行政事件訴訟法
昭和三十七年五月十六日法律第百三十九号
第一章 総則 (第一条―第七条)
第二章 抗告訴訟
第一節 取消訴訟 (第八条―第三十五条)
第二節 その他の抗告訴訟 (第三十六条―第三十八条)
第三章 当事者訴訟 (第三十九条―第四十一条)
第四章 民衆訴訟及び機関訴訟 (第四十二条・第四十三条)
第五章 補則 (第四十四条―第四十六条)
附則
第一章 総則
(この法律の趣旨)
第一条 行政(ぎょうせい) : administration行政事件(じけん) : case事件訴訟については、他の法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律に特別の定めがある場合を除くほか(をのぞくほか) : in addition to[付加を示す場合] / 前項の場合を除くほか, except[例外を示す場合] / 特別の措置を講じている場合を除くほかを除くほか、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の定めるところによる。
(行政事件訴訟)
第二条 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「行政事件訴訟」とは、抗告訴訟、当事者訴訟、民衆訴訟及び機関訴訟をいう
(抗告訴訟)
第三条 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「抗告訴訟」とは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟をいう
2 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律において「処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え」とは、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分その(その) : his/her[人を指す場合]その他公権力の行使(こうし) : use, exercise, uttering[偽造文書等の場合]行使に当たる行為(こうい) : act, conduct行為次項(じこう) : immediately following paragraph, the following paragraph次項規定する(きていする) : provide規定する裁決(さいけつ) : determination裁決決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定その(その) : his/her[人を指す場合]その他の行為(こうい) : act, conduct行為を除く。以下単に「処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分」という。)の取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求める訴訟をいう。
3 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律において「裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え」とは、審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てその(その) : his/her[人を指す場合]その他の不服申立て(ふふくもうしたて) : appeal不服申立て(以下単に「審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求」という。)に対する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁裁決(さいけつ) : determination裁決決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定その(その) : his/her[人を指す場合]その他の行為(こうい) : act, conduct行為(以下単に「裁決(さいけつ) : determination裁決」という。)の取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求める訴訟をいう。
4 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「無効等確認の訴え」とは、処分若しくは裁決の存否又はその効力の有無の確認を求める訴訟をいう
5 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「不作為の違法確認の訴え」とは、行政庁が法令に基づく申請に対し、相当の期間内に何らかの処分又は裁決をすべきであるにかかわらず、これをしないことについての違法の確認を求める訴訟をいう
6 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「義務付けの訴え」とは、次に掲げる場合において、行政庁がその処分又は裁決をすべき旨を命ずることを求める訴訟をいう
一 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をすべきであるにかかわらずこれがされないとき(次号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる場合を除く。)。
二 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁に対し一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決を求める旨の法令(ほうれい) : laws and regulations法令に基づく(にもとづく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく申請(しんせい) : application申請又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求がされた場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をすべきであるにかかわらずこれがされないとき。
7 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「差止めの訴え」とは、行政庁が一定の処分又は裁決をすべきでないにかかわらずこれがされようとしている場合において、行政庁がその処分又は裁決をしてはならない旨を命ずることを求める訴訟をいう
(当事者訴訟)
第四条 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの及び公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟をいう
(民衆訴訟)
第五条 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「民衆訴訟」とは、国又は公共団体の機関の法規に適合しない行為の是正を求める訴訟で、選挙人たる資格その他自己の法律上の利益にかかわらない資格で提起するものをいう
(機関訴訟)
第六条 この法律において「…」とは、…をいう(このほうりつにおいて「…」とは、…をいう) : the term "…" as used in this Act means …この法律において「機関訴訟」とは、国又は公共団体の機関相互間における権限の存否又はその行使に関する紛争についての訴訟をいう
(この法律に定めがない事項)
第七条 行政(ぎょうせい) : administration行政事件(じけん) : case事件訴訟に関し、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律に定めがない事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項については、…の例による(…については、…のれいによる) : shall be governed by … / その時効については、国税の例による: 前項の場合には、次の例によるについては、民事訴訟の例による
第二章 抗告訴訟
第一節 取消訴訟
(処分の取消しの訴えと審査請求との関係)
第八条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分につき法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定により審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる場合においても、直ちに(ただちに) : immediately直ちに提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することを妨げない(することをさまたげない) : shall not preclude / 相手方が申立てをすることを妨げない: 当事者本人を尋問することを妨げないすることを妨げないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、法律に当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ処分の取消しの訴えを提起することができない旨の定めがあるときは、この限りでない
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項ただし書(ただしがき) : provisoただし書の場合においても、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]の一に該当するときは、裁決(さいけつ) : determination裁決を経ないで、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
一 審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求があつた日から三箇月を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過しても裁決(さいけつ) : determination裁決がないとき。
二 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行により生ずる著しい(いちじるしい) : extreme著しい損害(そんがい) : damage / 損害額損害を避けるため緊急の必要(きんきゅうのひつよう) : urgent necessity緊急の必要があるとき。
三 その(その) : his/her[人を指す場合]その裁決(さいけつ) : determination裁決を経ないことにつき正当な理由(せいとうなりゆう) : justifiable grounds, just cause正当な理由があるとき。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項本文(ほんぶん) : main clause本文の場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分につき審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求がされているときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、その(その) : his/her[人を指す場合]その審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対する裁決(さいけつ) : determination裁決があるまで(審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求があつた日から三箇月を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過しても裁決(さいけつ) : determination裁決がないときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過するまで)、訴訟手続(そしょうてつづき) : court proceeding, court proceedings訴訟手続を中止することができる(することができる) : mayすることができる
(原告適格)
第九条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え及び(および) : and及び裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え以下「…」という(いか「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「取消訴訟」という。)は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求めるにつき法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益を有する者(処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決効果(こうか) : effect効果期間(きかん) : period, period of time, term期間経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過その(その) : his/her[人を指す場合]その他の理由によりなくなつた後においてもなお処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しによつて回復(かいふく) : recovery[権利・財産の回復] / 上訴権回復の請求, restoration[資格・登記の回復など再生の意味合いの場合]回復すべき法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益を有する者を含む。)に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決相手方(あいてがた) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方以外の者について前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の有無を判断するに当たつては、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定の文言のみによることなく、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該法令(ほうれい) : laws and regulations法令趣旨(しゅし) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨及び(および) : and及び目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分において考慮されるべき利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の内容及び(および) : and及び性質を考慮するものとする(するものとする) : shallするものとする。この場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該法令(ほうれい) : laws and regulations法令趣旨(しゅし) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨及び(および) : and及び目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的を考慮するに当たつては、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該法令(ほうれい) : laws and regulations法令目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的を共通にする関係法令(ほうれい) : laws and regulations法令があるときはその(その) : his/her[人を指す場合]その趣旨(しゅし) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨及び(および) : and及び目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的をも参酌するものとし、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の内容及び(および) : and及び性質を考慮するに当たつては、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決その(その) : his/her[人を指す場合]その根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令違反(いはん) : violation / 違反事件, offense, contravention / 第三十五条第一項の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、, breach / 秘密保持命令違反の罪違反してされた場合に害されることとなる利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の内容及び(および) : and及び性質並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びにこれが害される態様及び(および) : and及び程度をも勘案(かんあん) : consideration / …を勘案して勘案するものとする(するものとする) : shallするものとする
(取消しの理由の制限)
第十条 取消訴訟においては、自己の法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益に関係のない違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]を理由として取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求めることができない。
2 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えとを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる場合には、裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えにおいては、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分の違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]を理由として取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求めることができない。
(被告適格等)
