重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律法令名に(暫定版)と表示されているデータは、ネイティブや法令翻訳専門家によるチェック及び修正前のデータであり、今後、修正される場合があります。暫定版
Act on Review and Regulation of Real Estate Usage (Any data that the title of a law indicates to be a "Tentative translation" has not yet been proofread or corrected by a native English speaker or legal translation expert; this data may be revised in the future.Tentative translation)
令和三年六月二十三日法律第八十四号
Act No. 84 of June 23, 2021
第一章 総則
Chapter I General Provisions General Provisions
(目的)
Purpose
第一条 この法律は、重要施設の周辺の区域内及び国境離島等の区域内にある土地等が重要施設又は国境離島等の機能を阻害する行為の用に供されることを防止するため、基本方針の策定、注視区域及び特別注視区域の指定、注視区域内にある土地等の利用状況の調査、当該土地等の利用の規制、特別注視区域内にある土地等に係る契約の届出等の措置について定め、もって国民生活の基盤の維持並びに我が国の領海等の保全及び安全保障に寄与することを目的とする。
Article 1 The purposes of this Act is to contribute to maintain the base of people's lives, to preserve integrity of territorial waters, and to ensure national security by formulating Basic policy and taking measures such as designation of "Monitored Areas" and "Intensively Monitored Areas", review and restriction of real estate usage in those areas, pre-notification of contract of real estate transaction in "Intensively monitored Areas" and so on with a view to preventing the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions.
(定義等)
Definitions
第二条 この法律において「土地等」とは、土地及び建物をいう。
Article 2 (1) The term "Real estate" as used in this Act shall mean land or building attached to land.
2 この法律において「重要施設」とは、次に掲げる施設をいう。
(2) The term "Sensitive facilities" as used in this Act shall mean the following facilities;
一 自衛隊の施設並びに日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二条第一項の施設及び区域(第四項第一号において「防衛関係施設」という。)
(i) facilities of Japan Self Defense Forces, and facilities and areas defined in Article 2, paragraph (1) of the Agreement under Article VI of the Treaty of Mutual Cooperation and Security between Japan and the United States of America regarding Facilities and Areas and the Status of United States Armed Forces in Japan (referred to as "Defense facilities" in paragraph (4), item (i))
二 海上保安庁の施設
(ii) facilities of Japan Coast Guard
三 国民生活に関連を有する施設であって、その機能を阻害する行為が行われた場合に国民の生命、身体又は財産に重大な被害が生ずるおそれがあると認められるもので政令で定めるもの(第四項第三号及び第十四条第二項第一号において「生活関連施設」という。)
(iii) facilities pertaining to lives of people and deemed to cause a significant damage on people's life, body, and properties unless their safety is secured, which are to be designated by Cabinet Order. (referred to as "Life-related facilities" in paragraph (4), item (iii) and in Article 14, paragraph 2, item (i))
3 この法律において「国境離島等」とは、次に掲げる離島をいう。
(3) The term "Border islands" as used in this Act shall mean;
一 領海及び接続水域に関する法律(昭和五十二年法律第三十号)第一条第一項の海域の限界を画する基礎となる基線(同法第二条第一項に規定する基線をいい、同項の直線基線の基点を含む。)を有する離島
(i) the islands holding the baseline for measuring the breadth of the territorial waters, defined in Article 1, paragraph (1) of the Act on Territorial Waters and Contiguous Water Area (Act No.30 of 1977) (the baseline referrers to that prescribed in Article 2, paragraph (1) of the same Act including the appropriate point of the straight baseline prescribed in the paragraph.)
二 前号に掲げるもののほか、有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法(平成二十八年法律第三十三号)第二条第一項に規定する有人国境離島地域を構成する離島(第五項第二号において「有人国境離島地域離島」という。)
(ii) other than the islands defined in the preceding item, the islands prescribed in Article 2, paragraph (1) of the Act on Preserving Remote Island Areas. (Act No.33 of 2016) (referred to as "Remote islands Areas" in paragraph (5), item (ii))
4 この法律において「施設機能」とは、次に掲げる機能をいう。
(4) The term "function of facility" as used in this Act shall mean;
一 防衛関係施設の我が国を防衛するための基盤としての機能
(i) function of the defense facilities as a base of national defense.
二 海上保安庁の施設の領海、排他的経済水域及び大陸棚に関する法律(平成八年法律第七十四号)第一条第一項の排他的経済水域又は同法第二条の大陸棚(次項第二号において「領海等」という。)の保全に関する活動の基盤としての機能
(ii) function of the facilities of the Japan Coast Guard as a base of preservation of the EEZ and continental shelf defined in Article 1, paragraph (1) and Article 2 of the Act on EEZ and Continental shelf (Act No.74 of 1996) (referred to as "territorial waters etc." in the following paragraph, item (ii))
三 生活関連施設の国民生活の基盤としての機能
(iii) function of the Life-related facilities as a base of the lives of people.
