スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律法令名に(暫定版)と表示されているデータは、ネイティブや法令翻訳専門家によるチェック及び修正前のデータであり、今後、修正される場合があります。暫定版
Act on the Promotion of Anti-Doping Activities in Sport (Any data that the title of a law indicates to be a "Tentative translation" has not yet been proofread or corrected by a native English speaker or legal translation expert; this data may be revised in the future.Tentative translation)
平成三十年六月二十日法律第五十八号
Act No. 58 of June 20, 2018
目次
Table of Contents
第一章 総則 (第一条―第十条)
Chapter I General Provisions (Articles 1 to 10)
第二章 基本方針 (第十一条)
Chapter II Basic Policies (Article 11)
第三章 基本的施策 (第十二条―第十六条)
Chapter III Basic Measures (Articles 12 to 16)
附 則
Supplementary Provisions
第一章 総則
Chapter I General Provisions
(目的)
(Purpose)
第一条 この法律は、スポーツ基本法(平成二十三年法律第七十八号)及びスポーツにおけるドーピングの防止に関する国際規約(以下「国際規約」という。)の趣旨にのっとり、ドーピング防止活動の推進に関し、基本理念を定め、国の責務等を明らかにするとともに、基本方針の策定その他の必要な事項を定めることにより、ドーピング防止活動に関する施策を総合的に推進し、もってスポーツを行う者の心身の健全な発達及びスポーツの発展に寄与することを目的とする。
Article 1 The purpose of this Act is to comprehensively promote measures related to anti-doping activities and thereby contribute to healthy development of mind and body of persons who play sport and development of sport by setting forth basic principles related to promotion of anti-doping activities, clarifying responsibilities of the national government and setting forth establishment of basic policies and other necessary matters, in accordance with the purport of the Basic Act on Sports (Act No. 78 of 2011) and the International Convention against Doping in Sport (hereinafter referred to as the "international convention").
(定義)
(Definitions)
第二条 この法律において「国際競技大会等出場スポーツ選手」とは、国際競技大会等(オリンピック競技大会、パラリンピック競技大会その他の国際的な規模のスポーツの競技会及び全国的な規模のスポーツの競技会をいう。第十五条第一項において同じ。)に出場し、又は出場しようとするスポーツ選手(プロスポーツの選手を含む。)をいう。
Article 2 (1) The term "sport athletes participating in international competitive events, etc." as used in this Act means sport athletes (including athletes of professional sport) who participate or intend to participate in any international competitive events, etc. (meaning international sport events, such as the Olympic Games, the Paralympic Games and other events, and national scale sport events; the same shall apply in Article 15, paragraph (1)).
2 この法律において「スポーツ競技会運営団体」とは、スポーツの振興のための事業を行うことを主たる目的とする団体であって、スポーツの競技会の準備及び運営を行うものをいう。
(2) The term "associations operating sport events" as used in this Act means associations whose primary purpose are to promote sport and which prepare and operate sport events.
3 この法律において「スポーツにおけるドーピング」とは、禁止物質(スポーツ選手の競技に関する能力を不当に向上させる効果を有するためスポーツにおける使用を禁止すべき物質として文部科学省令で定める物質をいう。)の国際競技大会等出場スポーツ選手に対する使用その他の国際競技大会等出場スポーツ選手の競技に関する能力を不当に向上させると認められる行為(以下この項において「禁止物質の使用等」という。)、禁止物質の使用等の目的でこれに用いられる薬品その他の物品を所持する行為、ドーピングの検査(禁止物質の使用等に係る検査に関する計画の立案、国際競技大会等出場スポーツ選手からの検体の採取、当該検体の保管及び当該検体の輸送を含む。以下同じ。)を妨げる行為その他の国際規約に違反する行為として文部科学省令で定める行為をいう。
(3) The term "doping in sport" as used in this Act means conducts specified by Order of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology as the violation of the international convention such as conducts regarded as unduly enhancing the performance of sport athletes participating in international competitive events in relation to competitions (hereafter referred to as "the use, etc. of prohibited substances" in this paragraph) including using prohibited substances(which are specified by Order of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology as the substances whose use should be prohibited in sport due to their effects to unduly enhance performance of sport athletes in relation to competitions) to sport athletes participating in international competitive events, conducts to possess drugs and other goods used for the purposes of use of prohibited substances etc. and conducts to interfere with doping testing (including test distribution planning for detecting use of prohibited substances, etc. sample collection from sport athletes participating in international competitive events, etc. sample handing and sample transport; the same applies hereinafter).
4 この法律において「ドーピング防止活動」とは、ドーピングの検査、スポーツにおけるドーピングの防止に関する教育及び啓発その他のスポーツにおけるドーピングの防止に必要な活動をいう。
(4) The term "anti-doping activities" as used in this Act means necessary activities for anti-doping in sport such as doping tests, education and edification related to anti-doping in sport.