第十一条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決があつた後に当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁権限(けんげん) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限が他の行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁承継(しょうけい) : succession[原則] / 相続その他の一般承継, assumption[債務の承継]承継されたときは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該他の行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁以下同じ(いかおなじ) : the same shall apply hereinafter以下同じ。)が国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体に所属する場合には、取消訴訟は、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの区分に応じてそれぞれ当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める者を被告として提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
一 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁の所属する国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体
二 裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁の所属する国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体
2 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体に所属しない場合には、取消訴訟は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁を被告として提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により被告とすべき国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは公共団体又は(または) : or又は行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁がない場合には、取消訴訟は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事務の帰属する(きぞくする) : belong to[動詞形(帰属する)] / 国庫に帰属する, vested in[動詞形(帰属する)] / 天然果実は、…これを収取する権利を有する者に帰属する帰属する国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体を被告として提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体を被告として取消訴訟を提起する(ていきする) : file, institute提起する場合には、訴状(そじょう) : complaint訴状には、民事訴訟(みんじそしょう) : civil suit, civil action民事訴訟の例により記載すべき事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項のほか、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの区分に応じてそれぞれ当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁を記載するものとする(するものとする) : shallするものとする
一 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁
二 裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁
5 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項又は(または) : or又は第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体を被告として取消訴訟が提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起された場合には、被告は、遅滞なく(ちたいなく) : without delay遅滞なく裁判所(さいばんしょ) : court裁判所に対し、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの区分に応じてそれぞれ当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁を明らかにしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
6 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定による国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体を被告とする(とする) : shall beとする訴訟について、裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判上の一切の行為(こうい) : act, conduct行為をする権限(けんげん) : authority / その権限は、…と解釈してはならない, power / 最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。, jurisdiction / 裁判所の権限権限を有する。
(管轄)
第十二条 取消訴訟は、被告の普通裁判籍(ふつうさいばんせき) : general venue普通裁判籍所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄する裁判所(さいばんしょ) : court裁判所又は(または) : or又は処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄する裁判所(さいばんしょ) : court裁判所管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄に属する。
2 土地(とち) : land土地の収用、鉱業権(こうぎょうけん) : mining right鉱業権設定(せってい) : establishment設定その(その) : his/her[人を指す場合]その不動産(ふどうさん) : real property不動産又は(または) : or又は特定の場所に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決についての取消訴訟は、その(その) : his/her[人を指す場合]その不動産(ふどうさん) : real property不動産又は(または) : or又は場所の所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地裁判所(さいばんしょ) : court裁判所にも、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
3 取消訴訟は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に関し事案の処理に当たつた下級行政機関(ぎょうせいきかん) : administrative organ行政機関所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地裁判所(さいばんしょ) : court裁判所にも、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
4 国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は独立行政法人通則法(平成十一年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第百三号)第二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじん) : incorporated administrative agency独立行政法人若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは表(ひょう) : tableに掲げる法人(ほうじん) : juridical person法人を被告とする(とする) : shall beとする取消訴訟は、原告(げんこく) : plaintiff原告普通裁判籍(ふつうさいばんせき) : general venue普通裁判籍所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄する高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所所在地(しょざいち) : location[原則] / 主たる事務所の所在地, address[住所]所在地管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄する地方裁判所(ちほうさいばんしょ) : district court地方裁判所次項(じこう) : immediately following paragraph, the following paragraph次項において「特定管轄裁判所(かんかつさいばんしょ) : court with jurisdiction管轄裁判所」という。)にも、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
5 前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により特定管轄裁判所(かんかつさいばんしょ) : court with jurisdiction管轄裁判所に同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の取消訴訟が提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起された場合であつて、他の裁判所(さいばんしょ) : court裁判所事実上(じじつじょう) : de facto事実上及び(および) : and及び法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上同一の原因(げんいん) : cause, source原因に基づいてされた処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告訴訟が係属(けいぞく) : pending係属している場合において…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、当該特定管轄裁判所は、当事者の住所又は所在地、尋問を受けるべき証人の住所、争点又は証拠の共通性その他の事情を考慮して、相当と認めるときは申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより又は(または) : or又は職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権で、訴訟の全部又は(または) : or又は一部について、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該他の裁判所(さいばんしょ) : court裁判所又は(または) : or又は第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項までに定める裁判所(さいばんしょ) : court裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送することができる(することができる) : mayすることができる
(関連請求に係る訴訟の移送)
第十三条 取消訴訟と次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]の一に該当する請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求以下「…」という(いか「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「関連請求」という。)に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟とが各別の裁判所(さいばんしょ) : court裁判所係属(けいぞく) : pending係属する場合において、相当と認めるときは、関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟の係属(けいぞく) : pending係属する裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより又は(または) : or又は職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権でその(その) : his/her[人を指す場合]その訴訟を取消訴訟の係属(けいぞく) : pending係属する裁判所(さいばんしょ) : court裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送することができる(することができる) : mayすることができるただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、取消訴訟又は関連請求に係る訴訟の係属する裁判所が高等裁判所であるときは、この限りでない
一 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に関連する原状回復(げんじょうかいふく) : restoration[原則], recovery原状回復又は(または) : or又は損害賠償(そんがいばいしょう) : damages, compensation of damages損害賠償請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
二 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分とともに一個の手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続を構成する他の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
三 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
四 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
五 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求める他の請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
六 その(その) : his/her[人を指す場合]その当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求と関連する請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求
(出訴期間)
第十四条 取消訴訟は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決があつたことを知つた日から六箇月を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、正当な理由があるときは、この限りでない
2 取消訴訟は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決の日から一年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、正当な理由があるときは、この限りでない
3 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決につき審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる場合又は(または) : or又は行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が誤つて審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求することができる(することができる) : mayすることができる旨を教示した場合において、審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求があつたときは、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る取消訴訟は、その(その) : his/her[人を指す場合]その審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求をした者については、前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、これに対する裁決(さいけつ) : determination裁決があつたことを知つた日から六箇月を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したとき又は(または) : or又は当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該裁決(さいけつ) : determination裁決の日から一年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、正当な理由があるときは、この限りでない
(被告を誤つた訴えの救済)