5 この法律において「離島機能」とは、次に掲げる機能をいう。
(5) The term "function of remote islands" as used in this Act shall mean;
一 第三項第一号に掲げる離島の領海及び接続水域に関する法律第一条第一項の海域又は排他的経済水域及び大陸棚に関する法律第一条第二項の海域若しくは同法第二条第一号の海域の限界を画する基礎としての機能
(i) function of remote islands listed in paragraph (3), item (i) as a baseline of the territorial waters defined in Article 1, paragraph (1) of the Act on Territorial Waters and Contiguous Water Area, and Article 1, paragraph (2) or Article 2, item (i) of the Act on EEZ and Continental shelf.
二 有人国境離島地域離島の領海等の保全に関する活動の拠点としての機能
(ii) function of the Remote island Areas as a base of activity pertaining to preservation of the territorial waters etc.
6 内閣総理大臣は、第二項第三号の政令の制定又は改廃の立案をするときは、あらかじめ、土地等利用状況審議会の意見を聴かなければならない。
(6) The Prime Minister shall, before enacting, revising or abolishing Cabinet order set forth in paragraph (2), item (iii), hear opinions of the Council on usage of real estate.
(この法律の規定による措置の実施に当たっての留意事項)
Considerations in the implementation of the measures provided for in this Act
第三条 内閣総理大臣は、この法律の規定による措置を実施するに当たっては、個人情報の保護に十分配慮しつつ、注視区域内にある土地等が重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する行為の用に供されることを防止するために必要な最小限度のものとなるようにしなければならない。
Article 3 The Prime Minister shall, in taking measures provided for in this Act give due consideration so that they are limited to bare minimum in order to prevent the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions and that personal information should be protected.
第一章 基本方針
Chapter I Basic Policy
第四条 政府は、重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止に関する基本的な方針(以下この条において「基本方針」という。)を定めなければならない。
Article 4 (1) The Government shall formulate a basic policy (hereafter in this Article referred to as "Basic Policy") on preventing the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions.
2 基本方針は、次に掲げる事項について定めるものとする。
(2) Basic Policy provides for the following matters;
一 重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止に関する基本的な方向
(i) basic orientation on preventing the inappropriate use of above mentioned real estate that interferes with their functions,
二 注視区域及び特別注視区域の指定に関する基本的な事項(当該指定に関し経済的社会的観点から留意すべき事項を含む。)
(ii) principles on designation of"Monitored Areas"and"Intensively Monitored Areas"(Economic and social aspects shall be taken into account.)
三 注視区域内にある土地等の利用の状況等についての調査に関する基本的な事項
(iii) principles on "Review of real estate usage"
四 注視区域内にある土地等の利用者(所有者又は所有権以外の権原に基づき使用若しくは収益をする者をいう。以下同じ。)に対する勧告及び命令に関する基本的な事項(当該勧告及び命令に係る重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する行為の具体的内容に関する事項を含む。)
(iv) principles on recommendation and order to users of real estate (owner, and user or beneficiary of real estate holding rights other than ownership. The same shall apply hereinafter)
五 前各号に掲げるもののほか、重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止に関し必要な事項
(v) the necessary matters related to the prevention of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions other than listed in the preceding items.
3 内閣総理大臣は、基本方針の案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。
(3) The Prime Minister shall formulate a draft of Basic Policy and ask for Cabinet decision.
4 内閣総理大臣は、前項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、基本方針を公表しなければならない。
(4) When a Cabinet decision prescribed in the preceding paragraph is made, the Prime Minister shall make public Basic Policy without delay.
5 前二項の規定は、基本方針の変更について準用する。
(5) The provisions of preceding two paragraphs shall apply mutatis mutandis to the change of Basic Policy.
第二章 注視区域
Chapter II "Monitored Areas"
(注視区域の指定)
Designation of "Monitored Areas"
第五条 内閣総理大臣は、重要施設の敷地の周囲おおむね千メートルの区域内及び国境離島等の区域内の区域で、その区域内にある土地等が当該重要施設の施設機能又は当該国境離島等の離島機能を阻害する行為の用に供されることを特に防止する必要があるものを、注視区域として指定することができる。
Article 5 (1) The Prime Minister may designate as "Monitored Areas" the areas within a distance of approximately 1,000 meters from sensitive facilities and those in remote islands, when they are especially in need of preventing the inappropriate use that interferes with their functions.
2 内閣総理大臣は、注視区域を指定する場合には、あらかじめ、関係行政機関の長に協議するとともに、土地等利用状況審議会の意見を聴かなければならない。
(2) The Prime Minister shall, when designating "Monitored Areas", consult with the head of relevant administrative organs and hear opinions of the Council on use of real estate.
