv) A company : 会社(かいしゃ)company which has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. of the : 当該(とうがい)the Relevant Enterprise, and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand a company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the Relevant Enterprise and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand companies listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items have, in total, the : 当該(とうがい)the majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (excluding those listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand limit : 限度(げんど) / within the limit necessary for …limited to a company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the Relevant Enterprise has part of All Shareholder's Voting Rights, etc.).
(外国法人と密接な関係を有する国内の会社の範囲)
(Scope of Domestic Companies with a Close Relationship with Foreign Corporations)
第五条 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(密接な) : close密接な関係を有する(国) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]内の(会社) : company会社として(主務省) : competent ministry主務省(令) : Cabinet Orderで定める(会社) : company会社は、次に掲げるもの(とする) : shall beとする
Article 5 A company : 会社(かいしゃ)company prescribed by an ordinance of a competent ministry : 主務省(しゅむしょう)competent ministry as a domestic : 国内(こくない)[原則]domestic company : 会社(かいしゃ)company which has a close relationship as set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 11, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (2) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall be the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following:
一 (法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]第十一(条) : Article / 第1条 / 第1条の2, Art. / 第1条 / 第1条の2第二(項) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(外国) : foreign state / 外国において外国刑の確定裁判を受けその執行として拘禁されている日本国民等, foreign country / 外国の法令外国(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(第四(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person」という。)が(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「子(会社) : company会社」という。)
(i) A company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the foreign corporation set forth in Article : 条(じょう) / Article 1 / Article 1-2Article 11, paragraph : 項(こう)[原則] / paragraph 2paragraph (2) of the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act (referred to as "Relevant Corporation" in item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item (iv)) has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (referred to as a "Subsidiary Company" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
二 (会社) : company会社(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(次(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]において「孫(会社) : company会社」という。)
(ii) A company : 会社(かいしゃ)company in which a Subsidiary Company has the : 当該(とうがい)the majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (referred to as a "Indirectly-owned Company" in the : 当該(とうがい)the follow : 付和随行(ふわずいこう), 付和随行する(ふわずいこうする)following item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)item);
三 (会社) : company会社(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社
(iii) A company : 会社(かいしゃ)company in which an Indirectly-owned Company has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc.;
四 (当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : personの総(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(及び) : and及び前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる(会社) : company会社(合算) : totaling合算して(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の(過半数) : majority過半数を保有している(会社) : company会社(前三(号) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げるものを除き、(当該) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](人) : person(その) : his/her[人を指す場合]その(株主) : shareholder, stockholder株主等の(議決) : resolution議決権の一部を保有しているもの(に限る) : limited to / 第1項の資格(政令で定めるものに限る。) / ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。)
(iv) A company : 会社(かいしゃ)company which has a majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. of the : 当該(とうがい)the Relevant Corporation, and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand a company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the Relevant Corporation and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand companies listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items have, in total, the : 当該(とうがい)the majority : 過半数(かはんすう)majority of All Shareholder's Voting Rights, etc. (excluding those listed : 上場(じょうじょう), 上場された(じょうじょうされた)listed in the : 当該(とうがい)the preceding three item : 号(ごう)[原則] / item 3, 物件(ぶっけん)items and : 及び(および), かつ(かつ), 並びに(ならびに) / A and B, C, and Dand limit : 限度(げんど) / within the limit necessary for …limited to a company : 会社(かいしゃ)company in which the : 当該(とうがい)the Relevant Corporation has part of All Shareholder's Voting Rights, etc.).
附 則
Supplementary Provisions
この(命令) : order / 略式命令, direction[裁判形式としての「命令」の場合]命令は、(法) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法 / 刑法 / 商法 / 民事訴訟法 / 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](施行の日) : the date on which the law comes into effect[法律の施行の日]施行の日(平成二十四年十一月一日)から施行する。
This Ordinance : 規則(きそく)[法形式が省令の場合] / Ordinance for Enforcement of the Commercial Code, 規程(きてい)[法形式が省令の場合]Ordinance shall : しなければならない(しなければならない), するものとする(するものとする)shall come into effect : 効果(こうか), 効力(こうりょく), 影響(えいきょう) / adverse effect on the marine environment, 成立(せいりつ)[契約等], 成立する(せいりつする)effect as of the : 当該(とうがい)the date : 期日(きじつ) / the payment datedate on which the : 当該(とうがい)the Act : 法(ほう)[法律名に使う場合の原則] / Trademark Act, 法律(ほうりつ)[原則]Act comes into effect : 効果(こうか), 効力(こうりょく), 影響(えいきょう) / adverse effect on the marine environment, 成立(せいりつ)[契約等], 成立する(せいりつする)effect (November 1, 2012).