第十五条 取消訴訟において、原告(げんこく) : plaintiff原告が故意又は(または) : or又は重大な過失(じゅうだいなかしつ) : gross negligence / ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない重大な過失によらないで被告とすべき者を誤つたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、原告(げんこく) : plaintiff原告申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、被告を変更することを許すことができる。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、書面で(しょめんで) : … in writing書面でするものとし、その(その) : his/her[人を指す場合]その正本(せいほん) : original[副本に対する用語で、原本と同義の場合], authenticated copy[謄本の一種で、権限のある者により正本として作成されるものの場合]正本を新たな被告に送達(そうたつ) : service, delivery[信書などを送達する場合]送達しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつたときは、出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間遵守(じゅんしゅ) : observance, compliance遵守については、新たな被告に対する訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、最初に訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起した時に提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起されたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつたときは、従前の被告に対しては、訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え取下げ(とりさげ) : withdrawal取下げがあつたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
5 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、不服を申し立てることができない(ふふくをもうしたてることができない) : no appeal may be entered不服を申し立てることができない
6 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て却下する(きゃっかする) : dismiss却下する決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告することができる(することができる) : mayすることができる
7 上訴審(じょうそしん) : appellate instance上訴審において第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をしたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、その(その) : his/her[人を指す場合]その訴訟を管轄裁判所(かんかつさいばんしょ) : court with jurisdiction管轄裁判所移送(いそう) : transfer, transportation移送しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(請求の客観的併合)
第十六条 取消訴訟には、関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合することができる(することができる) : mayすることができる
2 前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合する場合において、取消訴訟の第一審裁判所(だいいっしんさいばんしょ) : court of first instance第一審裁判所高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所であるときは、関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの被告の同意(どうい) : consent同意を得なければならない。被告が異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議を述べないで、本案(ほんあん) : merits本案について弁論(べんろん) : oral argument[口頭弁論]弁論をし、又は(または) : or又は弁論準備手続(べんろんじゅんびてつづき) : preparatory proceeding, preparatory proceedings弁論準備手続において申述(しんじゅつ) : statement申述をしたときは、同意(どうい) : consent同意したものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
(共同訴訟)
第十七条 人(ひと) : personは、その(その) : his/her[人を指す場合]その人(ひと) : person請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その人(ひと) : personに対する請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求と関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求とである場合に限り、共同訴訟人(きょうどうそしょうにん) : coparty, coparty in action共同訴訟人として訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え又は(または) : or又は訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えられることができる。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の場合には、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(第三者による請求の追加的併合)
第十八条 第三者(だいさんしゃ) : third party第三者は、取消訴訟の口頭弁論の終結(こうとうべんろんのしゅうけつ) : conclusion of oral argument口頭弁論の終結に至るまで、その(その) : his/her[人を指す場合]その訴訟の当事者(とうじしゃ) : party当事者の一方を被告として、関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えをこれに併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる。この場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該取消訴訟が高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所係属(けいぞく) : pending係属しているときは、第十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(原告による請求の追加的併合)
第十九条 原告(げんこく) : plaintiff原告は、取消訴訟の口頭弁論の終結(こうとうべんろんのしゅうけつ) : conclusion of oral argument口頭弁論の終結に至るまで、関連請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えをこれに併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる。この場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該取消訴訟が高等裁判所(こうとうさいばんしょ) : high court高等裁判所係属(けいぞく) : pending係属しているときは、第十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定は、取消訴訟について民事訴訟法(平成八年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第百九号)第百四十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定の例によることを妨げない。
第二十条 前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項前段(ぜんだん) : first sentence前段規定(きてい) : provision規定により、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起する(ていきする) : file, institute提起する場合には、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項後段(こうだん) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段…において準用する…の規定(…においてじゅんようする…のきてい) : the provision of …, as applied mutatis mutandis pursuant to …において準用する第十六条第二項の規定にかかわらず、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの被告の同意(どうい) : consent同意を得ることを要せず、また、その(その) : his/her[人を指す場合]その提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起があつたときは、出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間遵守(じゅんしゅ) : observance, compliance遵守については、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起した時に提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起されたものとみなす(みなす) : shall be deemedみなす
(国又は公共団体に対する請求への訴えの変更)
第二十一条 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、取消訴訟の目的たる請求を当該処分又は裁決に係る事務の帰属する国又は公共団体に対する損害賠償その他の請求に変更することが相当であると認めるときは請求の基礎(せいきゅうのきそ) : basis for claim請求の基礎に変更がない限り、口頭弁論の終結(こうとうべんろんのしゅうけつ) : conclusion of oral argument口頭弁論の終結に至るまで、原告(げんこく) : plaintiff原告申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、訴えの変更(うったえのへんこう) : amendment of claim訴えの変更を許すことができる。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定には、第十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
3 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により訴えの変更(うったえのへんこう) : amendment of claim訴えの変更を許す決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするには、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ当事者(とうじしゃ) : party当事者及び(および) : and及び損害賠償(そんがいばいしょう) : damages, compensation of damages損害賠償その(その) : his/her[人を指す場合]その他の請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えの被告の意見(いけん) : opinion意見をきかなければならない。
4 訴えの変更(うったえのへんこう) : amendment of claim訴えの変更を許す決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告することができる(することができる) : mayすることができる
5 訴えの変更(うったえのへんこう) : amendment of claim訴えの変更を許さない決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、不服を申し立てることができない(ふふくをもうしたてることができない) : no appeal may be entered不服を申し立てることができない
(第三者の訴訟参加)
第二十二条 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、訴訟の結果により権利(けんり) : right権利を害される第三者(だいさんしゃ) : third party第三者があるときは、当事者(とうじしゃ) : party当事者若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その第三者(だいさんしゃ) : third party第三者申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより又は(または) : or又は職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権で決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その第三者(だいさんしゃ) : third party第三者を訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加させることができる。
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするには、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ当事者(とうじしゃ) : party当事者及び(および) : and及び第三者(だいさんしゃ) : third party第三者意見(いけん) : opinion意見をきかなければならない。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てをした第三者(だいさんしゃ) : third party第三者は、その(その) : his/her[人を指す場合]その申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て却下する(きゃっかする) : dismiss却下する決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対して即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告することができる(することができる) : mayすることができる
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加した第三者(だいさんしゃ) : third party第三者については、民事訴訟法第四十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…から…までの規定(…から…までのきてい) : provisions … to … inclusiveから第三項までの規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
5 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により第三者(だいさんしゃ) : third party第三者参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てをした場合には、民事訴訟法第四十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(行政庁の訴訟参加)
第二十三条 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、処分又は裁決をした行政庁以外の行政庁を訴訟に参加させることが必要であると認めるときは当事者(とうじしゃ) : party当事者若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより又は(または) : or又は職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権で決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、その(その) : his/her[人を指す場合]その行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁を訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加させることができる。
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をするには、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ当事者(とうじしゃ) : party当事者及び(および) : and及び当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁意見(いけん) : opinion意見をきかなければならない。
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加した行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁については、民事訴訟法第四十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(釈明処分の特則)
第二十三条の二 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、訴訟関係を明瞭にするため、必要があると認めるときは、次に掲げる処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分することができる(することができる) : mayすることができる