3 内閣総理大臣は、注視区域を指定する場合には、その旨及びその区域を官報で公示しなければならない。
(3) The Prime Minister shall, upon designating "Monitored Areas", give public notice in the official gazette the fact thereof and the designated areas.
4 注視区域の指定は、前項の規定による公示によってその効力を生ずる。
(4) Designation of "Monitored Areas" becomes effective by public announce presribed in the preceding paragraph.
5 内閣総理大臣は、第三項の規定による公示をしたときは、速やかに、その指定された区域その他内閣府令で定める事項を関係地方公共団体の長に通知しなければならない。
(5) After making the announce pursuant to the provisions of paragraph (3), the Prime Minister shall promptly inform the head of the relevant local government of the designated areas and other particulars provided for in Cabinet Office Ordinance.
6 第二項から前項までの規定は、注視区域の指定の解除及びその区域の変更について準用する。この場合において、注視区域の指定の解除について準用するときは、第三項中「その旨及びその区域」とあり、及び前項中「その指定された区域その他内閣府令で定める事項」とあるのは、「その旨」と読み替えるものとする。
(6) The matters prescribed from paragraph (2) to the preceding paragraph inclusive shall apply mutatis mutandis to the abolition and the change of the designation of "Monitored Areas". In the case where this applies to mutatis mutandis to the abolition of "Monitored Areas", "the fact thereof and the designated areas" in the paragraph 3 and "the designated areas and other particulars provided for in Cabinet Office Ordinance" in the preceding paragraph shall be deemed to be replaced with "the fact thereof".
(土地等利用状況調査)
"Review of real estate usage"
第六条 内閣総理大臣は、注視区域内にある土地等の利用の状況についての調査(次条第一項及び第八条において「土地等利用状況調査」という。)を行うものとする。
Article 6 The Prime Minister shall conduct a review of the status of real estate usage in "Monitored Areas" (referred to as "Review of real estate usage" in the following article, paragraph (1) and in Article 8)
(利用者等関係情報の提供)
Provision of information pertaining to the user of real estate etc.
第七条 内閣総理大臣は、土地等利用状況調査のために必要がある場合においては、関係行政機関の長及び関係地方公共団体の長その他の執行機関に対して、当該土地等利用状況調査に係る注視区域内にある土地等の利用者その他の関係者に関する情報のうちその者の氏名又は名称、住所その他政令で定めるものの提供を求めることができる。
Article 7 (1) The Prime Minister may require the heads of relevant administrative organs and local governments, and other executive agencies of relevant local governments the name and address of the user and relevant parties of the said real estate and other matters provided for by Cabinet Order, among the information related to those parties when it is necessary for "Review of real estate usage".
2 関係行政機関の長及び関係地方公共団体の長その他の執行機関は、前項の規定による求めがあったときは、同項に規定する情報を提供するものとする。
(2) The heads of relevant administrative organs and local governments, and other executive agencies of relevant local governments shall provide the information prescribed in the preceding paragraph when required pursuant to the provisions of the said paragraph.
(報告の徴収等)
Collection of report etc.
第八条 内閣総理大臣は、前条第一項の規定により、同項に規定する情報の提供を求めた結果、土地等利用状況調査のためなお必要があると認めるときは、注視区域内にある土地等の利用者その他の関係者に対し、当該土地等の利用に関し報告又は資料の提出を求めることができる。
Article 8 The Prime Minister may require report or written document with regard to the status of usage of the said real estate when he still finds it necessary for "Review of real estate usage" after having required the provision of the information pursuant to the provision of the preceding article, paragraph (1).
(注視区域内にある土地等の利用者に対する勧告及び命令)
Recommendation and order to the user of real estate in "Monitored Areas"
第九条 内閣総理大臣は、注視区域内にある土地等の利用者が当該土地等を重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する行為の用に供し、又は供する明らかなおそれがあると認めるときは、土地等利用状況審議会の意見を聴いて、当該土地等の利用者に対し、当該土地等を当該行為の用に供しないことその他必要な措置をとるべき旨を勧告することができる。
Article 9 (1) When the Prime Minister finds that a user of real estate in "Monitored Area" uses the said real estate in a way that interferes with functions of sensitive facilities or border islands or that there is an obvious indication for such usage, he may recommend, after consulting the Council on real estate usage, the user to take necessary measures so that the said real estate should not be used in an inappropriate way that interferes with their functions.
2 内閣総理大臣は、前項の規定による勧告を受けた者が、正当な理由がなく、当該勧告に係る措置をとらなかったときは、当該者に対し、当該措置をとるべきことを命ずることができる。
(2) In the case where a person who received recommendation pursuant to the provision of the preceding paragraph does not take action pertaining to the recommendation without any justifiable ground, the Prime Minister may make order to the said person to take such action.