(基本理念)
(Basic Principles)
第三条 ドーピング防止活動は、スポーツにおける公正性及びスポーツを行う者の心身の健康の保持増進が確保されることを旨として、推進されなければならない。
Article 3 (1) Anti-doping activities must be promoted with intent to secure fairness in sport as well as maintenance and promotion of physical and mental health of persons who play sport.
2 ドーピング防止活動は、ドーピングの検査における公平性及び透明性が確保されるよう推進されなければならない。
(2) Anti-doping activities must be promoted so that fairness and transparency in doping testing can be secured.
3 ドーピング防止活動は、スポーツ競技会運営団体の自主性及び自律性が確保されるよう推進されなければならない。
(3) Anti-doping activities must be promoted so that independence and autonomy of associations operating sport events can be secured.
4 ドーピング防止活動は、スポーツの多様性に配慮しつつ推進されなければならない。
(4) Anti-doping activities must be promoted while giving consideration to diversity of sport.
(スポーツにおけるドーピングの禁止)
(Prohibition of Doping in Sport)
第四条 国際競技大会等出場スポーツ選手は、不正の目的をもって、自己のためにスポーツにおけるドーピングを行い、又は他の国際競技大会等出場スポーツ選手のためにスポーツにおけるドーピングを行い、若しくは助けてはならない。
Article 4 (1) Sport athletes participating in international competitive events, etc. shall not conduct doping in sport for his/her own benefit nor conduct nor assist doping in sport for other sport athletes participating in international competitive events, etc. with fraudulent intent, .
2 国際競技大会等出場スポーツ選手に対して指導又は訓練を行う者、国際競技大会等出場スポーツ選手が属するチームの業務に従事する者、国際競技大会等出場スポーツ選手に対して医療を提供する医師その他の国際競技大会等出場スポーツ選手の支援を行う者は、不正の目的をもって、国際競技大会等出場スポーツ選手のためにスポーツにおけるドーピングを行い、又は助けてはならない。
(2) Persons who provide support for sport athletes participating in international competitive events, etc. such as persons coaching or training sport athletes participating in international competitive events, etc., persons engaging in business of a team composed of sport athletes participating in international competitive events, etc., physicians providing medical care for sport athletes participating in international competitive events, etc. shall not conduct nor assist doping in sport for sport athletes participating in international competitive events, etc. with fraudulent intent.
(国の責務)
(Responsibilities of the National Government)
第五条 国は、第三条の基本理念(以下単に「基本理念」という。)にのっとり、ドーピング防止活動の推進に関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。
Article 5 The national government shall be responsible for comprehensively formulating and implementing measures related to promotion of anti-doping activities in accordance with the basic principles set forth in Article 3 (hereinafter simply referred to as "basic principles").
(日本スポーツ振興センターの役割)
(Role of the Japan Sport Council)
第六条 独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「センター」という。)は、国及び公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(平成十三年九月十六日に財団法人日本アンチ・ドーピング機構という名称で設立された法人をいう。以下「日本アンチ・ドーピング機構」という。)と連携し、ドーピング防止活動における中核的な機関として積極的な役割を果たすものとする。
Article 6 Incorporated Administrative Agency, Japan Sport Council (hereinafter referred to as, the "Council") is to coordinate with the national government and public interest incorporated foundation, Japan Anti-Doping Agency (meaning the juridical person established on September 16, 2001, under the name of incorporated foundation Japan Anti-Doping Agency; hereinafter referred to as "Japan Anti-Doping Agency") and play active roles as a core institution in anti-doping activities.
(スポーツ競技会運営団体の努力)
(Efforts of Associations Operating Sport Events)
第七条 スポーツ競技会運営団体は、基本理念にのっとり、ドーピング防止活動に主体的かつ積極的に取り組むよう努めるものとする。
Article 7 Associations operating sport events are to endeavour proactively and actively engage in anti-doping activities in accordance with the basic principles.
(関係者相互の連携及び協働)
(Coordination and Collaboration between Related Parties)
第八条 国、センター、日本アンチ・ドーピング機構、スポーツ競技会運営団体及び民間事業者その他の関係者は、基本理念の実現を図るため、相互に連携を図りながら協働するよう努めなければならない。
Article 8 The national government, the Council, Japan Anti-Doping Agency, associations operating sport events and private business operators, and other related parties must endeavour to collaborate and coordinate with each other in order to realize the basic principles.
(地方公共団体の努力義務)
(Duty to make efforts of Local Governments)
第九条 地方公共団体は、基本理念にのっとり、ドーピング防止活動の推進に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、その地方公共団体の地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施するよう努めなければならない。
Article 9 Local governments must endeavour to establish and implement measures related to promotion of anti-doping activities suitable for the circumstances of their regions of the local governments, considering appropriate roles between the national government and them in accordance with the basic principles.