一 被告である国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは公共団体に所属する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁又は(または) : or又は被告である行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁に対し、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決の内容、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令条項(じょうこう) : clause, provision条項処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決原因(げんいん) : cause, source原因となる事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決の理由を明らかにする資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料次項(じこう) : immediately following paragraph, the following paragraph次項規定する(きていする) : provide規定する審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録を除く。)であつて当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が保有するものの全部又は(または) : or又は一部の提出(ていしゅつ) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出を求めること。
二 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁以外の行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁に対し、同号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料であつて当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が保有するものの全部又は(または) : or又は一部の送付(そうふ) : sending送付嘱託する(しょくたくする) : commission嘱託すること。
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対する裁決(さいけつ) : determination裁決を経た後に取消訴訟の提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起があつたときは、次に掲げる処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分することができる(することができる) : mayすることができる
一 被告である国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは公共団体に所属する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁又は(または) : or又は被告である行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁に対し、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録であつて当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が保有するものの全部又は(または) : or又は一部の提出(ていしゅつ) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出を求めること。
二 号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁以外の行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁に対し、同号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する事件(じけん) : case事件記録(きろく) : record記録であつて当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が保有するものの全部又は(または) : or又は一部の送付(そうふ) : sending送付嘱託する(しょくたくする) : commission嘱託すること。
(職権証拠調べ)
第二十四条 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、必要があると認めるときは職権で(しょっけんで) : by the court's own authority, without any party's request, ex officio[ある官職に当然にある権限の場合], sua sponte, by one's authority職権で証拠調べ(しょうこしらべ) : examination of evidence証拠調べすることができる(することができる) : mayすることができる。ただし、その(その) : his/her[人を指す場合]その証拠調べ(しょうこしらべ) : examination of evidence証拠調べの結果について、当事者(とうじしゃ) : party当事者意見(いけん) : opinion意見をきかなければならない。
(執行停止)
第二十五条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行を妨げない。
2 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起があつた場合において、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行により生ずる重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を避けるため緊急の必要(きんきゅうのひつよう) : urgent necessity緊急の必要があるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行の全部又は(または) : or又は一部の停止(ていし) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止以下「…」という(いか「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「執行停止」という。)をすることができる(することができる) : mayすることができる。ただし、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力停止(ていし) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行停止(ていし) : suspension[原則] / 拘禁の停止, stay[手続の停止], discontinuance[一時的でない場合]停止によつて目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的を達することができる(することができる) : mayすることができる場合には、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
3 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を生ずるか否かを判断するに当たつては、損害(そんがい) : damage / 損害額損害回復(かいふく) : recovery[権利・財産の回復] / 上訴権回復の請求, restoration[資格・登記の回復など再生の意味合いの場合]回復の困難の程度を考慮するものとし、損害(そんがい) : damage / 損害額損害の性質及び(および) : and及び程度並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分の内容及び(および) : and及び性質をも勘案(かんあん) : consideration / …を勘案して勘案するものとする(するものとする) : shallするものとする
4 執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止は、公共の福祉(こうきょうのふくし) : public welfare公共の福祉重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼすおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがあるとき、又は(または) : or又は本案(ほんあん) : merits本案について理由がないとみえるときは、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
5 第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、疎明(そめい) : prima facie showing疎明に基づいてする。
6 第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定は、口頭弁論(こうとうべんろん) : oral argument口頭弁論を経ないですることができる(することができる) : mayすることができる。ただし、あらかじめ(あらかじめ) : in advanceあらかじめ当事者(とうじしゃ) : party当事者意見(いけん) : opinion意見をきかなければならない。
7 第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てに対する決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対しては、即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告することができる(することができる) : mayすることができる
8 第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対する即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告は、その(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行停止する(ていしする) : suspend, stay, discontinue停止する効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有しない。
(事情変更による執行停止の取消し)
第二十六条 執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が確定した後に、その(その) : his/her[人を指す場合]その理由が消滅(しょうめつ) : extinction[存在や権利等の消滅一般] / 債権の消滅, expiration[期間満了による消滅等] / 法律行為に終期を付したときは、その法律行為の効力は、期限が到来した時に消滅する, extinguishment[債務の弁済による消滅や契約の解除・取消による消滅] / 当該社債管理者の債権に係る債務について社債発行会社から担保の供与又は債務の消滅に関する行為を受けること, lapse[条件不成就や権利の不行使による権利・特権の消滅・失効] / 前項の規定による取消権は、当事者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を免れた後三箇月を経過し、又は追認をしたときは、消滅する消滅し、その(その) : his/her[人を指す場合]その事情(じじょう) : circumstance事情が変更したときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、相手方(あいてがた) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定取り消すことができる(とりけすことができる) : voidable取り消すことができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てに対する決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定及び(および) : and及びこれに対する不服(ふふく) : dissatisfaction, complaint, objection不服については、前条(ぜんじょう) : immediately preceding article, the preceding article前条第五項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…から…までの規定(…から…までのきてい) : provisions … to … inclusiveから第八項までの規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(内閣総理大臣の異議)
第二十七条 第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てがあつた場合には、内閣総理大臣は、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所に対し、異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議を述べることができる。執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定があつた後においても、同様とする(どうようとする) : the same shall apply to同様とする
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議には、理由を附さなければならない。
3 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議の理由においては、内閣総理大臣は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を存続し、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分執行(しっこう) : execution[原則] / 仮執行, enforcement[法の実施]執行し、又は(または) : or又は手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続続行(ぞっこう) : continuation[原則], continuance[延期]続行しなければ、公共の福祉(こうきょうのふくし) : public welfare公共の福祉重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼすおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれのある事情(じじょう) : circumstance事情を示すものとする(とする) : shall beとする
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議があつたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止をすることができず、また、すでに執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をしているときは、これを取り消さなければならない。
5 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項後段(こうだん) : second sentence, third sentence[3文に区切られている場合]後段異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議は、執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をした裁判所(さいばんしょ) : court裁判所に対して述べなければならない。ただし、その(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に対する抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所係属(けいぞく) : pending係属しているときは、抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告裁判所(さいばんしょ) : court裁判所に対して述べなければならない。
6 内閣総理大臣は、やむをえない場合でなければ、第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議を述べてはならず、また、異議(いぎ) : objection[原則], opposition[「登録異議」など手続について"opposition"を使う場合]異議を述べたときは、次の常会において国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]会にこれを報告(ほうこく) : report / 報告義務報告しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
(執行停止等の管轄裁判所)
第二十八条 執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立て管轄裁判所(かんかつさいばんしょ) : court with jurisdiction管轄裁判所は、本案(ほんあん) : merits本案係属(けいぞく) : pending係属する裁判所(さいばんしょ) : court裁判所とする(とする) : shall beとする
(執行停止に関する規定の準用)
第二十九条 前四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、裁決の取消しの訴えの提起があつた場合における執行停止に関する事項について準用する
(裁量処分の取消し)
第三十条 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁の裁量処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分については、裁量権の範囲をこえ又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その濫用があつた場合に限り、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取り消すことができる(とりけすことができる) : voidable取り消すことができる
(特別の事情による請求の棄却)