(損失の補償)
Compensation for losses
第十条 内閣総理大臣は、前条第一項の規定による勧告又は同条第二項の規定による命令(以下この項及び次条第一項において「勧告等」という。)を受けた者が当該勧告等に係る措置をとったことによりその者が損失を受け、又は他人に損失を与えた場合においては、その損失を受けた者に対して、通常生ずべき損失を補償する。ただし、当該勧告等に係る行為をするについて、他の法律(法律に基づく命令及び条例を含む。)で行政庁の許可その他の処分を受けるべきことを定めているもの(当該許可その他の処分を受けることができないために損失を受けた者に対して、その損失を補償すべきことを定めているものを除く。)がある場合において、当該許可その他の処分の申請が却下されたとき、又は却下されるべき場合に該当するときにおける当該勧告等に係る措置については、この限りでない。
Article 10 (1) In the case where a person who received recommendation or order prescribed in the preceding Article, paragraph (1) and (2) (Referred to as "recommendation etc." in this paragraph and the following Article, paragraph (1)) takes measures pertaining to the recommendation etc. and stands a loss or causes a loss to the other as a result, the Prime Minister compensates for the ordinary losses. However, this shall not apply to the cases where other legislations (including orders and regulations based on Acts) require permission or any other administrative actions before taking such measures and the application for such administration acts have been dismissed or the application should be dismissed. (unless the compensation for the loss for not receiving such administrative actions is prescribed in those legislations.)
2 前項の規定による損失の補償については、内閣総理大臣と損失を受けた者が協議しなければならない。
(2) The Prime Minister and a person who has stood a loss due to the provisions of the preceding paragraph shall discuss on compensation.
3 前項の規定による協議が成立しない場合においては、内閣総理大臣又は損失を受けた者は、政令で定めるところにより、収用委員会に土地収用法(昭和二十六年法律第二百十九号)第九十四条第二項の規定による裁決を申請することができる。
(3) Where no agreement is reached pursuant to the provisions of the preceding paragraph, the Prime Minister or those who have stood a loss may apply for a determination by the Expropriation committee prescribed in the provision of the Article 94, paragraph (2) of the Expropriation of Land Act (Act No.219 of 1951) pursuant to the provisions of Cabinet Order.
(土地等に関する権利の買入れ)
Purchase of rights pertaining to real estate
第十一条 内閣総理大臣は、注視区域内にある土地等について、その所有者から勧告等に係る措置によって当該土地等の利用に著しい支障を来すこととなることにより当該土地等に関する権利(土地の所有権又は建物の所有権(当該建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権を含む。)をいう。以下この条において同じ。)を買い入れるべき旨の申出があった場合においては、第三項の規定による買入れが行われる場合を除き、特別の事情がない限り、これを買い入れるものとする。
Article 11 (1) The Prime Minister shall purchase the real estate in "Monitored Areas" when the owner offers the Government for the purchase of its right (property of land or building (including superficies or the right to lease land for the purpose of owing of the said building)), for the measures related to recommendation etc. should cause a significant damage to the use of the said real estate, unless it is to be purchased under the provision of paragraph 3 and there is no particular obstacles.
2 内閣総理大臣は、前項の申出があった場合において、当該権利の買入れを希望する国の行政機関があるときは、当該国の行政機関の長を当該権利の買入れの相手方として定めることができる。
(2) When the offer under the preceding paragraph was made, and a national administrative agency desires to purchase the said rights, the Prime Minister may nominate the head of the agency as a buyer.
3 前項の場合においては、当該権利の買入れの相手方として定められた国の行政機関の長が、当該権利を買い入れるものとする。
(3) In the case of the preceding paragraph, the nominated head of the national administrative agency shall purchase the said rights.
4 第一項又は前項の規定による買入れをする場合における権利の価額は、時価によるものとする。
(4) The price of the said purchase pursuant to the provision of paragraph (1) and the preceding paragraph shall be market price.
第三章 特別注視区域
Chapter III "Intensively Monitored Areas"
(特別注視区域の指定)
Designation of "Intensively Monitored Areas
第十二条 内閣総理大臣は、注視区域に係る重要施設が特定重要施設(重要施設のうち、その施設機能が特に重要なもの又はその施設機能を阻害することが容易であるものであって、他の重要施設によるその施設機能の代替が困難であるものをいう。次条第一項において同じ。)である場合又は注視区域に係る国境離島等が特定国境離島等(国境離島等のうち、その離島機能が特に重要なもの又はその離島機能を阻害することが容易であるものであって、他の国境離島等によるその離島機能の代替が困難であるものをいう。同項において同じ。)である場合には、当該注視区域を、特別注視区域として指定することができる。
Article 12 (1) The Prime Minister may designate "Monitored Areas" as "Intensively Monitored Areas" when sensitive facilities in those areas are highly sensitive facilities (facilities whose functions are of particular importance or vulnerable, and not substitutable) or when border islands in those areas are the specific border islands (islands whose functions are of particular importance or vulnerable, and not substitutable.)