(法制上の措置等)
(Legislative Measures)
第十条 政府は、ドーピング防止活動の推進に関する施策を実施するため必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない。
Article 10 The government must take legislative, financial and other measures necessary to implement policies for promotion of anti-doping activities.
第二章 基本方針
Chapter II Basic Policies
第十一条 文部科学大臣は、ドーピング防止活動に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針(以下この条において「基本方針」という。)を定めなければならない。
Article 11 (1) The Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology must establish a basic policies for comprehensively promoting measures related to anti-doping activities (hereinafter referred to as the "basic policies" in this Article).
2 基本方針は、ドーピング防止活動を推進するための基本的な事項その他必要な事項について定めるものとする。
(2) The basic policies are to set forth basic matters and other necessary matters to promote anti-doping activities.
3 文部科学大臣は、基本方針を定め、又は変更しようとするときは、関係行政機関の長に協議するものとする。
(3) The Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology is to consult with the heads of the relevant administrative organs if he/she intends to establish or to change the basic policies.
4 文部科学大臣は、基本方針を定め、又は変更したときは、遅滞なく、これを公表するものとする。
(4) The Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology is to announce those policies without delay when he/she establishes or changes the basic policies.
第三章 基本的施策
Chapter III Basic Measures
(人材の育成及び確保)
(Development and Securement of Human Resources)
第十二条 国は、ドーピングの検査を行う者、これを補助する者その他のドーピング防止活動を担う人材の育成及び確保が図られるよう、ドーピング防止活動に関する教育及び研修の実施その他の必要な施策を講ずるものとする。
Article 12 The national government is to take necessary measures including the implement of education and training related to anti-doping activities, and other measures in order to develop and secure human resources who engage in anti-doping activities such as persons engaged in doping testing and assisting them.
(研究開発の促進)
(Promotion of Research and Development)
第十三条 国は、大学その他の研究機関が行うドーピング防止活動に関する研究開発を促進するために必要な施策を講ずるものとする。
Article 13 The national government is to take necessary measures to promote research and development related to anti-doping activities performed by universities and other research institutes.
(教育及び啓発の推進等)
(Promotion of Education and Edification)
第十四条 国及び地方公共団体は、ドーピング防止活動に関する国民の理解と関心を深めるよう、ドーピング防止活動に関する教育及び啓発の推進その他の必要な施策を講ずるものとする。
Article 14 (1) The national government and the local governments are to take necessary measures including the promotion of education and edification related to anti-doping activities, and other measures in order to deepen citizens' understanding and interests related to anti-doping activities.
2 国は、ドーピング防止活動に資するよう、医師、歯科医師、薬剤師その他の医療従事者に対する情報の提供、研修の機会の確保その他の必要な施策を講ずるものとする。
(2) The national government is to take necessary measures such as providing information and securing training opportunities to medical personnel including physicians, dentists, pharmacists, and other personnel in order to contribute to anti-doping activities.
(情報の共有等)
(Sharing of Information)
第十五条 国は、我が国における国際競技大会等の開催が円滑になされるよう、国の行政機関、センター、日本アンチ・ドーピング機構及び国際的なスポーツにおけるドーピングの防止に関する機関の間におけるスポーツにおけるドーピングに関する情報の共有を図るために必要な施策を講ずるものとする。
Article 15 (1) The national government is to take necessary measures for sharing information related to doping in sport among national administrative organs, the Council, Japan Anti-Doping Agency and international anti-doping agencies in sport so that international competitive events, etc. in Japan can take place smoothly.
2 文部科学大臣は、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対し、資料又は情報の提供その他の必要な協力を求めることができる。
(2) The Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology may request necessary cooperation of heads of relevant administrative organs such as providing data or information if it is deemed necessary for achieving the purpose of this Act.
(国際協力の推進等)
(Promotion of International Cooperation)
第十六条 国は、前条第一項に定めるもののほか、ドーピング防止活動に関する国際協力を推進するとともに、センター及び日本アンチ・ドーピング機構が国際的なスポーツにおけるドーピングの防止に関する機関との連携を図るために必要な施策を講ずるものとする。
Article 16 In addition to what is provided in paragraph(1) of the preceding Article, the national government is to promote international cooperation related to anti-doping activities and take necessary measures for the Council and Japan Anti-Doping Agency to cooperate with international anti-doping agencies in sport.
附 則
Supplementary Provisions
(施行期日)
(Effective Date)
1 この法律は、平成三十年十月一日から施行する。
(1) This Act comes into effect as of October 1, 2018.
(検討)
(Review)
2 政府は、この法律の施行後速やかに、スポーツにおけるドーピングの防止のための対策についてスポーツにおけるドーピングに関する国の関与の在り方を含めて検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。
(2) The government is to, promptly after this Act comes into effect, review the measures for anti-doping in sport including its way of involvement of the national government related to doping in sport, and take the necessary measures based on the results of the review.