第三十一条 取消訴訟について…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、処分又は裁決が違法ではあるが、これを取り消すことにより公の利益に著しい障害を生ずる場合において、原告の受ける損害の程度、その損害の賠償又は防止の程度及び方法その他一切の事情を考慮したうえ、処分又は裁決を取り消すことが公共の福祉に適合しないと認めるときは裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却することができる(することができる) : mayすることができる。この場合には、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決主文(しゅぶん) : main text of judgment主文において、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決が違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]であることを宣言(せんげん) : declaration宣言しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、相当と認めるときは終局判決(しゅうきょくはんけつ) : final judgment終局判決前に、判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決をもつて、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決が違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]であることを宣言(せんげん) : declaration宣言することができる(することができる) : mayすることができる
3 終局判決(しゅうきょくはんけつ) : final judgment終局判決事実(じじつ) : fact / 犯罪事実事実及び(および) : and及び理由を記載するには、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決引用(いんよう) : quotation引用することができる(することができる) : mayすることができる
(取消判決等の効力)
第三十二条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取り消す(とりけす) : rescind, revoke, set aside取り消す判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決は、第三者(だいさんしゃ) : third party第三者に対しても効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有する。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定は、執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定又は(または) : or又はこれを取り消す(とりけす) : rescind, revoke, set aside取り消す決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
第三十三条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取り消す(とりけす) : rescind, revoke, set aside取り消す判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決は、その(その) : his/her[人を指す場合]その事件(じけん) : case事件について、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その他の関係行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁拘束する(こうそくする) : bind拘束する
2 申請(しんせい) : application申請却下(きゃっか) : dismissal / 訴え却下却下若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求却下(きゃっか) : dismissal / 訴え却下却下若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決により取り消されたときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決趣旨(しゅし) : purpose, import, tenor, gist, purport / 物件の趣旨趣旨に従い、改めて申請(しんせい) : application申請に対する処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対する裁決(さいけつ) : determination裁決しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定(きてい) : provision規定は、申請(しんせい) : application申請に基づいてした処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求を認容した裁決(さいけつ) : determination裁決判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決により手続(てつづき) : procedure, proceeding / 略式手続, proceedings / 略式手続手続に違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]があることを理由として取り消された場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、執行停止(しっこうていし) : stay of execution執行停止決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(第三者の再審の訴え)
第三十四条 処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取り消す(とりけす) : rescind, revoke, set aside取り消す判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決により権利(けんり) : right権利を害された第三者(だいさんしゃ) : third party第三者で、自己の責めに帰することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない理由により訴訟に参加する(さんかする) : join, participate, intervene参加することができなかつ(かつ) : andかつたため判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼすべき攻撃又は(または) : or又は防御(ぼうぎょ) : defense防御の方法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]提出する(ていしゅつする) : submit, produce, advance提出することができなかつ(かつ) : andかつたものは、これを理由として、確定の終局判決(しゅうきょくはんけつ) : final judgment終局判決に対し、再審の訴え(さいしんのうったえ) : action for retrial再審の訴えをもつて、不服(ふふく) : dissatisfaction, complaint, objection不服申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てすることができる(することができる) : mayすることができる
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、確定判決(かくていはんけつ) : final and binding judgment確定判決を知つた日…から…以内に(…から…いないに) : within … from … / 告示の日の翌日から起算して6か月以内にから三十日以内に提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
3 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項期間(きかん) : period, period of time, term期間は、不変期間(ふへんきかん) : unextendable period不変期間とする(とする) : shall beとする
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決が確定した日から一年を経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したときは、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
(訴訟費用の裁判の効力)
第三十五条 国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体に所属する行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁当事者(とうじしゃ) : party当事者又は(または) : or又は参加人(さんかにん) : intervenor[訴訟参加], participant[その他]参加人である訴訟における確定した訴訟費用(そしょうひよう) : court costs訴訟費用裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が所属する国(くに) : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]又は(または) : or又は公共団体に対し、又は(または) : or又はそれらの者のために、効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を有する。
第二節 その他の抗告訴訟
(無効等確認の訴えの原告適格)
第三十六条 無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に続く処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分により損害(そんがい) : damage / 損害額損害を受けるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれのある者その(その) : his/her[人を指す場合]その当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効等の確認(かくにん) : confirmation, check確認を求めるにつき法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益を有する者で、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決の存否又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力の有無を前提とする(とする) : shall beとする現在の(げんざいの) : present現在の法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係に関する訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えによつて目的(もくてき) : purpose, objective[「趣旨」と並列的に用いる場合] / 趣旨及び目的, intent[単なる意図]目的を達することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないものに限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
(不作為の違法確認の訴えの原告適格)
第三十七条 不作為(ふさくい) : inaction不作為の違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えは、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決についての申請(しんせい) : application申請をした者に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
(義務付けの訴えの要件等)
第三十七条の二 第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第六項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる場合において、義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分がされないことにより重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を生ずるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがあり、かつ(かつ) : andかつその(その) : his/her[人を指す場合]その損害(そんがい) : damage / 損害額損害を避けるため他に適当な方法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]がないときに限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を生ずるか否かを判断するに当たつては、損害(そんがい) : damage / 損害額損害回復(かいふく) : recovery[権利・財産の回復] / 上訴権回復の請求, restoration[資格・登記の回復など再生の意味合いの場合]回復の困難の程度を考慮するものとし、損害(そんがい) : damage / 損害額損害の性質及び(および) : and及び程度並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分の内容及び(および) : and及び性質をも勘案(かんあん) : consideration / …を勘案して勘案するものとする(するものとする) : shallするものとする
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をすべき旨を命ずる(めいずる) : order命ずることを求めるにつき法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益を有する者に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
4 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の有無の判断については、第九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
5 義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えが第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する要件(ようけん) : requirement要件に該当する場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分につき、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をすべきであることがその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定から明らかであると認められ又は(または) : or又は行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をしないことがその(その) : his/her[人を指す場合]その裁量権の範囲を超え若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その濫用となると認められるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をすべき旨を命ずる(めいずる) : order命ずる判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決をする。
第三十七条の三 第三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第六項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる場合において、義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる要件(ようけん) : requirement要件のいずれかに該当する(のいずれかにがいとうする) : fall under any ofのいずれかに該当するときに限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
一 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該法令(ほうれい) : laws and regulations法令に基づく(にもとづく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく申請(しんせい) : application申請又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対し相当の期間(そうとうのきかん) : reasonable period of time相当の期間内に何らの処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決がされないこと。
二 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該法令(ほうれい) : laws and regulations法令に基づく(にもとづく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく申請(しんせい) : application申請又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求却下(きゃっか) : dismissal / 訴え却下却下又は(または) : or又は棄却する(ききゃくする) : dismiss, deny棄却する旨の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決がされた場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決が取り消されるべきものであり、又は(または) : or又は無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは存在(そんざい) : existence存在であること。