2 内閣総理大臣は、特別注視区域を指定する場合には、あらかじめ、関係行政機関の長に協議するとともに、土地等利用状況審議会の意見を聴かなければならない。
(2) When designating "Intensively Monitored Areas", the Prime Minister shall consult with the head of relevant administrative organs and hear the opinion of the Council on real estate usage in advance.
3 内閣総理大臣は、特別注視区域を指定する場合には、その旨及びその指定に係る注視区域を官報で公示しなければならない。
(3) When designating "Intensively Monitored Areas", the Prime Minister shall give public notice the fact thereof and the designated areas in the official gazette.
4 特別注視区域の指定は、前項の規定による公示によってその効力を生ずる。
(4) Designation of "Intensively Monitored Areas" becomes effective by public announce prescribed in the preceding paragraph.
5 内閣総理大臣は、第三項の規定による公示をしたときは、速やかに、その指定に係る注視区域その他内閣府令で定める事項を関係地方公共団体の長に通知しなければならない。
(5) After making the announce pursuant to paragraph (3), the Prime Minister shall promptly inform the head of the relevant local governments of the designated monitored areas and other particulars provided for in Cabinet Office Ordinance.
6 特別注視区域の指定は、その指定に係る注視区域の区域が変更されたときは、当該変更後の注視区域の区域に変更されたものとみなす。この場合においては、内閣総理大臣は、その旨を官報で公示しなければならない。
(6) The change in the designation of "Monitored Areas" shall be deemed to apply to "Intensively Monitored Areas". In this case, the Prime Minister shall give public notice in the official gazette the fact thereof and the covered areas.
7 第二項から第五項までの規定は、特別注視区域の指定の解除について準用する。この場合において、第三項中「その旨及びその指定に係る注視区域」とあり、及び第五項中「その指定に係る注視区域その他内閣府令で定める事項」とあるのは、「その旨」と読み替えるものとする。
(7) The provisions from paragraph (2) to (5) inclusive shall apply mutatis mutandis to the abolition of "Intensively Monitored Areas". In this case,"the fact thereof and the covered areas"in paragraph 3, and "the designated areas and other particulars provided for in Cabinet Office Ordinance" in paragraph 5 shall be deemed to be replaced with "the fact thereof".
8 特別注視区域として指定された注視区域についてその指定が解除されたときは、当該特別注視区域は、その指定が解除されたものとみなす。この場合においては、第六項後段の規定を準用する。
(8) The abolition of "Monitored Areas" shall be deemed to apply to that of "Intensively Monitored Areas". In this case, the provision of the latter part of paragraph (6) shall apply mutatis mutandis.
(特別注視区域内における土地等に関する所有権等の移転等の届出)
Pre-notification of transaction of property rights and so on of real estate in "Intensively Monitored Areas"
第十三条 特別注視区域内にある土地等(その面積(建物にあっては、床面積。第二号において同じ。)が二百平方メートルを下回らない範囲内で政令で定める規模未満の土地等を除く。以下この項及び第三項において同じ。)に関する所有権又はその取得を目的とする権利(以下この項において「所有権等」という。)の移転又は設定をする契約(予約を含み、当該契約に係る土地等に関する所有権等の移転又は設定を受ける者が国、地方公共団体その他政令で定める者である契約その他当該契約による土地等に関する所有権等の移転又は設定後における当該土地等が特定重要施設の施設機能又は特定国境離島等の離島機能を阻害する行為の用に供されるおそれが少ないものとして政令で定める契約を除く。以下この条及び第二十六条第一号において「土地等売買等契約」という。)を締結する場合には、当事者は、次に掲げる事項を、内閣府令で定めるところにより、あらかじめ、内閣総理大臣に届け出なければならない。
Article 13 (1) Before concluding a contract of transfer or establishment of property rights or other rights on real estate whose purposes are its acquisition (hereafter in this paragraph referred to as "property right etc.") of real estate in "Intensively Monitored Areas" (excluding the area smaller than what shall be prescribed by Cabinet Order, which shall not be smaller than 200 square meters), the parties shall pre-notify the Prime Minister the following matters pursuant to the provision of the Cabinet Office Ordinance (Including reservation of the contract. Excluding the case where the other party of the contract of the transfer or establishment of property right etc. is Government, local government, or others provided for in Cabinet Order, and other cases where a type of the contract is provided for in Cabinet Order that it has little risk of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions. Hereafter and in Article 26 paragraph (1) referred to as "Contract of real estate transaction.)
一 当事者の氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
(i) name and address of the party, and in the case of a corporation, name of its representative;
二 当該土地等売買等契約の対象となる土地等の所在及び面積
(ii) location and area pertaining to the contract of real estate transaction;
三 当該土地等売買等契約の目的となる土地等に関する所有権等の種別及び内容
(iii) type and details of rights on real estate pertaining to the contract of real estate transaction;
四 当該土地等売買等契約による土地等に関する所有権等の移転又は設定後における当該土地等の利用目的
(iv) the purpose of use of real estate after transfer or establishment of rights on real estate;
五 前各号に掲げるもののほか、内閣府令で定める事項
(v) beyond what is set forth in the preceding items, the matters provided for in Cabinet Office Ordinance .