2 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する法令(ほうれい) : laws and regulations法令に基づく(にもとづく) : based on[原則] / 専門的知見に基づく意見, pursuant to[法令の規定等] / 第60条の規定に基づく措置に基づく申請(しんせい) : application申請又は(または) : or又は審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求をした者に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起する(ていきする) : file, institute提起するときは、次の各号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる区分に応じてそれぞれ当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しなければならない(しなければならない) : shallしなければならない。この場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟の管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄について他の法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律に特別の定めがあるときは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟の管轄(かんかつ) : jurisdiction管轄は、第三十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…において準用する…の規定(…においてじゅんようする…のきてい) : the provision of …, as applied mutatis mutandis pursuant to …において準用する第十二条の規定にかかわらず、その(その) : his/her[人を指す場合]その定めに従う。
一 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第一号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる要件(ようけん) : requirement要件に該当する場合 同号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る不作為(ふさくい) : inaction不作為の違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴え
二 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項第二号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に掲げる要件(ようけん) : requirement要件に該当する場合 同号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]規定する(きていする) : provide規定する処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る取消訴訟又は(または) : or又は無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴え
4 前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起された義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え及び(および) : and及び項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る弁論(べんろん) : oral argument[口頭弁論]弁論及び(および) : and及び裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判は、分離(ぶんり) : separation, severance, detachment分離しないでしなければならない(しなければならない) : shallしなければならない
5 義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えが第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項までに規定する(きていする) : provide規定する要件(ようけん) : requirement要件に該当する場合において、同項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項号(ごう) : item[原則] / 第3号, (i)(ii)(iii)[見出しとして用いる場合]に定める訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に理由があると認められ、かつ(かつ) : andかつその(その) : his/her[人を指す場合]その義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決につき、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決をすべきであることがその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定から明らかであると認められ又は(または) : or又は行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決をしないことがその(その) : his/her[人を指す場合]その裁量権の範囲を超え若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その濫用となると認められるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、その(その) : his/her[人を指す場合]その義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をすべき旨を命ずる(めいずる) : order命ずる判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決をする。
6 第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定にかかわらず、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所…は、…と認めるときは(…は、…とみとめるときは) : when … find … / 裁判所は、適当と認めるときは、…することができる: 主務大臣は、…のおそれがあると認めるときは、…しなければならないは、審理の状況その他の事情を考慮して、第三項各号に定める訴えについてのみ終局判決をすることがより迅速な争訟の解決に資すると認めるときは当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えについてのみ終局判決(しゅうきょくはんけつ) : final judgment終局判決することができる(することができる) : mayすることができる。この場合において、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えについてのみ終局判決(しゅうきょくはんけつ) : final judgment終局判決をしたときは、当事者(とうじしゃ) : party当事者意見(いけん) : opinion意見を聴いて、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟手続(そしょうてつづき) : court proceeding, court proceedings訴訟手続完結(かんけつ) : termination, conclusion, completion完結するまでの間、義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る訴訟手続(そしょうてつづき) : court proceeding, court proceedings訴訟手続を中止することができる(することができる) : mayすることができる
7 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えのうち、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が一定の裁決(さいけつ) : determination裁決をすべき旨を命ずる(めいずる) : order命ずることを求めるものは、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求がされた場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え又は(または) : or又は無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができないときに限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
(差止めの訴えの要件)
第三十七条の四 差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決がされることにより重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を生ずるおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがある場合に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができるただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、その損害を避けるため他に適当な方法があるときは、この限りでない
2 裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な損害(そんがい) : damage / 損害額損害を生ずるか否かを判断するに当たつては、損害(そんがい) : damage / 損害額損害回復(かいふく) : recovery[権利・財産の回復] / 上訴権回復の請求, restoration[資格・登記の回復など再生の意味合いの場合]回復の困難の程度を考慮するものとし、損害(そんがい) : damage / 損害額損害の性質及び(および) : and及び程度並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決の内容及び(および) : and及び性質をも勘案(かんあん) : consideration / …を勘案して勘案するものとする(するものとする) : shallするものとする
3 差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えは、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が一定の処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決してはならない(してはならない) : shall not / その権限は、…と解釈してはならない: 何人も…してはならないしてはならない旨を命ずる(めいずる) : order命ずることを求めるにつき法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益を有する者に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
4 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項規定する(きていする) : provide規定する法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律上の利益(りえき) : profit[客観的な価値], gain[価値のある物], interest[主観的価値]利益の有無の判断については、第九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
5 差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えが第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する要件(ようけん) : requirement要件に該当する場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決につき、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決をすべきでないことがその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決根拠(こんきょ) : grounds根拠となる法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定から明らかであると認められ又は(または) : or又は行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決をすることがその(その) : his/her[人を指す場合]その裁量権の範囲を超え若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくはその(その) : his/her[人を指す場合]その濫用となると認められるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決してはならない(してはならない) : shall not / その権限は、…と解釈してはならない: 何人も…してはならないしてはならない旨を命ずる(めいずる) : order命ずる判決(はんけつ) : judgment[判決一般], sentence[有罪判決], judgment of conviction[有罪判決→刑の免除を含む有罪判決を総称する場合]判決をする。
(仮の義務付け及び仮の差止め)
第三十七条の五 義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起があつた場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決がされないことにより生ずる償うことのできない損害(そんがい) : damage / 損害額損害を避けるため緊急の必要(きんきゅうのひつよう) : urgent necessity緊急の必要があり、かつ(かつ) : andかつ本案(ほんあん) : merits本案について理由があるとみえるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、仮に行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をすべき旨を命ずる(めいずる) : order命ずること(以下この条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2において「仮の義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付け」という。)ができる。
2 差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起があつた場合において、その(その) : his/her[人を指す場合]その差止めの訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えに係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決がされることにより生ずる償うことのできない損害(そんがい) : damage / 損害額損害を避けるため緊急の必要(きんきゅうのひつよう) : urgent necessity緊急の必要があり、かつ(かつ) : andかつ本案(ほんあん) : merits本案について理由があるとみえるときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、申立て(もうしたて) : application, motion, petition, request / …当事者の双方又は一方の申立てに基づき、…申立てにより、決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定をもつて、仮に行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決してはならない(してはならない) : shall not / その権限は、…と解釈してはならない: 何人も…してはならないしてはならない旨を命ずる(めいずる) : order命ずること(以下この条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2において「仮の差止め」という。)ができる。
3 仮の義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付け又は(または) : or又は仮の差止めは、公共の福祉(こうきょうのふくし) : public welfare公共の福祉重大な(じゅうだいな) : serious[原則] / 重大な事故, gross[過失の場合] / 重大な過失, material[質的に重要または法的内容・結果に影響をもたらすような事象の場合(「重要な」とほぼ同じ意味で使用する場合)] / 重大な変更: 重大な事由, grave, major重大な影響(えいきょう) : influence / 化学物質が労働者の健康に与える影響についての調査, effect / 海洋環境に対する悪影響, impact / その利用が地域及び地球の環境に大きな影響を及ぼす, prejudice[悪影響の意味の場合]影響を及ぼすおそれ(おそれ) : risk of / 個人の権利利益が害されるおそれがないと認められるとき: 公共の利益が著しく阻害されるおそれ, likelihood / 証人が著しく不安又は緊張を覚えるおそれがある: 営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある会社, threat of / 紛争のおそれおそれがあるときは、することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
4 第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第五項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項から第八項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項まで、第二十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第二十八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで及び(および) : and及び第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、仮の義務付け又は仮の差止めに関する事項について準用する