2 前項の規定は、民事調停法(昭和二十六年法律第二百二十二号)による調停その他の政令で定める事由により土地等売買等契約を締結する場合には、適用しない。
(2) The provision shall not apply to the contract of real estate transaction to be concluded in conciliation under the Civil Conciliation Act (Act No. 222 of 1951) or by other reasons provided for in Cabinet Order.
3 特別注視区域内にある土地等について、前項に規定する事由により土地等売買等契約を締結したときは、当事者は、当該土地等売買等契約を締結した日から起算して二週間以内に、第一項各号に掲げる事項を、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に届け出なければならない。
(3) The parties of the contract of real estate transaction prescribed in the preceding paragraph should file a notification providing the information listed in each item of paragraph (1) to the Prime Minister within two weeks from the date of the contract pursuant to the provision of Cabinet Office Ordinance.
4 内閣総理大臣は、第一項又は前項の規定による届出があったときは、当該届出に係る第一項各号に掲げる事項についての調査を行うものとする。
(4) The Prime Minister shall, after receiving a pre-notification pursuant to the provision of paragraph (1) and the preceding paragraph, conduct a review of those matters listed in each item of paragraph (1).
5 第七条及び第八条の規定は、前項の規定による調査について準用する。
(5) The provision under Article 7 and 8 inclusive shall apply mutatis mutandis to the review prescribed in the provision of the preceding paragraph.
第四章 土地等利用状況審議会
Chapter IV Council on real estate usage
(土地等利用状況審議会の設置)
Establishment of the Council on real estate usage
第十四条 内閣府に、土地等利用状況審議会(以下「審議会」という。)を置く。
Article 14 (1) The Council on real estate usage shall be established in the Cabinet Office.
2 審議会は、次に掲げる事務をつかさどる。
(2) The Council is responsible for the following administrative affairs.
一 生活関連施設に関し、第二条第六項に規定する事項を処理すること。
(i) with regard to "Life-related facilities", handling the matters prescribed in Article 2 paragraph (6).
二 注視区域の指定に関し、第五条第二項(同条第六項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理すること。
(ii) with regard to the designation of "Monitored Areas", handling the matters provided for in Article 5 paragraph (2). (including the case where applied mutatis mutandis pursuant to paragraph (6).)
三 注視区域内にある土地等の利用者に対する勧告に関し、第九条第一項に規定する事項を処理すること。
(iii) with regard to recommendation to users of real estate in "Monitored Areas", handling the matters prescribed in Article 9, paragraph (1).
四 特別注視区域の指定に関し、第十二条第二項(同条第七項において準用する場合を含む。)に規定する事項を処理すること。
(iv) with regard to the designation of "Intensively Monitored Areas", handling the matters provided for in Article 12 paragraph (2). (including the case where applied mutatis mutandis to paragraph (7).)
五 前各号に掲げるもののほか、重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止に関する重要事項を調査審議し、必要があると認めるときは、内閣総理大臣に対し、意見を述べること。
(v) in addition to what are provided for in each of the preceding items, when necessary, making opinions to the Prime Minister after deliberating important matters pertaining to the prevention of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions.
(組織)
Organization
第十五条 審議会は、委員十人以内で組織する。
Article 15 (1) The Council on real estate usage shall consist of no more than ten members or less.
2 審議会に、専門の事項を調査させるため必要があるときは、専門委員を置くことができる。
(2) Expert advisors may be assigned to the Council on real estate usage when research of particular matter is necessary.
(委員等の任命)
Appointment of the Council Members
第十六条 委員は、法律、国際情勢、内外の社会経済情勢、土地等の利用及び管理の動向等に関して優れた識見を有する者のうちから、内閣総理大臣が任命する。
Article 16 (1) The members of the Council on real estate usage shall be appointed by the Prime Minister among those who have outstanding insights on law, international affairs, domestic and foreign social and economic circumstances, and trend in the usage and management of land.
2 専門委員は、前条第二項の専門の事項に関して優れた識見を有する者のうちから、内閣総理大臣が任命する。
(2) Expert advisors shall be appointed by the Prime Minister among those who have outstanding insights on particular matters prescribed in the preceding article, paragraph (2).
(委員の任期等)
Term of Appointment of Council Members, Etc.
第十七条 委員の任期は、二年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
Article 17 (1) The term of appointment for council members shall be two years. However, the term of appointment for alternate committee members shall be for the remaining term of the appointment of the previous member.
2 委員は、再任されることができる。
(2) Council members may be re-appointed.
3 専門委員は、その者の任命に係る第十五条第二項の専門の事項に関する調査が終了したときは、解任されるものとする。
(3) Expert advisor shall be dismissed at the end of the relevant research on particulars requiring his expertise prescribed in Article 15, paragraph (2).
4 委員及び専門委員は、非常勤とする。
(4) Council members and expert advisors shall be part-time.
(会長)
Chairman
第十八条 審議会に会長を置き、委員の互選により選任する。
Article 18 (1) The Council on real estate usage shall have a chairman co-opted from among the member.
2 会長は、会務を総理し、審議会を代表する。
(2) The chairman shall be in charge of the affairs of the Council on real estate usage and represent the council.
3 会長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員が、その職務を代理する。
(3) When the president is unable to perform their duties, a pre-nominated member shall perform the duties of the president.
(資料の提出等の要求)
Request for the Submission of Materials etc.
第十九条 審議会は、その所掌事務を遂行するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対し、資料の提出、意見の表明、説明その他必要な協力を求めることができる。
Article 19 The Council on real estate usage may, when it finds necessary, request relevant administrative organs for materials, opinions, explanation, and other cooperation.
(政令への委任)
Delegation to Cabinet Order
第二十条 この法律に定めるもののほか、審議会に関し必要な事項は、政令で定める。
Article 20 In addition to what is provided for in this Act, necessary matters pertaining the Council on real estate usage shall be provided for by Cabinet Order.
第五章 雑則
Chapter V Miscellaneous Provisions
(他の法律の規定に基づく措置の実施に関する要求等)
Requests Pertaining to the Implementation of Measures Based on the Provisions of Other Laws
第二十一条 内閣総理大臣は、注視区域内において重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用を防止するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長に対し、当該施設機能又は離島機能の阻害の防止に資する情報の提供をすることができる。
Article 21 (1) The Prime Minister may, when it finds necessary for the prevention of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions, provide relevant administrative organs with the information which contributes to prevent the disturbance of the function of the said facilities and border islands.
2 内閣総理大臣は、注視区域内において重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止を図るために実施し得る他の法律の規定に基づく措置があり、その防止を図るため、当該措置が速やかに実施されることが必要であると認めるときは、当該措置の実施に関する事務を所掌する大臣に対し、当該措置の速やかな実施を求めることができる。
(2) When there are measures provided for in the provisions of other laws that can be implemented with a view to prevent the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions and when the Prime Minister finds it necessary to implement those measures promptly for that purpose, he may request the minister with jurisdiction over the administrative affairs for its implementation without delay.
3 内閣総理大臣は、前項の規定により同項の措置の速やかな実施を求めたときは、同項の大臣に対し、当該措置の実施状況について報告を求めることができる。
(3) When the Prime Minister made a request for the prompt implementation of the measure pursuant to the preceding paragraph, he may request the Minister in charge for report on the status of the implementation.
(関係行政機関等の協力)
Cooperation with relevant administrative organs
第二十二条 内閣総理大臣は、この法律の目的を達成するため必要があると認めるときは、関係行政機関の長及び関係地方公共団体の長その他の執行機関に対し、資料の提供、意見の開陳その他の協力を求めることができる。
Article 22 The Prime Minister may, when it finds necessary for the accomplishment of the purpose of this Act, request the head of relevant administrative organs and local governments, and other executive agencies of relevant local governments for materials, opinions, and other cooperation.
(国による土地等の買取り等)
Purchase of Real Estate by the Government
第二十三条 国は、注視区域内にある土地等であって、重要施設の施設機能又は国境離島等の離島機能を阻害する行為の用に供されることを防止するため国が適切な管理を行う必要があると認められるものについては、当該土地等の所有権又は地上権その他の使用及び収益を目的とする権利の買取りその他の必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
Article 23 When the Government finds it necessary to appropriately manage the real estate in "Monitored Areas" in order to prevent the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions, the Government shall endeavor to purchase properties, superficies or other right of the said real estate held for the purpose of use and revenue.
(内閣府令への委任)
Delegation to Cabinet Office Ordinance
第二十四条 この法律に定めるもののほか、この法律の実施のため必要な事項は、内閣府令で定める。
Article 24 In addition to what is provided for in this Act, necessary matters for the implementation of this Act shall be provided for by Cabinet Office Ordinance.
第六章 罰則
Chapter VI Penalties
第二十五条 第九条第二項の規定による命令に違反したときは、当該違反行為をした者は、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
Article 25 A person who violates an order provided for in Article 9, paragraph 2 shall be punished with imprisonment with work for not more than two years or a fine not exceeding 2,000,000 yen, or both.
第二十六条 次の各号のいずれかに該当する場合には、当該違反行為をした者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
Article 26 A person who falls under any of the following items shall be punished with imprisonment with work for not more than six months or a fine not exceeding 1,000,000 yen:
一 第十三条第一項の規定に違反して、届出をしないで土地等売買等契約を締結したとき。
(i) a person who has concluded a contract for real estate transaction without filing a pre-notification, in violation of the provisions of Article 13, paragraph (3).