5 前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項において準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第七項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項即時抗告(そくじこうこく) : immediate appeal against a ruling, immediate appeal from a ruling即時抗告についての裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判又は(または) : or又は前項(ぜんこう) : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項において準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する第二十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定により仮の義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定が取り消されたときは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該仮の義務(ぎむ) : obligation[原則] / 義務のないこと, duty[権利と対比される義務] / 業務を執行する社員は、善良な管理者の注意をもって、その職務を行う義務を負う。義務付けの決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定に基づいてした処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決を取り消さなければならない。
(取消訴訟に関する規定の準用)
第三十八条 第十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで、第十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで、第二十一条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで、第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第三十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、取消訴訟以外の抗告訴訟について準用する
2 第十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告訴訟とを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる場合に、第二十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告訴訟に併合(へいごう) : consolidation[株式の場合] / 株式会社は、株式の併合をすることができる, annexation[領土の場合], joinder併合して提起する(ていきする) : file, institute提起する場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
3 第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二、第二十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2から第二十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2まで及び(および) : and及び第三十二条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、無効等確認の訴えについて準用する
4 第八条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、不作為(ふさくい) : inaction不作為の違法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴え準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
第三章 当事者訴訟
(出訴の通知)
第三十九条 当事者(とうじしゃ) : party当事者間の法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係確認(かくにん) : confirmation, check確認又は(または) : or又は形成する(けいせいする) : form, establish形成する処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に関する訴訟で、法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定によりその(その) : his/her[人を指す場合]その法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係当事者(とうじしゃ) : party当事者の一方を被告とする(とする) : shall beとするものが提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起されたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をした行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁その(その) : his/her[人を指す場合]その旨を通知(つうち) : notice通知するものとする(するものとする) : shallするものとする
(出訴期間の定めがある当事者訴訟)
第四十条 法令(ほうれい) : laws and regulations法令出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間の定めがある当事者(とうじしゃ) : party当事者訴訟は、その(その) : his/her[人を指す場合]その法令(ほうれい) : laws and regulations法令別段の定めがある場合を除き(べつだんのさだめがあるばあいをのぞき) : unless otherwise provided for別段の定めがある場合を除き正当な理由(せいとうなりゆう) : justifiable grounds, just cause正当な理由があるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過した後であつても、これを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
2 第十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、法令に出訴期間の定めがある当事者訴訟について準用する
(抗告訴訟に関する規定の準用)
第四十一条 第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2、第三十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第三十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定当事者(とうじしゃ) : party当事者訴訟について、第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二の規定(きてい) : provision規定当事者(とうじしゃ) : party当事者訴訟における処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決の理由を明らかにする資料(しりょう) : material[原則], data[判断の基礎となる具体的数値等]資料提出(ていしゅつ) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出について準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
2 第十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2…の規定は、…について準用する(…のきていは、…についてじゅんようする) : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、当事者訴訟とその目的たる請求と関連請求の関係にある請求に係る訴訟とが各別の裁判所に係属する場合における移送に、第十六条から第十九条までの規定は、これらの訴えの併合について準用する
第四章 民衆訴訟及び機関訴訟
(訴えの提起)
第四十二条 民衆訴訟及び(および) : and及び機関訴訟は、法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律に定める場合において、法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律に定める者に限り、提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる
(抗告訴訟又は当事者訴訟に関する規定の準用)
第四十三条 民衆訴訟又は(または) : or又は機関訴訟で、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求めるものについては、第九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定を除き、取消訴訟に関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
2 民衆訴訟又は(または) : or又は機関訴訟で、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認(かくにん) : confirmation, check確認を求めるものについては、第三十六条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定を除き、無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えに関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
3 民衆訴訟又は(または) : or又は機関訴訟で、前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定する(きていする) : provide規定する訴訟以外のものについては、第三十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2及び(および) : and及び第四十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定を除き、当事者(とうじしゃ) : party当事者訴訟に関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
第五章 補則
(仮処分の排除)
第四十四条 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分その(その) : his/her[人を指す場合]その他公権力の行使(こうし) : use, exercise, uttering[偽造文書等の場合]行使に当たる行為(こうい) : act, conduct行為については、民事保全法(平成元年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第九十一号)に規定する(きていする) : provide規定する仮処分(かりしょぶん) : provisional disposition仮処分することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない
(処分の効力等を争点とする訴訟)
第四十五条 法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]上の法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係に関する訴訟において、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決の存否又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力の有無が争われている場合には、第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項並びに(ならびに) : and / A及びB、C並びにD並びに第三十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
2 前項の規定により(ぜんこうのきていにより) : pursuant to the provision of the preceding paragraph前項の規定により行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加した場合には、民事訴訟法第四十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項及び(および) : and及び第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する。ただし、攻撃又は(または) : or又は防御(ぼうぎょ) : defense防御の方法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]は、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決の存否又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力の有無に関するものに限り、提出(ていしゅつ) : submission[原則] / 答弁書提出命令, production[証拠等], advancement[攻撃防御方法]提出することができる(することができる) : mayすることができる
3 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定により行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁が訴訟に参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加した後において、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決の存否又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力の有無に関する争い(あらそい) : dispute争いがなくなつたときは、裁判所(さいばんしょ) : court裁判所は、参加(さんか) : participation[原則], intervention[訴訟参加]参加決定(けってい) : ruling[手続内での決定・証拠の採否,手続に関する申立ての許可・不許可などについての裁判所の判断], decision[事実問題・法律問題の双方を考慮して得られた結論(司法判断のほか行政判断等にも用いられる)], order[裁判形式としての「決定」]決定取り消すことができる(とりけすことができる) : voidable取り消すことができる
4 第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項の場合には、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該争点(そうてん) : issue, points at issue争点について第二十三条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2の二及び(および) : and及び第二十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定を、訴訟費用(そしょうひよう) : court costs訴訟費用裁判(さいばん) : judicial decision[抽象的概念(判決・決定・命令を包含する意味の場合)], sentence[刑事有罪判決の場合]裁判について第三十五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(取消訴訟等の提起に関する事項の教示)
第四十六条 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、取消訴訟を提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をする場合には、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決相手方(あいてがた) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対し、次に掲げる事項(つぎにかかげるじこう) : following matters次に掲げる事項書面で(しょめんで) : … in writing書面で教示しなければならない(しなければならない) : shallしなければならないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、当該処分を口頭でする場合は、この限りでない
一 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る取消訴訟の被告とすべき者
二 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る取消訴訟の出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間
三 法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対する裁決(さいけつ) : determination裁決を経た後でなければ処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができない(することができない) : may not[禁止] / その権利を行使することができない: その処分に対しては、不服申立てをすることができない, be unable to[不可能] / 罰金を完納することができない者することができない旨の定めがあるときは、その(その) : his/her[人を指す場合]その