二 第十三条第三項の規定に違反して、届出をしなかったとき。
(ii) a person who has failed to file a notification, in violation of the provisions of Article 13, paragraph (3).
三 第十三条第一項又は第三項の規定による届出について、虚偽の届出をしたとき。
(iii) a person who has filed a false pre-notification with regard to a notification prescribed in Article 13, paragraph (1) or (3).
第二十七条 第八条(第十三条第五項において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)の規定による報告若しくは資料の提出をせず、又は第八条の規定による報告若しくは資料の提出について虚偽の報告をし、若しくは虚偽の資料を提出したときは、当該違反行為をした者は、三十万円以下の罰金に処する。
Article 27 A person who has failed to submit oral report or written document or has submit a false report or document provided for in Article 8 (including applied mutatis mutandis to Article 13, paragraph (5) the same hereafter in this Article) shall be punished with a fine not exceeding 300,000 yen.
第二十八条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前三条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する。
Article 28 When a representative, agent, employee of any kinds of a cooperation or a person violates three preceding Articles with regard to the affairs of the cooperation or person, violator shall be punished, and the cooperation and person shall be punished with a fine prescribed in each of those Articles.
附 則
Supplementary Provisions
(施行期日)
Effective date
第一条 この法律は、公布の日から起算して一年三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、第二条第六項、第二章、第五章及び第二十四条並びに附則第三条及び第四条の規定は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
Article 1 This Act comes into effect as of the day specified by Cabinet Order within a period not exceeding 1year and 3months from the date of promulgation; provided, however, that the provisions of Article 2, paragraph (6), Chapter II, Chapter V, Article 24, and Article 3 and 4 of Supplementary Provisions come into effect as of the day specified by Cabinet Order within a period not exceeding 1 year from the date of promulgation.
(検討)
Examination
第二条 政府は、この法律の施行後五年を経過した場合において、この法律の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。
Article 2 Five years after this Act comes into effect, the Government shall examine the implementation status of this Act, and when it finds it necessary, take required measures based on the results of the review.
内閣法の一部改正)
Partial amendment of the Cabinet Act
第三条 内閣法(昭和二十二年法律第五号)の一部を次のように改正する。
Article 3 The Cabinet Act (Act No.5 of 1947) shall be partially amended as follows;
第十六条第二項第一号中「安全保障(」の下に「次号及び」を加え、「もの並びに」を「もの、」に改め、「属するもの」の下に「並びに次号に掲げるもの」を加え、同項第三号中「前二号」を「前三号」に改め、同号を同項第四号とし、同項中第二号を第三号とし、第一号の次に次の一号を加える。
In Article 16, paragraph 2, item (i), "the following item and" shall be inserted after "National Security (", and "the matter and" shall be amended as "the matter", and "and the matter listed in the following item" shall be inserted after "belonging to", and in item (iii) "the preceding item (ii)" shall be amended as "the preceding item (iii)", and the said item shall be item (iv), and the item (ii) shall be (iii), and the following item shall be inserted after item (i).
二 第十二条第二項第二号から第五号までに掲げる事務であつて、国家安全保障に関する重要事項のうち、重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律(令和三年法律第号)に基づく重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止に関する政策の基本方針に関するもの
(ii) among those listed from Article 12, paragraph (2), item (ii) to (v) inclusive and pertaining to important matters of national security, the matters with regard to Basic Policy on prevention of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions.
内閣府設置法の一部改正)
Partial amendment of the Act for the Establishment of the Cabinet Office
第四条 内閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)の一部を次のように改正する。
Article 4 The Act for the Establishment of the Cabinet Office (Act No.89 of 1999) shall be partially amended as follows;
第四条第一項に次の一号を加える。
The following item shall be inserted in Article 4, paragraph (1).
三十一 重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律(令和三年法律第号)に基づく重要施設の施設機能及び国境離島等の離島機能を阻害する土地等の利用の防止のための基本的な政策に関する事項
(xxxi) The matters with regard to basic policies for the prevention of the inappropriate use of real estate near sensitive facilities and on border islands that interferes with their functions based on the Act on review and regulation of real estate usage. (Act No.84 of 2020)
第四条第三項第二十七号の六の次に次の一号を加える。
The following item shall be inserted after Article 4, paragraph 3, item (xxvii-6)
二十七の七 重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律に基づく土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関すること。
(xxvii)-7 The matters with regard to review and regulation on use of real estate near sensitive facilities and on border islands based on the Act of review and regulation on use of real estate.
第三十七条第三項の表子ども・子育て会議の項の次に次のように加える。
The following addition shall be made to the row of the Children and Child-rearing Conference in the table of Article 37, paragraph (3).
土地等利用状況審議会
Council on real estate usage
重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律
Act on review and regulation of real estate usage