2 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求に対する裁決(さいけつ) : determination裁決に対してのみ取消訴訟を提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる旨の定めがある場合において、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分をするときは、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分相手方(あいてがた) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対し、法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律その(その) : his/her[人を指す場合]その定めがある旨を書面で(しょめんで) : … in writing書面で教示しなければならない(しなければならない) : shallしなければならないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、当該処分を口頭でする場合は、この限りでない
3 行政庁(ぎょうせいちょう) : administrative agency行政庁は、当事者(とうじしゃ) : party当事者間の法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係確認(かくにん) : confirmation, check確認又は(または) : or又は形成する(けいせいする) : form, establish形成する処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決に関する訴訟で法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定によりその(その) : his/her[人を指す場合]その法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係当事者(とうじしゃ) : party当事者の一方を被告とする(とする) : shall beとするものを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決をする場合には、当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決相手方(あいてがた) : opponent[対審手続の場合] / 検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない, the other parties[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, the other party[一般的な場合] / 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる, opposite party[一般的な場合] / 差止請求に係る相手方の債務の履行, counterparty[契約などの相手方] / 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる, adverse party[対立当事者の場合] / 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない相手方に対し、次に掲げる事項(つぎにかかげるじこう) : following matters次に掲げる事項書面で(しょめんで) : … in writing書面で教示しなければならない(しなければならない) : shallしなければならないただし、…は、この限りでない(ただし、…は、このかぎりでない) : ; provided, however, that this shall not apply to …ただし、当該処分を口頭でする場合は、この限りでない
一 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該訴訟の被告とすべき者
二 当該(とうがい) : said / 当該書面, such, that, the, referenced, relevant当該訴訟の出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間
附 則
(施行期日)
第一条 この法律は、…から施行する(このほうりつは、…からしこうする) : this Act shall come into effect as of …この法律は、昭和三十七年十月一日から施行する
(行政事件訴訟特例法の廃止)
第二条 行政(ぎょうせい) : administration行政事件(じけん) : case事件訴訟特例法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律](昭和二十三年法律第…号(ねんほうりつだい…ごう) : Act No. … of / 平成11年法律第103号年法律第八十一号以下「…」という(いか「…」という) : hereinafter referred to as "…"以下「旧法」という。)は、廃止する(はいしする) : abolish廃止する
(経過措置に関する原則)
第三条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律は、この附則(ふそく) : supplementary provisions附則に特別の定めがある場合を除き、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行前に生じた事項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項にも適用する(てきようする) : apply適用する。ただし、旧法(きゅうほう) : former act旧法によつて生じた効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力を妨げない。
(訴願前置に関する経過措置)
第四条 法令(ほうれい) : laws and regulations法令規定(きてい) : provision規定により訴願(そがん) : petition訴願することができる(することができる) : mayすることができる処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決であつて、訴願(そがん) : petition訴願提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起しないでこの法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行前にこれを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起すべき期間(きかん) : period, period of time, term期間経過(けいか) : passage / その実演が行われた日の属する年の翌年から起算して五十年を経過した時, progress / 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したとき経過したものの取消訴訟の提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起については、…の例による(…については、…のれいによる) : shall be governed by … / その時効については、国税の例による: 前項の場合には、次の例によるについては、この法律の施行後も、なお旧法第二条の例による
(取消しの理由の制限に関する経過措置)
第五条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に係属(けいぞく) : pending係属している裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴えについては、第十条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定適用(てきよう) : application適用しない。
(被告適格に関する経過措置)
第六条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に係属(けいぞく) : pending係属している取消訴訟の被告適格については、なお従前の例による(については、なおじゅうぜんのれいによる) : the provisions then in force shall remain applicable / この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例によるについては、なお従前の例による
(出訴期間に関する経過措置)
第七条 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に旧法(きゅうほう) : former act旧法第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第一項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項期間(きかん) : period, period of time, term期間が進行している処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間で、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決があつたことを知つた日を基準(きじゅん) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準とする(とする) : shall beとするものについては、なお従前の例による(については、なおじゅうぜんのれいによる) : the provisions then in force shall remain applicable / この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例によるについては、なお従前の例による。ただし、その(その) : his/her[人を指す場合]その期間(きかん) : period, period of time, term期間は、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の日から起算して三箇月をこえることができない。
2 この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に旧法(きゅうほう) : former act旧法第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第三項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項期間(きかん) : period, period of time, term期間が進行している処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消し訴え(うったえ) : action / 訴えを提起する, suit, lawsuit, litigation / 審査請求と訴訟との関係訴え出訴期間(しゅつそきかん) : statute of limitations for filing an action出訴期間で、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決があつた日を基準(きじゅん) : standard / 承認の基準, requirement, criterion基準とする(とする) : shall beとするものについては、なお従前の例による(については、なおじゅうぜんのれいによる) : the provisions then in force shall remain applicable / この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例によるについては、なお従前の例による
3 前二項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定は、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行後に審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求がされた場合における第十四条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2第四項(こう) : paragraph[原則] / 第2項, para.[原則] / 第2項, (2)(3)(4)[見出しとして用いる場合], row[法令の表・別表中において、縦の線で区画されている区切りを指す場合] / 第2項規定(きてい) : provision規定適用(てきよう) : application適用を妨げない。
(取消訴訟以外の抗告訴訟に関する経過措置)
第八条 取消訴訟以外の抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告訴訟で、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に係属(けいぞく) : pending係属しているものの原告(げんこく) : plaintiff原告適格及び(および) : and及び被告適格については、なお従前の例による(については、なおじゅうぜんのれいによる) : the provisions then in force shall remain applicable / この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例によるについては、なお従前の例による
2 附則(ふそく) : supplementary provisions附則第五条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定は、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えその(その) : his/her[人を指す場合]その処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分についての審査(しんさ) : examination[原則] / 審査の請求, review[事後的な審査], screening[選別], investigation[事実調査的な審査]審査請求(せいきゅう) : request, demand, claim請求棄却(ききゃく) : dismissal / 請求棄却, denial棄却した裁決(さいけつ) : determination裁決に係る(にかかる) : pertaining to / 当該届出に係る事項に係る抗告(こうこく) : appeal against a ruling, appeal from a ruling抗告訴訟とを提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起することができる(することができる) : mayすることができる場合に準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(当事者訴訟に関する経過措置)
第九条 第三十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定は、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行後に提起(ていき) : filing[原則], institution[刑事手続等] / 公訴を提起する提起される当事者(とうじしゃ) : party当事者訴訟についてのみ、適用する(てきようする) : apply適用する
(民衆訴訟及び機関訴訟に関する経過措置)
第十条 民衆訴訟及び(および) : and及び機関訴訟のうち、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決取消し(とりけし) : rescission[一般的な場合], revocation[裁判等の取消し]取消しを求めるものについては、取消訴訟に関する経過措置(けいかそち) : transitional measure経過措置に関する規定(きてい) : provision規定を、処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分又は(または) : or又は裁決(さいけつ) : determination裁決無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認(かくにん) : confirmation, check確認を求めるものについては、無効(むこう) : nullity, invalid, ineffectiveness無効確認の訴え(かくにんのうったえ) : action for declaratory judgment確認の訴えに関する経過措置(けいかそち) : transitional measure経過措置に関する規定(きてい) : provision規定準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する
(処分の効力等を争点とする訴訟に関する経過措置)
第十一条 第三十九条(じょう) : Article / 第1条: 第1条の2, Art. / 第1条: 第1条の2規定(きてい) : provision規定は、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行の際現に係属(けいぞく) : pending係属している私法(ほう) : Act[法律名に使う場合の原則] / 商標法, Code[いわゆる法典] / 民法: 刑法: 商法: 民事訴訟法: 刑事訴訟法, Law[いわゆる一般名称や科目名としての法律]上の法律関係(ほうりつかんけい) : legal relationship法律関係に関する訴訟については、この法律(ほうりつ) : Act[原則], Code[いわゆる法典]法律の施行後に新たに処分(しょぶん) : disposition[原則], appropriation[利益の処分], ruling[訴訟法上の訴訟指揮のための裁判所,裁判長,受命裁判官及び裁判所事務官の行為の意味の「処分」] / 不作為を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者がした行為の結果を除去し、又は将来のため適当な処分をすることを裁判所に請求することができる処分若しくは(もしくは) : or / A、B又はC、D若しくはE若しくは裁決(さいけつ) : determination裁決の存否又は(または) : or又はその(その) : his/her[人を指す場合]その効力(こうりょく) : effect, validity / 他の連帯債務者の債務は、その効力を妨げられない効力の有無が争われるに至つた場合にのみ、準用する(じゅんようする) : apply mutatis mutandis準用する